赤ちゃんから医療保険は必要?

子どもはよく風邪をひいたり、ケガをしたりするので、大人より病院に行く機会が多いイメージですよね。
ということは、医療保険に加入した方がいいのでしょうか?
公的な助成制度や医療保険のメリット・デメリットを知って、考えていきましょう。

年齢別の通院率
0~4歳は成人と比べると高いことが分かります。

普段の通院について

健康保険に加入していれば、診療代は無料

子どもが産まれてから役所に「乳児医療費助成」という制度に申請すると、医療費を助成してもらうことができます。

「乳幼児医療費助成」とは…
健康保険や国民健康保険に加入している赤ちゃんに、自治体が診療代などを助成してもらえる制度です。
助成してもらえる年齢や条件は自治体によって異なりますので、お住いの地域にご確認くださいね。

乳幼児医療費助成の手続き方法など、詳しいことはこちらのリンク先を参照にしてください♪

乳幼児医療費助成の対象外は?

乳幼児医療費助成は保険の適用範囲での助成ですので、保険のきかない医療費や医療材料は自己負担で支払うことになります。

具体的には…

〇薬の容器代
〇証明書・診断書料
〇保険診療外の歯科治療費
〇任意の予防接種料

などが自己負担となります。

ケガによる通院

乳幼児医療助成で負担金がかからないのなら、保険に加入しなくていいのでは?と思いますよね。

でも、例えば子どもがケガをして毎日通院となった場合。

医療保険の中でも、ケガによる通院などは「乳幼児医療助成」で支払いがなくても、診療代を請求できるものもあります。

乳児(0~1歳)で多いのが、家庭内での事故。
ハイハイやつかまり立ちをするようになって、何にでも触りたくなると、転倒や誤飲・火傷などのケガが増えます。

入院をするとなった場合



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

払いすぎた税金を取り戻そう!医療費控除でいくら戻るの?

1年間の医療費の合計が10万円を超えた場合、税金がかえってくるってご存知ですか?

よしだ あき / 1098 view

ママ達損してない?確定申告の期限と必要書類の作成方法

確定申告って聞いたことあるけど、よく分からないというママ達のために、確定申告の時期や必要書類についてまとめま…

ReilyLady / 735 view

節約する主婦応援!!子供のおもちゃに関する出費を節約できる6つの方法(*‘ω‘ *)

子供の発達段階に合わせて必要となるおもちゃ!!しかしおもちゃ代って、本当にバカになりませんよね・・・。でもや…

HF-LIFE / 4197 view

老後資金の必要額はいくら?シミュレーションでしっかり備える!

生きている限り、必ず訪れる老後。少子高齢化による人口減少で年金に対して不安に思う人もいらっしゃると思います。…

いっち / 1406 view

ずぼらさんでも大丈夫♪項目が鍵?続けられるおすすめ家計簿6選

家計簿を続けるコツは項目にあった!?自分流にアレンジしたもので家計簿をつけることによって、とても続けやすくな…

ヤギヤギコ / 418 view

子供や孫への教育資金は一括贈与がお勧め?今から考えておく対策

子供や孫に対しての教育資金はとても頭を悩ます問題です。子供を育てる中で多くの金額を占めますから、早めに準備し…

いっち / 868 view

【なんとか安くしたいっ】冬場の光熱費節約術7選

冬場はどうしても光熱費が上がってしまいます。さまざまなテクニックを使えば、暖房費を下げることはできますが、水…

nana2boys / 1288 view

【源泉徴収票】があっても【確定申告】が必要な場合とは?

源泉徴収票があれば確定申告が必要ないように思えますが、たとえサラリーマンであっても申告が必要な場合があります…

カオルくんmama / 550 view

サラリーマンが負担増し!?子育て支援金の拠出金事情って??

子育てにはお金がかかるもの!だから皆多かれ少なかれ、子育て支援金と呼ばれるお金をもらっていますよね。でもこれ…

HF-LIFE / 2121 view

子どもが生まれたら考え始めたい、「教育資金」の費用と対策

子供が生まれたら、計画的に教育費を貯め始めたいものです。 では、いつまでに/いくら貯めればよいのでしょうか?…

いっち / 1193 view

m.tnaka0221

保育所や発達のゆっくりな子どもの施設で子どもと一緒に遊んだり学んだりしています♡2014年うまれの運動苦手マイペースな男の子のママです。子どものこと、家族のこと、自分のこと、色々な悩みや楽しいことを一緒に考えていけたら嬉しいです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック