妊娠を望む夫婦にとって、妊娠しやすい日と言うのは何よりもの関心事ですよね。ただ、妊娠しやすい日に関しては、単なる噂のような信憑性に欠けるものも多くあります。

こうした情報に惑わされないようにするためには、正しく体の仕組みなどの知識を知る必要があります。今回は、妊娠をしやすい日について、体の仕組みや生理との関わりについて書きたいと思います。

生理 (月経)が起こる原因のおさらい

女性の体は、赤ちゃんを産むために約35〜40年間は月経と付き合うと言われています。女性の体の中には約200万個の卵胞があると言われていて、卵子として成長した卵胞が排卵されてきます。

女性特有の器官である子宮は、いわば赤ちゃんが生まれるためのベッドです。排卵されると、子宮内膜を厚くさせて着床する準備をします。

そこで、妊娠をしない場合には、古い内膜が剥がれ落ちて血液に溶け出して、体外に排出されてきます。これが、生理のメカニズムです。これら全ては妊娠するための現象なのです。

排卵日はいつ?

生理が起こるメカニズムのところで、排卵されたから生理が起こるというお話をしましたが、生理が来てから排卵日に気がつくのでは遅いですよね。そこで、排卵日を事前に知るために使うのが、基礎体温グラフなのです。

通常女性の体温は、周期で低温期と高温期が交互にやって来ます。低温期から高温期に変わるタイミングが排卵日となります。

生理初日から排卵日までが低温期で、排卵期から次の生理日までが高温期です。
つまり排卵日は、低温期から高温期に切り替わるタイミングだということが分かりますね。

つまり妊娠しやすい日は?

通常で考えると、排卵日が一番妊娠しやすい日だと言えますよね。ただ、簡単にいかないのは、卵子が排卵されてから約12時間から24時間で寿命となってしまうところに原因があります。

妊娠をするには卵子の寿命が来てしまう前までに、受精している必要があります。そのため、排卵日にアクションを起こしていては時既に遅しとなってしまうケースがあるのです。
精子は、卵子よりも寿命が長く、約3日程と言われています。ということは、排卵日の約1〜2日前が一番妊娠しやすい日ということになります。

妊娠しやすいのは生理後?生理前?

妊娠しやすいのは、生理前か後かという問題についての回答は、どちらでもないというのが正解です。なぜなら、生理前は卵子が使われないからと体の外に排出される時期に差し掛かっていますし、かといって生理終了直後では、まだ成熟した卵胞がありません。

鍵となる期間は『排卵期』であって、生理の前後ではありません。妊娠するためには、成熟した卵子が排卵されていることが大切になるため、一番妊娠しやすいのは排卵される時期ということになります。

最後に

いかがでしたでしょうか。いろんな情報があって、根拠のないことに惑わされにないように、最低限の知識は知っておいたほうがいいですよね。

日本は、ヨーロッパなどの国に比べて妊娠や性の知識について乏しいというデータもあります。自分の体のことなのに、間違ったことを信じていたり、嘘の情報に右往左往することになるのは、ぜひ避けたい事態ですよね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

助成補助や医療費補助はあるの?気になる妊婦健診の費用のこと

妊婦健診の費用は、病院や自治体の補助によって大きく変わります。でも、相場や検診の頻度を知っておきたいものです…

ReilyLady / 780 view

破水の原因や尿漏れとの見分け方、破水した時の対処法について

赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育ち、出産する日も近づいてきてドキドキしているママはいませんか?出産予定日が近…

kaeru_5 / 529 view

どんなのがいいの?ベビー服のサイズや形を選ぶ5つのポイント

ベビー服って見ているだけで癒されますよね♪全部欲しくなっちゃうけど、形はロンパース?セパレート?どのサイズを…

yoc97★ / 1349 view

【妊娠線予防!】おすすめボディケア4選

妊娠線予防に役立つボディオイルやクリーム。実際、「妊娠線ができなかった!」という声も。普段使いにも使えるので…

okomesan08 / 821 view

持っているだけで気分も上がる!かわいい安産のお守り5選

無事な出産を祈る安産守り。ご自分で買われたり、家族や友人にプレゼントしたりする機会も多いのではないでしょうか…

snowfairy / 3750 view

出産祝いのお返しを贈る上でのマナーや人気商品5選をご紹介!!

初めての出産・育児でバタバタとしていて、1日があっという間に過ぎていく中、ふと気付けば出産祝いのお返しをしな…

kaeru_5 / 549 view

知っておきたい子宮頸がん・子宮体がん検診の必要性。

女性なら誰しも「子宮がん」という病名を聞いたことがあると思います。定期的に検査をしたほうがいいような気がする…

nakou / 1053 view

前期破水や早期破水って?慌てないために知っておきたい事

臨月になると気になるのは、出産の兆候から出産に至るまでの事ですよね。出産間際の、少し気にかけていたい破水のこ…

ReilyLady / 1005 view

妊娠の可能性を感じたら?妊娠超初期症状はどんな症状?

毎月あるものが来ないのはどうしてだろう…もしかしたらこの症状って!と思った方、もしかしたら妊娠しているかも!…

oppekeizm / 1874 view

一人の時間を楽しもう!産休・育休中にやっておきたい5つのこと

お子様が誕生したら、一人の時間や夫婦の時間はほぼなくなってしまいます。あとから「やっておけばよかった!」と後…

tujico / 1807 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック