赤ちゃんの性別は生まれてからの楽しみにしたいという方や、出来るだけ早く知りたいという方まで様々です。赤ちゃんが健康で元気に生まれてきてくれたら、性別はどちらでもと思うのが親心ですが、性別が分かれば準備できるものも増えますよね。

お腹の出方や、ママの顔つきや悪阻で性別が分かるなんていう噂もありますが、どれも根拠があるわけではありません。中国式のカレンダーも科学的な根拠があるものというわけではありませんが、統計的な占いとしてよく当たると評判です。

中国式産み分けカレンダーって何?

中国式の産み分けカレンダーというのは、出生記録から計算された統計学的なものです。

昔は今よりも、赤ちゃんの性別についてシビアに考えられていました。
一族の世継ぎとして、後世にも存続していくために男の子の赤ちゃんが望まれていましたし、男児を産むために、女性たちには重圧がのしかかっていました。そんな中、中国で学者たちが出生の統計をとって、男女の産み分けをしようと作られたのが中国式産み分けカレンダーです。

中国式産み分けカレンダーの当たる確率

中国式産み分けカレンダーは統計的なものですが、ネットに掲載されているものを見るとアジア人は90%は当たると書かれています。ただ、この情報を裏付けるものはなく、確実に当たるものではないので、あくまで楽しみながら参考にする程度でやってみてくださいね。

中国式産み分けカレンダーの計算方法

中国式産み分けカレンダーは、ママが赤ちゃんを授かった時の数え年と、妊娠をした月(着床した月)で計算をします。約700年前の中国の旧暦を元に作られているので、自分で計算をするのはとても大変なので、後ほど自動計算をしてくれるサイトを載せておきますね。

数え年の年齢とは

数え年とは、生まれた年を0歳ではなく、1歳として数えることです。また、数え年は正月時点で数えられるので、自分の誕生日が来ていなければ2を、誕生日が過ぎていれば1を足せば、数え年が出ますね。

例えば、今年二十歳の誕生日をすでに迎えた人も、これから二十歳の誕生日を迎える人も同じ21が数え年ということになります。

産み分けカレンダーの見方

数え年と、着床月が交差しているところの色が黄色のところが男児で、ピンクが女児となります。こう見ると、女の子の生まれる月の方が多いように見えますね。

数え年と受胎月(着床月)が交差するところを見ます

数え年と受胎月(着床月)が交差するところを見ます

赤ちゃんが生まれる予定日ではなく、予定日から逆算して着床した月を見てくださいね。

ちなみに、私もやってみたら当たっていました。あくまで統計であって、必ず当たるというものでありませんが、性別が分かるまでのちょっとした楽しみでやってみてください。

性別の決まり方は

実際に赤ちゃんの性別を決めているのは、染色体の種類です。卵子はX染色体のみで、精子はX染色体とY染色体があり、XXで女の子、XYで男の子になります。また、X染色体をもつ精子はアルカリ性に弱く、Y染色体をもつ精子は酸性に弱いという性質があるので、その性質を利用して産み分けをする商品も販売されています。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

人気の生理用品「布ナプキン」で健康的なおかあさんに!!

生理中の不快感に悩んでいる方、多いですよね。今回は、大注目の布ナプキンで、どこまで快適に過ごせるか、お伝えし…

サクマメグム / 1848 view

パパも知っておこう☆妊娠中のママに起こるマイナートラブル44選

ママが妊娠している間、パパにもできることがたくさんあります。そのスタートとして、妊娠中のママの体に起こるマイ…

ヤギヤギコ / 1421 view

妊娠後期のつわりを軽くしたい!試してほしい5つの方法

一般的に妊娠初期に起こることが多いつわりですが、人によっては後期までつわりが続いたり、後期になってから新しい…

tujico / 1088 view

買って良かった!出産までに準備しておきたい必要なもの5選

妊娠すると早く赤ちゃんに会いたいという衝動から、ベビー用品を見に行くとついついあれもこれも欲しくなっちゃいま…

yoc97★ / 1783 view

大事な赤ちゃんの為にも受けよう!妊婦さんの歯科検診

赤ちゃんのために歯科検診なの?と思われる方も多いかと思います。ここでは妊婦さんこそ受けてほしい歯科検診につい…

yoc97★ / 1283 view

優秀アプリも!妊活に欠かせない排卵日の計算をマスターしよう

いち早く妊娠したいなら排卵日の予測は欠かせませんよね。けれど、排卵日ってどうやって予測するのか、実はあまりよ…

midori / 3331 view

出産をするなら無痛分娩!「無痛分娩」の仕組みと気になる費用

無痛分娩は、欧米では主流の出産法です。日本ではまだまだ一般的ではありませんが、自然分娩と違い、お母さんがリラ…

Le Petit Bateau / 2910 view

出産祝いに悩んだらカタログギフトを贈ろう♪おすすめ5選

出産祝いに何を贈るのか迷ってしまったら、カタログギフトのプレゼントはいかがですか?出産祝い専用のカタログなら…

tujico / 1424 view

出産を目前にして不安なく過ごすためには?

出産を目前にしたママは不安でいっぱいですね。でも大丈夫!初めてのことで戸惑いはあっても、焦らずに落ち着いて行…

HF-LIFE / 2347 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック