確定拠出年金とは

確定拠出年金とは、加入者自身が資産運用の対象を選ぶ年金制度です。
投資信託や定期預金など、いくつかの選択肢から自分自身が
運用する商品を選択して(通常)60歳まで運用していきます。
退職後にいくらもらえるかは、運用の成果によって変わってきます。
「自己責任」の年金とも言われており、2001年に開始されて以降、
徐々に利用者が増えています。

「企業型」と「個人型」の違い

サラリーマンの方が務める会社に確定拠出年金の制度があれば、
企業型に加入することが出来ます。
もし会社が導入していない、あるいは自営業者等の方(きちんと国民年金保険料
を納めている人に限る)は個人型に加入することが出来ます。

メリット①掛け金拠出が非課税

給与の中から税金を引かれる前に運用に回すことが出来るため、非課税となります。
つまり自分の老後のためにお金を積み立てると、現在の所得税、住民税が軽減されるのです。
10年20年と積み重なると決して小さな額ではありません。

メリット②運用益も非課税に

一般的な金融商品の場合、運用益に20%の税金が課せられます。
しかし確定拠出年金は運用で得られた収益のすべてに税金がかかりません。
そのため、年数を重ねるほどに複利効果が大きくなります。

メリット③年金、または一時金受け取り時における税金の優遇措置

拠出年金を受け取る際には税品がかかりますが、
年金で受取る場合は「公的年金等控除」、一時金で受取る場合は
「退職所得控除」が適用されており、税金に優遇措置がとられています。

メリット④転職した際、積み立てた年金を持ち運べる

転職した際は口座ごと転職先の会社に持ち運んで、継続して運用することができます。
転職先の会社が確定拠出を導入していない場合、個人型に加入することが出来ます。
逆に今まで個人型に加入していて転職先が確定拠出を導入していたなら
企業型に切り替えることが出来ます。
いずれの場合も、これまでに積み立てた金額が無駄になることはありません。

メリットばかりではありません!デメリットについて

メリットばかりのようですが、デメリットも存在します。
まず、年金であるため「原則60歳まで出金できない」こと。
そして運用の結果については「自己責任」であることです。
例えば2008年のリーマンショックのような事態が起こった場合、
掛け金の元本を大きく割り込む可能性があります
(例:200万の元本が150万円になった、等)。
もちろんその逆に大きく増える可能性もありますが、
しっかりと勉強する必要があります。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【相続税】課税・非課税?争続にならないための遺産相続税情報まとめ

親に何かあるのはまだまだ先のこと、と思っていてもある日突然その日がやってくるかもしれません。そうと決まってか…

nana2boys / 6569 view

マイナンバーが銀行口座と連動するのはいつ?どうなる?

マイナンバー制度が始まって、勤務先で提示を求められたほか「銀行でも提出するように言われた」という経験をした人…

midori / 5710 view

将来の不安に備えて「個人年金保険」には加入するべき?

結婚して子供も生まれ幸せな毎日を送っていても、ふと将来に不安を感じることはありませんか?老後年金はもらえるの…

ReilyLady / 3098 view

サラリーマンが負担増し!?子育て支援金の拠出金事情って??

子育てにはお金がかかるもの!だから皆多かれ少なかれ、子育て支援金と呼ばれるお金をもらっていますよね。でもこれ…

HF-LIFE / 4758 view

【断捨離ですっきり!】シンプルライフを目指すときに知っておきたい5つのこと

「節約」ではなく、シンプルライフを目指して自然と節約するような生活がいいとされ、注目を集めています。でもシン…

nana2boys / 8918 view

【確定申告】青色と白色の違いは何?申告の違いを徹底解明!

1月が過ぎると確定申告の準備が始まりますね。確定申告には青色と白色がありますが、この違いは何なのでしょうか?…

カオルくんmama / 3814 view

【お小遣い稼ぎ】ネットでできるカンタンお小遣い稼ぎまとめ

額は大きくありませんが、チリも積もればなんとやらでいつの間にかちょっとしたお小遣いになっているというサイトを…

nana2boys / 7239 view

収入を増やして家計を助けたい!専業主婦でもできる副収入

収入は少しでも多い方がいいですよね。今は家にいても仕事ができる時代です。副収入と言っても何から始めたらいいの…

ReilyLady / 4953 view

老後の生活どうやって守る?必要な資金や生活費の確保の設計を!

少子高齢化、人口減により老後を不安に思っている人はいらっしゃると思います。少しでも老後に備えたいと考えた時、…

いっち / 4984 view

生命保険、医療保険、自動車保険…日本人の保険は掛けすぎ!?

保険は万が一の時に私達を助ける大切な金融商品ですが、一方で日本人は保険を掛けすぎとも言われています。保険とは…

いっち / 4730 view

いっち

閲覧、ありがとうございます!

仕事一筋でしたが、最近ようやく家族について考えるようになりました。
拙い部分も多いと思いますが、どうかよろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック