もしかして陣痛!?落ち着いてやるべき事

時間をはかろう!

「陣痛」と聞くとのたうち回るほどの痛みを想像するかも知れませんが、最初は「あれ?生理痛?」という程度。
そんな時でも痛みが継続する時間と次の痛みが始まるまでの時間をメモにとっておくようにしましょう。

いちいち時間を計ってメモをとるよりも、最近ではスマホに「陣痛アプリ」なるものが存在するのをご存じですか?

筆者も事前にダウンロードしておき、陣痛が始まった時に実際に使用したのですが、ボタン一つで陣痛継続時間と陣痛の間隔が表示されるので、とても役立ちました。

陣痛の痛みも少しずつ強くなりますので、手軽に時間を計れるアプリはおすすめです。

入院準備の仕上げをしよう!

妊娠中は何が起こるかわかりません。入院準備は陣痛が来てからではなく、妊娠後期以降、早めに済ませておくようにしましょう。

陣痛が来てからは母子手帳や現金、健康保険証や印鑑等、準備できなかったものを追加するだけにしておくと負担がありません。

また特に病院等から指定はありませんが、陣痛を耐えるためのアイテムや産後を想定した便利グッズをいくつか持参すると心強いです。

陣痛が最高潮に達した時、痛みを感じるのはお腹ではなく腰です。
テニスボールやツボ押しの器具はがあれば、腰をぐっと押すことができるのでほんの少しではありますが体が楽になります。

汗をかきますのでうちわや、ハンドタオルも重宝します。

陣痛中や産後に役立つのが100円ショップなどで売っているキャップ付きストロー。横になりながら飲み物が飲めます。

また、産後は膣の入り口を縫合した場合、痛みがなかなかとれず、普通に座る事が難しくなります。ドーナツ型のクッションがあれば少しはマシになるでしょう。

関係機関への連絡をしよう!

病院に連絡を入れると、陣痛間隔を聞かれますのでメモを元に必要事項を伝えましょう。初産婦であれば10分、経産婦であれば15分間隔になったら通院が必要とされていますが、お産をする場所までの距離や時間も影響しますので一概に同じではありません。

お産をする病院等に確認してみると良いでしょう。

上の子がいた場合、お願いする実家等に連絡を入れておきましょう。
もちろん夫への連絡も忘れずに!

出産までの流れ

破水の有無で対応が異なる

破水の場合は陣痛間隔に限らず、即入院となります。破水した場合は赤ちゃんの細菌感染を防ぐため、24時間以内の出産が望ましいとされています。

破水して12時間以上経過している場合だと感染予防のため、抗生剤の点滴をしながら陣痛が起きるのを待ちます。

破水をしていない場合はあくまでも陣痛が10分間隔で規則的に繰り返すようであれば入院になりますが、出産する場所によってはもう少し間隔が短くなるまで待機するようにとの指示が出る事があります。

陣痛待ちと子宮口チェック

定期的に助産師が子宮口の開き具合を確認しにくるのですが、この検査がなかなかの痛みです。陣痛が佳境になってくると陣痛の痛みに加え、この検査の痛みにも耐えなくてはいけません。

分娩台にあがって出産出来るのは子宮口が9㎝~10cmになってから。
それまではひたすら陣痛に耐え、子宮口が開くのを待ち続けます。

ベッドの上であぐらをかいた状態で体を横に揺らすと、赤ちゃんが下りてきて子宮口が開きやすいと言われています。

出産までまだまだ先は長いです。長期戦に備え、食事が摂れるようであればしっかりとっておきましょう。

微弱陣痛

通常、時間の経過とともに陣痛が強まってお産がすすむのですが、陣痛が強まらず分娩が進行しない状態の事を言います。

微弱陣痛では母体の体力だけが奪われてしまうので、医師の判断で母子が危険な状態にならないよう、陣痛促進剤の点滴、または錠剤を投与し、人工的に陣痛を強める処置をします。

いざ出産!分娩台へ!

子宮口が9㎝~10cmに開いたら、分娩台へ移動します。
赤ちゃんに会えるのももうすぐです。

すぐにでもいきみたい気持ちになるのですが、赤ちゃんのタイミングに合わせなければ赤ちゃんが苦しむ事になってしまいます。

陣痛の波が落ち着いた時は呼吸に意識を向けてください。
ゆっくり落ち着いて呼吸する事を意識しましょう。
特に息を吐くときは細く長く、ゆっくり吐く事が大切です。

あまりの痛みに絶叫するママもいるほどですが、その場にいる助産師さんのアドバイスを聞きながら赤ちゃんに会えるその時を待ちましょう。

待ちに待った赤ちゃんの誕生!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

安産祈願はいつがいい?お参りの意味と参拝方法とは?

安産祈願は何となく知っているけどやらないといけないのかな?、やるとしてもいつがいいのだろう?とお悩みの方に安…

oppekeizm / 8437 view

妊婦さんのダイエットは大変危険!妊娠中の正しい体重管理法

妊娠中のママが最も気になる体重の増加。最近は妊娠中に過度なダイエットをする方も多いですが大変危険なことです。…

makowork / 4706 view

経験者は語る!「実録」乳腺炎のしこりと症状、その対処法とは

母乳育児をしていても起こりうるのが「乳腺炎」です。実際に私の身に起きた乳腺炎の体験談を含めながら、前兆や症状…

ReilyLady / 4436 view

つわりを楽にする食べ物と皆が食べれた食べ物ランキング

つわりといえど、人によって症状も様々ですよね。同じつわりの最中でも、人によって食べれる物食べれない物などあり…

kanakuma / 10614 view

赤ちゃんの名前決めに参考にしたい、命名のヒントや姓名判断!

赤ちゃんの名前は、親から子への生まれて初めてのプレゼント。後悔しないようにしっかり決めるために、名付けのヒン…

tujico / 9462 view

これだけ知っていれば安心!出産内祝いの『のし』のマナー

待望の赤ちゃんの誕生。かわいい赤ちゃんの誕生を周りの方たちにお祝いしてもらえることはとても幸せなことですよね…

makowork / 7112 view

持っているだけで気分も上がる!かわいい安産のお守り5選

無事な出産を祈る安産守り。ご自分で買われたり、家族や友人にプレゼントしたりする機会も多いのではないでしょうか…

snowfairy / 19058 view

いろいろな世代に喜ばれる出産内祝い&お返しオススメ5選

出産してみんなからお祝いをいただいて幸せな時間。そろそろ内祝い贈らなきゃどうしよう…と悩みますよね。いろいろ…

kukka / 8677 view

事前に知っておきたい!緊急帝王切開になるケースはどんな時?

出産は予定通りに進まないことの方が多いものです。自然分娩を希望していても、緊急帝王切開になるケースもあります…

ReilyLady / 4753 view

男の子?女の子?性別が知りたい!中国式産み分けカレンダーとは

赤ちゃんが出来たら気になるのが性別ですよね。名前を決めるにも服を準備するにも、できるだけ赤ちゃんの性別は早く…

ReilyLady / 7242 view

花央

はじめまして、花央です。
現在一歳の息子に振り回されながら、成長を感じたり、時にはイライラしたり、充実した毎日を過ごしている主婦です。
息子を出産前は保育士として10年間働いていました。
保育しての経験や知識を生かしたり、現在子育て中である母親の目線から、私と同じように育児に奮闘しているママやこれから出産・育児を控えているプレママのために少しでもお役に立ちたいと思い立ち、ライターとして細々と活動しています。

よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック