妊娠したら、新しい命がお腹に宿ってくれたことを嬉しく思う反面、出産に対して不安に思う方も多いのではないでしょうか。最近では無痛分娩も普及してきていますが、自然分娩と無痛分娩ではどんな違いがあるでしょうか。

今回は、自然分娩と無痛分娩を比較しながら、無痛分娩のメリットとデメリットをまとめます。

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、出産時の痛みを和らげながら分娩する方法です。あれ?と思った方もいいのでは無いでしょうか。無痛分娩というからには、痛みを全く感じないで出産ができるのでは無いかと思った皆さん。無痛分娩はあくまで痛みを和らげるものですので、全く痛みを感じない訳ではありませんし、何も感じないで赤ちゃんが出てきてくれる訳でもありません。

無痛分娩でも、自然分娩のようにいきまなければいけないので、陣痛の痛みが和らぐこと以外は、ほとんど変わりがありません。

無痛分娩と自然分娩との違い

自然分娩は、陣痛が始まってからお産が始まりますが、無痛分娩はあらかじめ出産日を決めて分娩する、計画出産になります。
赤ちゃんの成長状態を見ながら、分娩日を決めて、出産当日には陣痛促進剤を使って意図的に陣痛を起こして出産を促します。

無痛分娩ができる病院とできない病院がある

自然分娩であれば、どの施設でも分娩ができますが、無痛分娩は病院であっても設備によって、できるところとできないところがあります。無痛分娩を希望していても、設備がなければ受けられないので、あらかじめ無痛分娩を希望している旨を病院の先生に相談しておきましょう。
その病院に無痛分娩の設備がなければ、紹介してもらうことも可能です。

陣痛の痛みが和らぐ

これが一番期待したい部分だと思いますが、無痛分娩の最大の利点は陣痛の痛みを和らげながら分娩できます。痛みを感じない分体力の消耗も最小限で済みますし、産後の回復も早いと言われています。もちろん個人差はあるので、陣痛の痛みを感じずに出産できる方もいれば、麻酔が効きにくくて痛みが取れなかったという方もいます。

出産の費用が異なる

自然分娩に比べて、無痛分娩は費用が高くなります。出産に関する費用は自然分娩でも保険適用外なので、無痛分娩はさらに費用が上乗せされる分、費用面ではコストがかかります。

かかる費用については、各医療施設によって価格設定も違うので、あらかじめ事前に費用を確認しておきましょう。出産一時金直接支払制度を使っても、プラスで支払いをしなければいけなくなるので、家族ともよく相談して決めてくださいね。

無痛分娩ができないケースもある

無痛分娩は経膣分娩になります。逆子の場合や双子以上の出産は帝王切開になるので無痛分娩はできません。その他にも無痛分娩を採用できないケースがあります。

例えば、下記の項目に当てはまる場合は無痛分娩はできません。

□血液が固まりにくい体質である
□背骨が変形している、または背中の神経に病気がある
□高熱が出ている
□麻酔薬にアレルギーがある

無痛分娩が受けられ体質かどうかは、病院で診察を受けないと判断ができません。体質によっても無痛分娩が受けられない可能性があるということを頭に置いておいてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

あなたは大丈夫?知っておきたい妊娠高血圧症候群症状と予防法

高齢出産率が高くなる昨今、妊娠高血圧症候群になる妊婦さんが増えています。どういう病気なのか、誰もがなる可能性…

rinsei42 / 658 view

妊娠中に薬は飲んでいいの?体調が悪い時はどうしたらいいの?

妊娠中に体調を崩してしまったりすることもあるかと思います。そんな時、市販の薬を飲んでいいのか?病院は何科に行…

yoc97★ / 550 view

妊娠したら知っておこう!帝王切開のリスクとメリット

近年、帝王切開の数は増加傾向にありますが、実際にどんなことをするの?と聞かれると分からないことも多いはず。意…

honoka51 / 532 view

妊娠する前に知っておきたい、胞状奇胎とは?その原因や症状

胞状奇胎という言葉を聞いたことがありますか?妊婦さんの500人に一人の割合で発症するというものです。その原因…

ReilyLady / 438 view

持っているだけで気分も上がる!かわいい安産のお守り5選

無事な出産を祈る安産守り。ご自分で買われたり、家族や友人にプレゼントしたりする機会も多いのではないでしょうか…

snowfairy / 1494 view

妊活中☆身体のために積極的に摂りたい栄養・サプリ10選

赤ちゃんを授かりたいと願う女性の中では妊娠しやすい体づくりを目指して、【妊活】をされている方も多いのではない…

tokakko / 832 view

出産内祝いはこれで決まり!内祝いで人気の商品10選

頂いた出産祝いへのお返し。贈るからには喜んでもらいたい!でも産後は慣れない育児で、正直ゆっくりと内祝いを選ぶ…

Le Petit Bateau / 725 view

人気の生理用品「布ナプキン」で健康的なおかあさんに!!

生理中の不快感に悩んでいる方、多いですよね。今回は、大注目の布ナプキンで、どこまで快適に過ごせるか、お伝えし…

サクマメグム / 638 view

妊娠したい!排卵日を予測できる「排卵日検査薬」とは?

妊娠したいと思い基礎体温を付けていても、なかなかタイミングが難しかったりしますよね。そこでおススメなのが「排…

pippo / 337 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 3834 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック