授乳中のママを悩ませる問題の一つとして大きいのが「乳腺炎」です。
乳腺炎と言うのは、母乳を作る乳腺が詰まって起こる炎症で、ひどい場合には高熱を出してしまうケースもあります。
私自身、恥ずかしながら乳腺炎で高熱を出して寝込んでしまった経験があります。

これから赤ちゃんが生まれるママさん達にぜひ知っていてほしい乳腺炎について、今回は私自身の体験談を踏まえてお話したいと思います。

はじめに現れた兆候は白斑

ここからは、私が乳腺炎になった時系列とともに症状を書いていきます。

それは、子どもが3ヶ月くらいの頃でした。母乳育児も上手くいき始めて、自分は乳腺炎なんて縁がないだろうと思っていました。
お風呂に入った時に、乳首にちくっと鋭い痛みを感じました。

何だろうと見ると「白斑」ができていて、我慢できないほどの痛みではありませんが、ズキズキと痛みました。それから乳房の張りがしこりのように硬くなってしまい、授乳したり自分でマッサージしてみても、しこりを解消することはできませんでした。

風邪の症状がないのに高熱

白斑が出てから約1週間が過ぎた頃、急に寒気がしてきました。部屋の中でダウンジャケットを着ていても、どれだけ毛布や布団をかけても寒くて、自分で体の震えが止められませんでした。

鼻水や咳、頭痛や喉の痛み、節々の痛みといった症状は一切ありませんでしたが、とにかく寒くて震えが止まらなかったのを覚えています。熱を測ってみると、39℃越えの発熱でした。

睡眠不足が原因かもと思い、赤ちゃんを主人にお願いして、粉ミルクでしのいでもらい、早く寝かせてもらいました。しかし翌朝、熱が下がるどころか、体に力が入らず起き上がるのもやっとな状態でした。熱がしんどくて授乳も搾乳もしてなかった分、おっぱいはカチコチでした。

胸がガチガチに固くなって、触れるだけで痛い

熱が出て寝込んでしまって、胸は張って痛いし、搾乳だけでもしなくちゃと思って触れると、激痛が走りました。もはや触れるだけで、石を押し付けられているような痛みがしました。

その時に、ようやく私は「もしかしたら乳腺炎かも、、、」と思いました。他に風邪のような症状はないし、熱だけ高くて、おっぱいが硬くなってとにかく痛い。こうなれば乳腺炎の可能性がグンと高くなります。

そこで私は、歯を食いしばって痛いのを堪えながら、とにかくおっぱいの張りが少し取れるまでマッサージをして搾りました。めちゃくちゃ痛いし、体は高熱で辛いし、これが一番辛かったです。

内科の病院で受診

赤ちゃんは義実家にお願いして、主人に病院に連れていってもらいました。診てもらったのは小児科兼内科の病院です。症状を説明して血液検査をしました。

血液検査の結果は、血中の白血球の数値が上昇していて、体の中で炎症が起きていると出ていました。先生の診断も高熱、血中の白血球の数値、乳房の張り、白斑、、、乳腺炎で間違いないとのことでした。

処方された薬

病院で処方される薬については、診断する先生にもよりますが、私の場合は解熱剤として『ソランタール』が処方されました。ソランタールを飲んで授乳しても、赤ちゃんに支障はないと説明を受けました。ただし、熱の根本解決にはならないから、熱が下がっても一時的なものだからねと念を押されました。

乳腺炎になってしまったら

基本的には、赤ちゃんに飲んでもらって治します。詰まってしまっているままにしてはいけません。とにかく、母乳を外に出すようにしましょう。

そして、乳腺炎になって熱が出る前であれば、温めて血行を良くするように心がけてください。反対に、熱が出てしまってからであれば、幹部を冷やします。

すでに詰まっているのに、母乳が新たに作られてしまうと悪化してしまうので患部を冷やすことで母乳が作られるのを抑えます。また、自分でマッサージをするのも悪化の原因になります。

安静にして、とにかく赤ちゃんに飲んでもらってください。お医者さんではなくて、赤ちゃんだけがママを治せるんです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊婦が悩まされる便秘を薬に頼らずに健康的に解消する方法5選

女性は男性に比べると便秘になりやすいです。今まで便秘に悩まされたことがなかった人でも、妊娠して体内で様々な変…

まきっぺまきまき / 2488 view

妊娠したい!でもどうしたら?正しい妊娠基礎体温の測り方

基礎体温は妊娠したいママにとって、バイオリズムを正確に知るための大切なデータ。より正確なデータを取るために、…

もものなほ子 / 4370 view

【子どもが生まれた!名前どうする?】参考にしたい名付けの本とWEBサイトまとめ

待望の赤ちゃんが誕生すると、親として最初に子どもにあげるプレゼントが名前です。生まれる前から、本やネット検索…

nana2boys / 8212 view

妊娠後期のつわりを軽くしたい!試してほしい5つの方法

一般的に妊娠初期に起こることが多いつわりですが、人によっては後期までつわりが続いたり、後期になってから新しい…

tujico / 3255 view

産後のぽっこりに!【超簡単】下腹を引き締めるエクササイズ5選!

産後の下腹、体重は戻ったのにぽっこり出たまま…その原因は骨盤のゆがみかも!?今回は誰でもできる、簡単なのに下…

nikomama / 2095 view

生まれてくる赤ちゃんのために準備しておきたい6つのベビー用品

出産前には色々なベビー用品をあらかじめ準備しておきたいもの。 そんな中でも、あれば便利な物を紹介したいと思い…

いっち / 4477 view

慌てないで!破水したらやること、やってはいけないこと

お産の流れが頭に入っていても、急に来たらやはり焦ってしまう、破水。破水したら何をしたらいいの?何をしたらいけ…

tujico / 5276 view

【両親学級】どんな事するの!?パパママ一緒にお出かけしよう!

両親学級ってご存知ですか?妊婦さんとそのパートナー向けのお勉強会です。保健所や産婦人科が主催していて、ほとん…

ひらり / 3050 view

授乳中のママ必見!痛くて辛い乳腺炎の原因と予防する7つのコツ

授乳中、気を付けなければいけないのが乳腺炎。乳腺炎にかかると、高熱が出たり胸に激痛が走ったり、とても辛い思い…

snowsnow / 4681 view

立ち合い出産がもたらす嬉しい3つの効果

立ち合い出産なんて恥ずかしい!と思いがちなママや、苦しむ姿や、血を見るのはちょっと。。。と思いがちなパパ。で…

HF-LIFE / 7244 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック