そもそも破水って何?

赤ちゃんを包んでいる「卵膜」という膜が破れて、中の羊水が外へ流れ出ることを破水と言います。通常であれば、陣痛がきて、子宮口が全開大になってから破水することが多いのですが、陣痛より先に破水する方もみえます。

破水の種類

適時破水

陣痛がきて、子宮口がMAX10cmの全開大になってから破水が起こることを「適時破水」と言います。破水のあとは、陣痛がますます強くなり、お産が進んでいきます。

早期破水

子宮口が全開する前に破水することを「早期破水」と言います。早期破水は、陣痛がすでにあり、子宮口が少し開いてきていてお産が始まっていますので、ほとんどの場合はそのまま出産へとつながっていきます。

前期破水

陣痛がまだなく、子宮口も開いていない状態で破水してしまうことを「前期破水」と言います。破水後にお産が進めば良いのですが、陣痛がなかなか始まらないと子宮内感染のリスクが高まってしまいます。

妊娠37週以降では赤ちゃんの大半は成熟していますので、入院をして感染予防のために抗菌薬が投与され、自然に陣痛が来るのを待つこととなります。ほとんどの場合、24時間以内に陣痛が始まり、お産へとつながります。自然に陣痛がこない場合には、陣痛促進薬が投与されてお産が促されることとなります。

妊娠37週目以前の場合は、赤ちゃんがまだ成長しきれていない可能性が高いので、感染予防の管理をしながらお産が進まないように入院安静となります。

高位破水

子宮口より遠くにある卵膜が破れ、チョロチョロと少量ずつ羊水が流れ出てくることを「高位破水」と言います。尿漏れと勘違いしやすいため、後述する『尿漏れとの見分け方』を参考にしてください。

羊水が一気に減るわけではありませんので、赤ちゃんへの影響は比較的少ないと言われています。しかし、自己判断は危険ですので必ず医師の診察を受けるようにしましょう。

遅延破水

子宮口が全開したにも関わらず、卵膜が破れずになかなか破水が起こらないことを「遅延破水」と言います。この場合はお産が長引いてしまって「常位胎盤早期剥離」につながってしまう可能性がありますので、一般的には医師・助産師が破膜処置をしてくれます。

前期破水の原因は??

お産が始まる前に破水する「前期破水」になってしまう原因で1番多いのが子宮内の感染症なのです。卵膜は、脱落膜・絨毛膜・羊膜の3つの層でできており、このうちの絨毛膜と羊膜が感染すると、炎症を起こして卵膜が破れやすくなってしまうのです。

そのほかには羊水過多や多胎妊娠で子宮内圧が高まっていたり、重い荷物を持ったりして子宮への過度の刺激も卵膜を圧迫してしまいますので、前期破水を起こす原因となります。

尿漏れとの見分け方

臨月以降は、赤ちゃんが成長してお腹が大きくなりますので、子宮が膀胱を圧迫し、尿漏れを経験するママは少なくありません。前述した通り、チョロチョロと破水してしまうということもあり得ますので、尿漏れなのか破水なのかを見分けることはとても重要になってきます。

【破水】
色は透明~乳白色です。血液が混じっていると薄いピンクや黄色っぽく見えることもあります。
水のようにサラサラとしていて、生臭いニオイがします。
自分の意志で止めることはできないという特徴があります。

【尿漏れ】
色は黄色で、アンモニア臭がします。
くしゃみなどの衝撃で、お腹に力が入ったときに出ます。
破水とは違い、自分の意志で止めることができます。

自分で判断が難しい場合は、産院に電話で相談をしてみましょう!!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊娠中にしておきたいこと5選

子供が生まれる前にしておきたいことを5つ

reichel / 4806 view

あなたは大丈夫?知っておきたい妊娠高血圧症候群症状と予防法

高齢出産率が高くなる昨今、妊娠高血圧症候群になる妊婦さんが増えています。どういう病気なのか、誰もがなる可能性…

rinsei42 / 4350 view

もうすぐ出産…これさえあれば大丈夫!入院に必要なものリスト

初めての出産を控え、入院準備はいざこれから!と考えている方、でも何をそろえたらいいの?とよくわからず不安なこ…

tokakko / 4791 view

ママからのプレゼント!妊娠~出産までにできるやさしい胎教

妊娠5か月~6か月になると赤ちゃんもよく耳が聞こえるようになり、ママともコミュニケーションが取れるように。マ…

もものなほ子 / 4366 view

一人の時間を楽しもう!産休・育休中にやっておきたい5つのこと

お子様が誕生したら、一人の時間や夫婦の時間はほぼなくなってしまいます。あとから「やっておけばよかった!」と後…

tujico / 5483 view

陣痛に悩まされない!無痛分娩の実態

最近話題になっている無痛分娩。まだ日本の産院では、実施している病院が少ないのですが、少しずつ普及しつつありま…

HF-LIFE / 13645 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 8200 view

経験者は語る!「実録」乳腺炎のしこりと症状、その対処法とは

母乳育児をしていても起こりうるのが「乳腺炎」です。実際に私の身に起きた乳腺炎の体験談を含めながら、前兆や症状…

ReilyLady / 3755 view

【女性の体の仕組み】最も妊娠しやすいのは生理前か後か?

妊娠を望んでいる方にとって、妊娠しやすい日の情報は貴重ですよね。妊娠をしやすい日について、噂ではいろんな説が…

ReilyLady / 3690 view

妊娠したら知っておこう!帝王切開のリスクとメリット

近年、帝王切開の数は増加傾向にありますが、実際にどんなことをするの?と聞かれると分からないことも多いはず。意…

honoka51 / 4899 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック