そもそも白斑とはどんなもの?

白斑とは、乳首の乳管開口部(おっぱいの出口)にできる白い点のようなもののことで、白ニキビのように小さくてやわらかいものから、うおのめのようにかたいものまで、その形状はさまざまです。

乳口炎とも呼ばれていて、乳口部が炎症によって腫れると、母乳の通過が悪くなり、乳房にしこりができることもあります。

なぜ白斑ができるの?

赤ちゃんが、いつも同じ部分だけを強く吸ったり、乳房の含ませ方が浅くて先だけに吸い付いてしまっていたり、口にうまく乳頭が入っておらず、乳首がつぶれたりゆがんだ状態で吸われていると、そこに水疱ができます。
その水疱が破れて、細菌感染を起こすと白斑になります。

白斑になってしまったらどうすればいいの?

白斑がある乳口から母乳が出ている場合

とにかく赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうことです。
その際に、少し搾ってからあげると、赤ちゃんもくわえやすくなります。
乳頭から2~3㎝離れた場所に親指と人差し指を当て、指で乳輪を外に開くように押し、親指と人差し指の腹を合わせます。
いろいろな方向から行うとよいでしょう。


白斑がある乳口から母乳が出ていない場合

乳管の出口がふさがっていると、出口のなくなったおっぱいが乳房にたまり、しこり・詰まりなどのトラブルを引き起こし、その結果、乳腺炎になってしまうことも考えられます。
一度、専門家のアドバイスを受けてみることをおすすめします。

白斑にならないようにするためには?

上手なくわえさせ方をマスターする

おっぱいをくわえさせるときは、赤ちゃんに大きな口をあけてもらいましょう。
乳頭を赤ちゃんの舌の上にのせてあげるイメージで口に入れます。
赤ちゃんの唇が、乳輪の外側くらいまで、大きく開いていればOK。

いろいろな抱き方を組み合わせる

ついつい、あげやすい決まった姿勢で授乳しがちですが、いろいろな抱き方を組み合わせることによって、乳頭の一部だけにかかる負担を減らすことができます。
横抱き、交差抱き、脇抱き(フットボール抱き)、縦抱きなど、左右も組み合わせれば、飲ませ方のバリエーションができます。

授乳の仕方 - YouTube

出典:YouTube

抱き方、くわえさせ方が、わかりやすく解説されています。

食生活を見直す

やはり、高カロリー、高脂肪、糖分過多の食事は避けたほうが無難。
おっぱいの通り道である乳管は絹糸くらいの細さなので、濃い母乳は流れにくく、ドロドロした母乳が乳管に付着して、おっぱいトラブルの元になるのです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

慌てないで!破水したらやること、やってはいけないこと

お産の流れが頭に入っていても、急に来たらやはり焦ってしまう、破水。破水したら何をしたらいいの?何をしたらいけ…

tujico / 3027 view

妊婦健診にかかる平均費用は?知っておくと助かる制度は??

妊娠をした時は、ママと赤ちゃんが無事に健康でいるためにも妊婦健診を受ける必要が出てきます。初めての妊娠の方は…

kaeru_5 / 1066 view

妊娠中に準備しておこう!陣痛から出産まで役立つアイテム11選

陣痛は、いつどんな症状で始まるのかわかりません・・・そんな不安を少しでも軽減できるように!今回は、先輩ママの…

manahaha / 2599 view

女の子が欲しいママ必見!自分に合った産み分け方法

妊娠を望んだ時に、元気な子が生まれてくれば良い!とは思いながらもやはり、性別が気になる人も多いのではないでし…

honoka51 / 1546 view

赤ちゃんの名前はどう決める?赤ちゃん名づけの5つのポイント

妊娠がわかった皆さまおめでとうございます。これから新しい命とともに幸せが増えていきますね。どんな準備があるの…

kokupu / 1958 view

パパに知って欲しい!妊娠中ママの4つの心の悩みと体の悩み

妊娠中のママは急激な変化を伴います。それはお腹の中でぐんぐんと成長する赤ちゃんとともに、ママとしての自覚が目…

HF-LIFE / 7542 view

「食べづわり」がツラい…妊娠中の体重増えすぎを抑える方法は?

食べられないというのが「つわり」の一般的なイメージです。しかし「食べ続けていないと気持ちが悪くなってしまう。…

ひらり / 1543 view

つわりのピークが過ぎるって本当?妊娠12週ってこんな時期!

妊娠12週ごろになると、つわりの症状もようやく落ち着いてくるころ。その他、ママの身体やお腹の中の赤ちゃんには…

tujico / 1611 view

立ち合い出産がもたらす嬉しい3つの効果

立ち合い出産なんて恥ずかしい!と思いがちなママや、苦しむ姿や、血を見るのはちょっと。。。と思いがちなパパ。で…

HF-LIFE / 5082 view

知っておきたい基本的な無痛分娩のリスクとメリット

出産をまだ経験していないママさんはとても不安で仕方ないはず。経験しているママもあの痛みさえなければ、と思って…

nakou / 1730 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック