赤ちゃんから医療保険は必要?

子どもはよく風邪をひいたり、ケガをしたりするので、大人より病院に行く機会が多いイメージですよね。
ということは、医療保険に加入した方がいいのでしょうか?
公的な助成制度や医療保険のメリット・デメリットを知って、考えていきましょう。

年齢別の通院率
0~4歳は成人と比べると高いことが分かります。

普段の通院について

健康保険に加入していれば、診療代は無料

子どもが産まれてから役所に「乳児医療費助成」という制度に申請すると、医療費を助成してもらうことができます。

「乳幼児医療費助成」とは…
健康保険や国民健康保険に加入している赤ちゃんに、自治体が診療代などを助成してもらえる制度です。
助成してもらえる年齢や条件は自治体によって異なりますので、お住いの地域にご確認くださいね。

乳幼児医療費助成の手続き方法など、詳しいことはこちらのリンク先を参照にしてください♪

乳幼児医療費助成の対象外は?

乳幼児医療費助成は保険の適用範囲での助成ですので、保険のきかない医療費や医療材料は自己負担で支払うことになります。

具体的には…

〇薬の容器代
〇証明書・診断書料
〇保険診療外の歯科治療費
〇任意の予防接種料

などが自己負担となります。

ケガによる通院

乳幼児医療助成で負担金がかからないのなら、保険に加入しなくていいのでは?と思いますよね。

でも、例えば子どもがケガをして毎日通院となった場合。

医療保険の中でも、ケガによる通院などは「乳幼児医療助成」で支払いがなくても、診療代を請求できるものもあります。

乳児(0~1歳)で多いのが、家庭内での事故。
ハイハイやつかまり立ちをするようになって、何にでも触りたくなると、転倒や誤飲・火傷などのケガが増えます。

入院をするとなった場合



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

将来の不安に備えて「個人年金保険」には加入するべき?

結婚して子供も生まれ幸せな毎日を送っていても、ふと将来に不安を感じることはありませんか?老後年金はもらえるの…

ReilyLady / 2104 view

どの会社が人気なの?こどもの将来に役立つ『学資保険』2015年度ランキング

こどもが産まれると将来の進学に向けて、真っ先に考えるのが学資保険への加入ではないでしょうか? しかし数ある保…

HF-LIFE / 5026 view

老後の生活どうやって守る?必要な資金や生活費の確保の設計を!

少子高齢化、人口減により老後を不安に思っている人はいらっしゃると思います。少しでも老後に備えたいと考えた時、…

いっち / 3249 view

老後資金の必要額はいくら?シミュレーションでしっかり備える!

生きている限り、必ず訪れる老後。少子高齢化による人口減少で年金に対して不安に思う人もいらっしゃると思います。…

いっち / 4521 view

意外と知らない、株主優待について知っておきたいこと6選

皆さんは「株主優待」をご存知でしょうか? ここ数年、知名度を増していますが意外と知らない方も多いようです。 …

いっち / 4210 view

【お小遣い稼ぎ】ネットでできるカンタンお小遣い稼ぎまとめ

額は大きくありませんが、チリも積もればなんとやらでいつの間にかちょっとしたお小遣いになっているというサイトを…

nana2boys / 5896 view

主婦の強い味方!無料なのに使いやすいフリー家計簿ソフト5選

最近人気のデジタル化された家計簿。種類が豊富なため、馴染みのない方はどれを選べばいいかわかりませんよね。今回…

makowork / 6085 view

ドコモのスマホを賢く機種変更しよう!営業員に流されてはダメ!

現在スマホを機種変更する際、大半の人がドコモショップに足を運び、受付の人と話をしながら契約を進めていかれるか…

ピコ / 3749 view

厚生年金は国民年金よりもお得?意外に知らない年金の話

年金は私達の老後を支える大切な収入源の1つです。とはいえ厚生年金か国民年金かで最終的に受け取る年金が随分違い…

いっち / 4257 view

医療に備える保険、医療保険…サラリーマン家庭に本当に必要?

家庭があれば加入している人が多い医療保険。若いうちは保険料が安い為、入りやすいのも魅力です。しかしサラリーマ…

ピコ / 2557 view

m.tnaka0221

保育所や発達のゆっくりな子どもの施設で子どもと一緒に遊んだり学んだりしています♡2014年うまれの運動苦手マイペースな男の子のママです。子どものこと、家族のこと、自分のこと、色々な悩みや楽しいことを一緒に考えていけたら嬉しいです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック