確定拠出年金とは

確定拠出年金とは、加入者自身が資産運用の対象を選ぶ年金制度です。
投資信託や定期預金など、いくつかの選択肢から自分自身が
運用する商品を選択して(通常)60歳まで運用していきます。
退職後にいくらもらえるかは、運用の成果によって変わってきます。
「自己責任」の年金とも言われており、2001年に開始されて以降、
徐々に利用者が増えています。

「企業型」と「個人型」の違い

サラリーマンの方が務める会社に確定拠出年金の制度があれば、
企業型に加入することが出来ます。
もし会社が導入していない、あるいは自営業者等の方(きちんと国民年金保険料
を納めている人に限る)は個人型に加入することが出来ます。

メリット①掛け金拠出が非課税

給与の中から税金を引かれる前に運用に回すことが出来るため、非課税となります。
つまり自分の老後のためにお金を積み立てると、現在の所得税、住民税が軽減されるのです。
10年20年と積み重なると決して小さな額ではありません。

メリット②運用益も非課税に

一般的な金融商品の場合、運用益に20%の税金が課せられます。
しかし確定拠出年金は運用で得られた収益のすべてに税金がかかりません。
そのため、年数を重ねるほどに複利効果が大きくなります。

メリット③年金、または一時金受け取り時における税金の優遇措置

拠出年金を受け取る際には税品がかかりますが、
年金で受取る場合は「公的年金等控除」、一時金で受取る場合は
「退職所得控除」が適用されており、税金に優遇措置がとられています。

メリット④転職した際、積み立てた年金を持ち運べる

転職した際は口座ごと転職先の会社に持ち運んで、継続して運用することができます。
転職先の会社が確定拠出を導入していない場合、個人型に加入することが出来ます。
逆に今まで個人型に加入していて転職先が確定拠出を導入していたなら
企業型に切り替えることが出来ます。
いずれの場合も、これまでに積み立てた金額が無駄になることはありません。

メリットばかりではありません!デメリットについて

メリットばかりのようですが、デメリットも存在します。
まず、年金であるため「原則60歳まで出金できない」こと。
そして運用の結果については「自己責任」であることです。
例えば2008年のリーマンショックのような事態が起こった場合、
掛け金の元本を大きく割り込む可能性があります
(例:200万の元本が150万円になった、等)。
もちろんその逆に大きく増える可能性もありますが、
しっかりと勉強する必要があります。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

老後資金の必要額はいくら?シミュレーションでしっかり備える!

生きている限り、必ず訪れる老後。少子高齢化による人口減少で年金に対して不安に思う人もいらっしゃると思います。…

いっち / 4173 view

お金を貯めるコツをご紹介!一般的な貯蓄額の平均はどのくらい?

突然ですが、あなたの貯蓄額はいくらですか?1,000万円?500万?100万? 中には貯蓄額0円という人もい…

月光 / 1190 view

サラリーマンでも確定申告が必要?税金はしっかり払い、しっかり取り戻しましょう!

会社員の場合、納税という行為は会社が代わりに行ってくれます(年末調整)。 そのため普段はあまり意識をすること…

いっち / 3587 view

6つの「お金の流れ」を把握して、余裕を持った生活を!

「お金が貯まらない」といいつつ、「お金の流れ」を把握していない人が多いようです。 ご自身を含め、家族の資産、…

いっち / 3353 view

とても便利!イオンカードの家族カードをお得に使おう

世の中にはいろんな種類のクレジットカードがあり、どれにしたらいいか悩むほどですよね。ママたちにおススメしたい…

pippo / 3946 view

相続対策に◎!高齢化社会による資産管理に欠かせない『家族信託』とは?

高齢化社会により、年々自分で資産を管理できない高齢者の方の数は増えています。 そんな方々の資産を管理する新た…

HF-LIFE / 2002 view

知らなきゃ損する!大人気ふるさと納税6つの実態

最近大変話題になっている、ふるさと納税ですが、その内容に関しては、まだまだ知らない人が、とっても多いはずです…

HF-LIFE / 6501 view

【なかなか貯まらない!】上手なお金の貯め方まとめ

貯金しなくてはと思っているのになかなか貯められない。子どもが小さいうちはお金もかかるため、仕方がないとはいえ…

nana2boys / 5019 view

大損する前に知っておきたい!学資保険への加入7つの落とし穴

こどもの将来を考えて積み立てを行う学資保険ですが、実は落とし穴とも感じるデメリット面もたくさんあります。 し…

HF-LIFE / 4043 view

月々5000円以下で携帯が維持できる!?家族で通信料を節約する6つの方法

月々の携帯通信料は、年間で大変高額になりますよね。この無駄な出費を少しでも抑えることができないかと、一度は考…

HF-LIFE / 3985 view

いっち

閲覧、ありがとうございます!

仕事一筋でしたが、最近ようやく家族について考えるようになりました。
拙い部分も多いと思いますが、どうかよろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック