胞状奇胎(ほうじょうきたい)という言葉を聞いたことはありますか?これは500人に一人の確率で発症すると言われている異常妊娠のことです。

妊娠を望む夫婦にとって妊娠は喜ばしいものですが、時として、とても危険な状態になってしまうこともあります。妊娠をする前に念頭に置いておきたい情報として、妊娠初期に、起こりうるリスクについて調べました。

胞状奇胎って?

胞状奇胎とは、妊娠初期に起こる異常妊娠のことです。通常、受精卵が子宮に着床すると、胎児になる「胎芽細胞」と胎盤などになる「絨毛細胞」の二つに分かれます。

このうちの絨毛細胞が異常に増えすぎてしまうと、子宮を水泡状のものが覆い尽くしてしまいます。これがぶどうの房に見えることから、別名「ぶどうっ子」とも言われています。胞状奇胎になってしまうと、胎児の成長成分が作られなくなってしまいます。

主な症状

胞状奇胎は、受精卵が子宮に着床してから発症するので、妊娠初期の2ヶ月〜4ヶ月頃に、母体に症状が現れてきます。例えばどんな症状が現れるのでしょうか。

現れる主な症状としては、ひどいつわり症状、茶色いおりものや出血がある、蛋白尿、腹痛と言った、切迫流産にも似た症状が見られます。ただ、症状には個人差があって、稀にエコーでも胞状奇胎の水泡が見えないということもあるようです。

何か不安に思う症状や、思い当たることがある場合は、早めに病院で診察を受けてくださいね!

胞状奇胎の原因と種類

胞状奇胎は、受精したはずの卵子がうまく機能しないで精子の核だけが分裂して増えてしまったり、一つの卵子に二つの精子が侵入することで起こります。

絨毛性疾患にはいくつか種類があり、大まかにはこんな感じです。

・全胞状奇胎 complete hydatidiform mole (complete mole)
・部分胞状奇胎 partial hydatidiform mole (partial mole)
・絨毛癌 choriocarcinoma
・存続絨毛症 persistent trophoblastic disease
   (奇胎後hCG存続症、臨床的侵入奇胎、臨床的絨毛癌)

こうした染色体異常は、20際以下の若年齢での妊娠や、40歳以上の高齢妊娠での発症確率が高い傾向にあります。卵細胞が未熟であったり、高齢による細胞の老化でも起こりうるものだということを知っておきましょう。

どうやって分かるの?

胞状奇胎は、最近ではエコー検査で発見されるケースが増えてきていると言われています。妊婦健診で行うエコー検査で、症状の特徴である水泡状のものが見られるとすぐに、胞状奇胎と診断されます。

エコーの角度によっては見えづらいこともあるので、妊娠7〜9週目の定期検診で心拍確認をした際に診断されることもあります。妊娠初期の頃の症状で、切迫流産に似た症状であることもあり、最終的には血液検査で生化学検査をして判断されます。

胞状奇胎になってしまったら?

胞状奇胎になってしまったら、妊娠を継続することはできません。治療方法は摘出手術のみとされています。そのままにしてしまうと絨毛ガンに進行してしまうこともあり、とても危険なため、胞状奇胎と診断されたら妊娠はほとんどの場合、摘出手術を行うことになります。

40歳以上での高齢妊娠で胞状奇胎と診断された場合、摘出後も絨毛ガンを発症する可能性が高く、これ以上の妊娠を望まない場合は、子宮の全摘出を行うことになります。

予防方法はあるの?術後は、また妊娠できるの?



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

こんなはずでは……【妊娠中、夫婦喧嘩が増える理由】

妊娠中に喧嘩が増えてしまう理由とその解決方法

reichel / 16185 view

オリモノの状態で排卵日が分かる?知っておきたい体からのサイン

オリモノは私たち女性にとってはあまり好ましいものではないですよね。しかしオリモノには大事な役割がたくさんあり…

kaeru_5 / 2737 view

ママの妊娠に対してパパは他人事?イラっとしないための考え方5つ

妊娠中はイライラとすることが多くなります。 そのような中で、パパが妊娠に関して他人事であるかのような話しを聞…

HF-LIFE / 6157 view

出産を目前にして不安なく過ごすためには?

出産を目前にしたママは不安でいっぱいですね。でも大丈夫!初めてのことで戸惑いはあっても、焦らずに落ち着いて行…

HF-LIFE / 2566 view

出産祝いに人気の5選!ママと赤ちゃんが嬉しい贈り物は?

大切な家族や友達が出産!仲の良い相手だからこそ「お祝いは何をあげたらいいだろう」と悩んでしまうもの。独身で子…

花央 / 1620 view

生まれてくる赤ちゃんのために準備しておきたい6つのベビー用品

出産前には色々なベビー用品をあらかじめ準備しておきたいもの。 そんな中でも、あれば便利な物を紹介したいと思い…

いっち / 2950 view

パパも知っておこう☆妊娠中のママに起こるマイナートラブル44選

ママが妊娠している間、パパにもできることがたくさんあります。そのスタートとして、妊娠中のママの体に起こるマイ…

ヤギヤギコ / 2099 view

妊娠初期の辛いつわりの症状を乗り切るためのポイントを紹介!

待望の赤ちゃんを授かることができた喜びもつかの間、吐き気や眠気などのつわりの症状で辛い妊娠生活を送っているマ…

kaeru_5 / 1358 view

初期だけじゃない!妊娠後期にあるつわりの症状とその原因

つわりは妊娠初期だけじゃなかったの!?実は妊娠後期にもつわりはあります。今回は後期にあるつわりの症状と対策を…

oppekeizm / 2180 view

妊娠出産に関わる費用はどれくらい?出産育児給付金の種類のまとめ

妊娠・出産に必要なお金はどれくらいか知っていますか?何となく高そうなイメージもあるかもしれませんが、各種制度…

あおみん / 1372 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック