1. 絵本を「読んで聞かせる」ことの意味

読み聞かせに関するメリットがよく取り上げられますが、そもそも、お父さんやお母さんが直に読んで聞かせてあげることと、音声を流して放っておくのと、同じ「聞かせる」に違いはあるのでしょうか。

「親子の想い出」こそが、家族への感謝の気持ちだったり、人に対してのやさしさだったり、人間的心の深みを作りだしていくのではないでしょうか。

忙しいのにわざわざ子どもに本を読んであげるなんていう時間は無い。
いちいち読んであげるのが面倒。
上手に読めないから、プロが読んでいるCDを聞かせたりDVDで物語を見せても同じではないか・・・。

確かに、音声付の絵本や子供向けの本はたくさんあります。外国語のお話などは特に、ネイティブの発音で覚えさせたい!!なんて、一生懸命になってしまいがち。私が読むより、CDのほうが上手、なーんて。
テレビの読み聞かせ番組などでも、印象深いものはたくさんありますね。独特でイキイキした音声や、迫力あるアニメーションはテレビならではです。

でも、お父さん、お母さんの生の声はもっと独特で、温かいんです。どんなに上手に読まれているCDを聞いても、どんなに面白い画像付きのDVDを見ても、そばにいるぬくもりだけは出せません。
やはり手にとって一緒に挿絵を見ながら、お父さんやお母さんの声で、「自分のためにこの本を読んでもらえる」ことが子どもへの最高の「メリット」なのかもしれません。ヘタクソでもいいんです。棒読みでイヤイヤ読むのでなければ、子どもも一生懸命読んでくれている親の声に熱心に耳を傾けるのではないでしょうか。そうしたそばにいることの安心感、声のぬくもり、息遣い、表情や問いかけは、CDにもDVDにもありません。

語彙力や想像力の発達、共感、同情による感情の発達、内容から得る知識などはいうまでも無いかもしれませんが、子どもがどう感じているかな、などの反応を、そばにいる読み手目線からも子どもの表情を見ながら読んであげると、読み聞かせがもっと楽しくなります。

読んであげている間、こどもの反応が薄く見えることもあるかもしれませんが、余所見をしていなければ子供はちゃんと聞いています。物語を聞いて、ああこれで最後はよかったね、と同感したり、どうしちゃったんだろうね、など不思議に思ったり、あとからジワジワ理解できることで感想や質問が飛び出てくることもあります。
読み終わって「はい!今日はここまで!」ではなく、同調したり問いかけてみることで、子どもが更に想像したり発展させたりすることもできます。

時にはお話の続きを作ってみたり。。。読んだあとの続きのやり取りも、読み聞かせの楽しい醍醐味ではないでしょうか。

また、自分に読んでくれている時間、読んだあとのやり取りをできる時間こそが、子どもは楽しいと思えるのです。普段忙しくてなかなかかまってあげられないけど、この時間だけは、この数分だけでも、と子どもに向き合って上げられる時間を持つことで、子供だけでなく、大人も心が満足することにつながります。忙しいなら寝る前に1冊でもいいから、ちゃんと読んであげることで子どもも納得するし充分嬉しいのです。

明日はどんな本を読んでくれるのかな。。次は何を読んであげよう・・・
短い時間でパッと切り替えられることで負担にならずに、お互いに次が楽しみになるのも読み聞かせの魅力です。

最後、「おしまい」と言って本を閉じたら、
もう寝る時間、という習慣

取り入れ方も、自由でいいのです。なにも、わざわざ時間をとって読む必要もなく、日中忙しくて出来ないなら、夜寝る前の習慣にしてもいいし、毎日でなくても週末一日だけでも、気が向いたときだけでも構わないのです。

3. 読んであげることで次に繫がる

読んであげると、単純に子どもは、「嬉しい」。うれしいから、また次が「楽しみになる」。いいサイクルが出来上がります。そして、次はこれがいいな、こんなのがいいな、と、リクエストしてくるようにもなります。

また、何度も同じ本をせがんでくることもありますが、これにも何度でも、応えてあげることで、お気に入りの本ができます。お気に入りの本は何度でも読まれ、そのうち自分でも声に出して読み始めたり、内容を覚えたりもします。言語能力や文章力、表現力が発達するのと同時に、知識も広がり、本に興味を持って自分から色んな本を手に取るようにもなります。

赤ちゃんは言葉はわからなくても、お母さんの声や表情の反応の変化をちゃんと見ています。

たとえ0歳の赤ちゃんでも、読み聞かせが無意味ということは全くありません。赤ちゃんは、ちゃんと声を聴いて、言葉や音の抑揚を感じ取っています。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【お宮参り】はいつ行く?服装に写真!お悩み解消のヒント5つ

赤ちゃんが生まれてから初めてのお出かけイベントが「お宮参り」という方も多いかもしれませんね。ベビーやママ・パ…

ひらり / 1499 view

大人顔負けのコーデが魅力!オシャレでネットショッピング可能な7つのキッズファッション…

大人も着たくなるデザインのお洋服が置いてあるお店を集めてみました。 可愛いお子さんにオシャレをさせて、お出か…

akimama / 5650 view

【子育てママ】「歯磨き嫌い!」子どもが歯磨きを嫌がる理由と簡単な対策

「歯磨きの習慣を身につけさせてあげたい。歯を健康に保ってあげたい」そんな思いから、嫌がる子どもに頑張って歯磨…

miwowowoki / 989 view

【動画・画像あり】わかりやすいエルゴの正しい付け方

抱っこ紐といえば、エルゴ!と言っても過言でもないほど、抱っこ紐業界の中では非常に人気のブランドですよね。街中…

nakou / 3110 view

【自分の子供が可愛くない時】私はダメ親?どうしたらいい?

タイトルを見てドキリとしたパパ・ママはいませんか?子供のことが本当に嫌いなのでしょうか?ちょっと落ち着いて考…

ひらり / 1432 view

上の子に読んであげたい♪5冊の絵本

弟や妹が産まれると、上の子は赤ちゃん返りをしてしまったり、親が気が付かないところで我慢してしまうことも多いそ…

akimama / 4284 view

2歳向き絵本のおすすめ!親子で楽しむ絵本10選!

2歳は、大分言葉も理解してきてますます絵本が楽しくなる年齢ですね。 今回はそんな2歳でも楽しめる絵本をご紹介…

marotabi / 2181 view

強制力がハンパない『PTA委員決め』についてまとめてみました

春、新入学や進級を控えて心躍る時期ですが、4月早々小中学校保護者には「アレ」が待ち構えています。 そう、PT…

さくらしまこ / 9322 view

今年の梅雨明けはいつ?雨が楽しみになるレイングッズ特集

雨の日は、ハッピーな気分になれるアイテムを何個か揃えておきましょう。雨の日が待ち遠しくて子供も大人もウズウズ…

kanakuma / 2301 view

園もライフスタイルで選ぶ時代【こども園】の最新情報をまとめました

幼稚園と保育園、双方の良さを取り入れた【こども園】。平成27年4月より本格始動しました。最新の情報やメリット…

さくらしまこ / 4422 view

りょうみママ

子育ての風もなかなか吹き止まぬまま、ママと妻と女性の確立を模索中。
たくさんのパパさん、ママさんたちといろんなことに共感しつつ、家族の悩みに一緒に立ち向かい、情報発信していきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック