1.ローンを組む場合でも初期費用は必要

初期に必要となる費用の内訳

初期に必要となる費用の内訳

・印紙代
・登記費用
・手数料
・保険料
・引っ越し代
・引っ越しに伴う家具費用

諸費用ですが、トータルでどの程度準備しておくべきかというと、目安としては以下のとおりです。
■新築物件では、物件価格の3~7%
■中古物件では、物件価格の6~10%

中古物件の場合は、仲介手数料が必要になるので、新築よりも少し諸費用が高くなってしまいます。

2.カードローンが影響する!?

カードローンの履歴が調べられる

カードローンの履歴が調べられる

年収やステータスにより審査にかけられることになる、住宅ローンですが、この審査の時にカードローン利用履歴も対象となります。

無理な借入を行い月々の返済に苦労したり、返済を延滞してしまうような方に対しては、個人信用情報にその事実が記載されてしまうため住宅ローン審査においてはマイナス評価となってしまいます。
複数枚のカード所持で高額なお金を借りられる

複数枚のカード所持で高額なお金を借りられる

一枚であれば、高額な借入が不可能であっても、カードを複数枚所持することで、大変高額なお金の借入が可能になります。そこで審査時には、そのカードでいくら借りたかではなく、ローンを利用した歴のある、カード上限額分を、実際に在宅ローンとして借入られる金額から引かれて算出されます。しかし所持しているのみや、ショッピングで利用しているだけで、全くローンを利用したことの無いカードに対しては、審査対象外となるので、その点は安心して問題ありません。

3.自己破産率が高い

返済が困難になる

返済が困難になる

住宅ローンは、長期に渡り返済し続けることになります。その為、ローンを組んだ時は、経営状態も良好だった会社が、突然倒産してしまったりなど、思いがけない不運にみまわれることもありますね。そんな時でも、毎月支払いを求められることになり、返済能力を失ってしまうのです。

住宅ローンをなんとか返済するためにキャッシングをし、結果、住宅ローン以外にも借金が300万円もできた…なんてことも残念なことに圧倒的に多いものです。

築年数などでも物価は急激に下がるので、住宅を売って返済を試みても、ローンの一部は残ってしまうことになります。

初めから返済の難しいことが分からず、「イケイケ不動産業者」の言われるままに購入して、破産まで至る人も少なくありません。

住宅を購入する場合は、購入費用とは別に、固定資産税などの税金や、マンションの場合であれば、共益費などが別途発生することになるので、家計は火の車状態になるケースが多いのです。

今後の20年、30年の家計の収支を予想した上での資金計画が理想的。できれば、ファイナンシャルプランナーなど詳しい人の力を借りて計画してほしいところですが、何も考えないよりは、簡単にでも目安を付けるべき。

破産を防ぐ為にも、資金計画をたてて、賢く購入できる方法を身につけておくと、安心ですね。

4.一括返済を求められる

滞納は認められません!

滞納は認められません!

滞納を2ヶ月以上に渡り繰り返すと、信用を失うことになり、一括請求を求められることになります。高額ローンなだけに、ローン会社も返済を待ってはくれません。

住宅ローンを延滞・滞納してから約3~6ヶ月を経過すると、期限の利益を喪失し、全額一括返済を求められます。 一括返済が出来ないときには、保証会社と保証人契約をしている場合には、その保証会社が代位弁済をすることになります。

5.頭金で少しでも返済額を減らす

長い目で見て、楽な道を選びましょう

長い目で見て、楽な道を選びましょう

もし資金繰りに困るようなことがあっても、夫婦で力を合わせたら、なんとか毎月返済していけるだけの、返済額に設定しておく必要がありますね。そうすることで、家族や自分の身を、破産という最悪な事態から、守ることができるようになるのです。

現在の支払・貯蓄状況を確認する:積立で貯蓄をしていても、違う口座から使ってしまっていて、実質は貯まってないということもありますので、通帳などで、1年間でいくら残高が増えているかを把握してください。

まとめ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

6つの「お金の流れ」を把握して、余裕を持った生活を!

「お金が貯まらない」といいつつ、「お金の流れ」を把握していない人が多いようです。 ご自身を含め、家族の資産、…

いっち / 3359 view

子どもが生まれたら考え始めたい、「教育資金」の費用と対策

子供が生まれたら、計画的に教育費を貯め始めたいものです。 では、いつまでに/いくら貯めればよいのでしょうか?…

いっち / 3375 view

サラリーマンが負担増し!?子育て支援金の拠出金事情って??

子育てにはお金がかかるもの!だから皆多かれ少なかれ、子育て支援金と呼ばれるお金をもらっていますよね。でもこれ…

HF-LIFE / 3749 view

どの会社が人気なの?こどもの将来に役立つ『学資保険』2015年度ランキング

こどもが産まれると将来の進学に向けて、真っ先に考えるのが学資保険への加入ではないでしょうか? しかし数ある保…

HF-LIFE / 4715 view

最近よく聞く個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは何か?

最近よく目にするようになったiDeCo(イデコ)ですが、何のことか知っていますか?年金?投資?自分たちの老後…

ReilyLady / 2098 view

今さら聞けない!マイナンバーカードで知っておきたいこと5選

マイナンバーが記載された書類には、通知カードとマイナンバーカードの2種類があるのをご存知ですか?マイナンバー…

midori / 2507 view

意外と便利!?マイナンバーのメリットを詳しく解説!

平成28年1月から始まったマイナンバー制度。通知が届き始めた頃はたびたび話題にあがっていたものの、「何のため…

midori / 2395 view

ママ達損してない?確定申告の期限と必要書類の作成方法

確定申告って聞いたことあるけど、よく分からないというママ達のために、確定申告の時期や必要書類についてまとめま…

ReilyLady / 3341 view

主婦の強い味方!無料なのに使いやすいフリー家計簿ソフト5選

最近人気のデジタル化された家計簿。種類が豊富なため、馴染みのない方はどれを選べばいいかわかりませんよね。今回…

makowork / 5335 view

実際はどこまで必要なの?損害保険の種類と必要性について

そろそろ保険の加入を考えようと思っている方も多いのではないでしょうか?でも、一言で保険と言ってもたくさんあっ…

ReilyLady / 1856 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック