◆思春期ニキビ

10代は、思春期ニキビと呼ばれている、この時期特有のニキビができます。
毛穴がキュッとしまっているのに、皮脂が過剰分泌されるので、毛穴が詰まり炎症を起こしやすくなります。

13歳から18歳頃までの第二次成長期の変化として、男性ホルモンの分泌量が増加します。
思春期にニキビができやすいのは、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活性化することが主な原因です。
思春期のニキビは、皮脂の分泌が主な原因であることから、できる位置も、皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬までと広範囲に渡るのが特徴です。x

◆症状を悪化させないための5つの方法

1.石鹸を使って顔を洗う

皮脂の過剰分泌が盛んに行われる時期なので、洗顔時の石鹸使用は必須です。
朝・帰宅時・夜の三回は、しっかりと顔を洗うようにして、その後保湿も欠かさないようにしていきましょう。

洗浄力の弱いものですと、皮脂などの汚れがしっかりと落ちなかったりするので、洗浄力のある固形石鹸が勧められています。
洗顔時にすすぎ残しがあると、それらが原因で細菌が繁殖することもあるので、しっかりと洗いながしてあげることが重要です。

2.顔を洗う時は肌を刺激しない

顔を洗う時にゴシゴシと洗い、肌を刺激してしまうのはNGです。
この刺激により、皮脂の過剰分泌や炎症の悪化を引き起こし、肌の乾燥も悪化させてしまいます。

たっぷりの弾力のある泡での洗顔は肌への負担をかけずに出来る洗顔方法。
ニキビに刺激は厳禁です。

3.両親と同じ化粧水を使用しない

20代以降で使用する化粧水は、高機能保湿をメインとしていて、栄養分も豊富に含まれています。
この栄養分がアクネ菌の繁殖材料となるほか、しっとりした化粧水を使用することで、毛穴の詰まりを悪化あせてしまいます。
化粧水は、アクネ菌の殺菌をしてくれ、肌への刺激が少ない、シンプルなものを使用するようにします。

思春期ニキビを治すには、洗顔料や化粧水にばかり頼っていてはダメ!食事や運動など生活習慣を見直すことも大切です。
炎症して赤くなった10代のニキビは、皮脂の落とし過ぎや乾燥はNG。
肌が痛み、炎症の赤みが悪化します

4.夜更かしをしない

男性ホルモンは夜更かしをすることで、過剰分泌されるようになります。
男性ホルモンが増加すると、皮脂の過剰分泌も気になるようになります。
なるべく体の基盤を作る10代の間は、ニキビ対策に関わらず、夜更かしをしないようにすることも大切です。

睡眠不足によるストレスにより、交感神経が優位に働き、男性ホルモンが分泌されるのです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

休日は親子でクッキング♪子どもと一緒にできる簡単レシピ10選

親子で楽しくクッキング。楽しそうですが大変そうと思う方も多いのではないでしょうか。始める前は大変と思っていて…

kokupu / 13703 view

【動画・画像あり】わかりやすいエルゴの正しい付け方

抱っこ紐といえば、エルゴ!と言っても過言でもないほど、抱っこ紐業界の中では非常に人気のブランドですよね。街中…

nakou / 6341 view

ベビーザらスのおすすめグッズ7選!買うべきアイテムはこれ♪

知育玩具のイメージが強いトイザらスやベビーザらスですが、その他にも見逃せないベビー用グッズが豊富なのをご存知…

tujico / 12120 view

妖怪ウォッチのおもちゃやグッズ!選りすぐり20選!

大人気の妖怪ウォッチのおもちゃやグッズですが、その中から選りすぐりのアイテムをまとめました!

marotabi / 4320 view

梅雨の時期も赤ちゃんと楽しんじゃう♪室内での過ごし方7選

梅雨の時期はママも赤ちゃんもストレスがたまりがち。そこで、赤ちゃんと楽しむ室内の過ごし方をご紹介します。

minmama / 4801 view

保育園の待機児童問題における実態とは?原因と対策を考えてみた

近年になって大々的に報じられた待機児童問題。ですが待機児童に関する問題は以前から存在しました。この待機児童に…

いっち / 9116 view

初めて乗る自転車。何を基準にする?おすすめの子供自転車5選

子供用の自転車。いつ頃買ってあげますか?どんなタイプの物が良いでしょうか。何年か乗ることを考えて失敗しない自…

ほのりかこう / 6255 view

赤ちゃんの髪で作る胎毛筆!『必要な髪の長さ』と『一般的な価格』って??

初めて記念は、なるべくたくさん残したい♡ 特に赤ちゃんの髪で作る筆は、後々に残る大切な記念です(^^♪

HF-LIFE / 4825 view

【子連れお出かけ荷物】カバンを軽くするためのグッズ5選

子連れのお出かけはどうしても荷物が多くなりがちです。出先で見舞われるさまざまなトラブルに念のために持つ荷物で…

nana2boys / 25014 view

ママもパパも子供も楽しい海外・国内おすすめ子連れ旅行計画法!

小さな子供連れでも旅行は、大変そうで気が引けてしまいますよね。ゆっくり羽を伸ばすつもりが、来なければよかった…

kanakuma / 6115 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック