子供の将来のために、やりたいことをやらせてあげたいと考える方も少なくないでしょう。行きたい学校に行かせてあげるのも、習い事も全てお金がかかります。
子供にかかる教育費用は、学校の公立私立の選択でも変わりますが、平均して約1,000万円前後と言われています。必要になる時のために、長期的に準備していくのも親の義務ですよね。

子供が成人するまでかかる費用

最近は、子供を大学まで行かせてあげたいと言う親も増えてきており、大卒での教育費の平均は、一人当たり約1,000万円と言われています。ただし平均と言っても、行く学校が私立か、公立・国立かによっても費用は大きく変わります。

平成26年度の文部科学省の統計では、高卒までの15年間の教育費について、全て公立に通った場合と、全て私立に通った場合では約3.38倍の差があると発表されています。高校卒業までにこれだけかかるのですから、大学進学でさらに学費も嵩むと言うことは一目瞭然ですよね。

幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間について,各学年の「学習費総
額」を単純合計すると,すべて公立に通った場合では約523万円(前回調査結果は約500万円),すべて私立に通った場合では約1,770万円(同約1,677万円)である。

教育費は、何れにしても決して少ない金額ではありません。だからこそ、子供が学びたいことを学ばせてあげるためにも、各ご家庭のライフプランに合わせて、長期的に教育費を準備しておかなければいけません。

学資保険と教育ローン

学費は一時期に多額な費用が必要になります。その必要な時期に備える方法として、学資保険と教育ローンがあります。この二つはどのように違うのでしょうか。

学資保険とは

子供の学費に特化した積立タイプの保険で、必要な時に備えてあらかじめ保険に加入し、毎月保険料を支払うことで、学費が必要になった時に保険で支払いができます。一般的には、18歳以降の大学や専門学校への進学にかかる費用のための保険ですが、契約によっては決まった年齢で、祝い金などの給付金を受けることもできます。

教育ローンとは

教育ローンとは、大学に入るための借り入れができるローンのことです。主には親がローンを組み、返済も親が行います。教育ローンには教育一般貸付と言う国からの教育ローンや、民間の金融機関が行なっている教育ローンとがあります。

教育に関わるものですが、あくまでローンなのでもちろん金利も発生します。

教育ローンは奨学金とも違うの?

もう一つ学費について忘れてはならない項目が『奨学金』です。教育ローンとの違いは、学生本人が当事者になるか、親が当事者になるかの違いがあります。

奨学金制度は、学生本人が借り入れ、もしくは給付の当事者となって、大学進学のための学費や生活費の支援が受けれます。卒業後に返済をする貸与型と、返済の必要がない給付型があります。

奨学金制度は、支援している団体や申込資格によって、貸与・給付の条件も変わります。

小学生からでも受けられる奨学金

奨学金制度に関して意外と知られていないのが、小学生からでも受けれらる奨学金があると言うことです。全国の市区町村や、社会福祉協議会で行われているものに、小・中学生からでも受けられる援助金や、奨学金があります。

低所得の家庭に、教材や通学用品、入学準備金として受けることができます。
これも貸与型、給付型とあり、詳しくは各市区町村の受付窓口に相談をしてみてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

楽しくおしゃれに!!幼稚園・保育園からのおたより収納術をご紹介

毎月のおたより、冷蔵庫に貼ったまま…なんてこと、ありませんか?今回は、実際に試してみたおすすめの管理&収納方…

サクマメグム / 2157 view

【授乳はママだけのものではない!】パパも参加できる授乳とは?

オムツ替えもお風呂もできるけど、授乳だけはできないからママに頼るしかない…と思っているパパでも授乳はできます…

nana2boys / 1943 view

【自分の子供が可愛くない時】私はダメ親?どうしたらいい?

タイトルを見てドキリとしたパパ・ママはいませんか?子供のことが本当に嫌いなのでしょうか?ちょっと落ち着いて考…

ひらり / 374 view

子育てママの息抜きにもなる読み聞かせに最適なおすすめ絵本5選

子供の絵本を読み上げながら、ママ自身も息抜きが出来る絵本を持っていますか?子供と一緒に絵本を見ながら、リラッ…

kanakuma / 882 view

大人もぐっとくる!子供に読み聞かせたいおすすめ絵本5選

子育て中の方なら毎日絵本の読み聞かせをしてる方も多いのではないでしょうか?今回は大人が読んでも感動する絵本を…

sumomomama / 947 view

日本の伝統を素敵な思い出に...。家族でのりきる、三歳の七五三

日本の伝統行事である「七五三」。女の子は、三歳と七歳でお祝いをします。今回は、三歳の七五三をいかにスムーズに…

サクマメグム / 3081 view

憧れの職業を体験できる♬キッザニアってこんなところ!

キッザニアは、東京と兵庫県に2店舗あり、お仕事体験ができると言うことで、いつも大賑わいをしています。 子供サ…

HF-LIFE / 2101 view

お肌にとっても優しい♪布おむつ育児のメリットとデメリット

布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せないパパやママのために、布…

ヤギヤギコ / 136 view

エルゴのインファートインサート、新生児からいつまで必要?

赤ちゃんを抱っこするときに両手が空くなど、メリットがたっぷりの抱っこひも。そのなかでもやはり人気なのはエルゴ…

tujico / 135 view

ゴールデンエイジって何?幼児期の運動遊びをお勧めする理由とは?

幼少期に、さまざまな動きを体験することが、その後の運動能力を左右します。 誰もがスポーツ選手を目指すわけでは…

よしだ あき / 1621 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック