赤ちゃんの便秘は何日目から??

まだ排便のリズムが整っていません。

まだ排便のリズムが整っていません。

一概に何日目からが便秘という判断はできません。でも、お腹が張って苦しそうにしていたり、ミルクの飲む量が減ってしまったり、機嫌が悪い状態が続くようであれば、便秘の可能性が高いかもしれません。

---★赤ちゃんの便秘のサイン---------
・機嫌がよくない
・食欲(母乳・ミルクの飲みが悪い)がない
・肛門が切れる
・吐く
・お腹が張る
-----------------------------------

吐くなどの症状が出てきた場合は、すぐに受診しましょう。

便秘かな?と思った時にできる!簡単ケア方法

食生活の見直しや工夫、お腹マッサージ、生活リズムなどの改善など、ゆるやかで自然な解消法を試し、効果がなければ綿棒浣腸といった、お家でできる対処をします。

浣腸棒は癖になってしまい、なかなか自分で出せない子も出てくるようなので、まずはマッサージを心掛けましょう。

まずは、『の』の字マッサージを!

まずは、『の』の字マッサージを!

内蔵もしっかりしていない赤ちゃんに行なうマッサージは、力を入れずにさするようなイメージで行ないましょう。主におへその周りに『の』を描くようにして、マッサージします。

ゆらゆらマッサージ

ゆらゆらマッサージ

脇の下に手を入れて赤ちゃんを軽くゆすってみます。そうすることにより、腸が動きだして、溜まったガスと一緒にうんちもでるようになると言われています。

マッサージでダメなら『綿棒浣腸』

マッサージでダメなら『綿棒浣腸』

まずは綿棒の綿の部分に、潤滑油をつけます。そして綿の部分を全て入れます。あとはゆっくり数回(最小限に)円を描くようにして、ほんの少し刺激してあげるだけです(傷つくといけないので力は入れないようにします)。刺激されてすぐに出てしまう場合もあるので、要注意です!
”まずは準備から!
新聞紙
おむつ
綿棒(赤ちゃん用ではなく大人用)
潤滑剤少量(ベビーオイルまたはオリーブオイルなど)

引用:http://casadushi.net/1-1.html
『綿棒浣腸のやり方 -赤ちゃんと浣腸』

出血が見られたら要注意!!

綿棒に血が付いている場合は、肛門付近からの出血がほとんどです。
うんち全体に血が混じっている場合は、腸からの出血が考えられるので、迷わずに病院に行きましょう。

お腹があまりに膨らんでいたり、赤ちゃんがぐったりしているなどの場合は、病気の疑いもあると言われています。早急に受診しましょう。

気になる赤ちゃんの便秘解消方法!!

まずは水分補給

まずは水分補給

”・水分をあげることでも、便の通りをよくしてくれると言われています。(ただし、水分補給は赤ちゃんが飲まないのであれば無理をする必要はありませんし、水分量が少ないと思うのであれば産院に相談をしてみましょう。)
・ミルクや食事の量が少なくなったり、離乳食が始まったことなどでも、赤ちゃんは便秘になりやすくなると言われています。

引用:http://akachanbenpi.com/cause/index.html
『赤ちゃんの便秘 原因と対策』

エクササイズで体を動かそう

エクササイズで体を動かそう

赤ちゃんの場合は自力での運動は出来ないので、優しく脚を曲げて伸ばしてを数回行なってみると良いと言われています。この運動を行なうタイミングは、医師の許可が出てからにしましょう。

乳児のおなかっていうのは、まだまだ未熟だから、市販のミルクの中に含まれているオリゴ糖が少なく足りていなければ、おなかの調子をうまく整えることができずに便秘になってしまうのです。

粉ミルクの合う、合わないでも便秘になる確率が変わると言われています。便秘を繰り返すようであれば、粉ミルクを変えてみるのも良いでしょう。

~ 最後に ~

赤ちゃんの便秘は何日目からと言う定義がありませんし、病気の可能性だって否定はできませんよね。不安を感じたら、まずは医師の指示を仰ぎましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

エルゴを使いやすくする!エルゴベビーの付属品4つとその作り方

街中で最も多くのママが使うエルゴベビー。やはりその使いやすさは一度使うとやめられません。一人目で使い、二人目…

kokupu / 32538 view

子育ての悩みは抱え込まない!子育て支援センターで早めの相談を

子育てに関する知識はあっても、いざ始めてみると不安に思う人は多いはず。そんな時、誰かに相談したいと考えるのは…

いっち / 3476 view

産後の脱毛症・・・。一体いつになれば生えてくるの?

産後の脱毛症は、出産後の女性の7割が体験することだと言われています。 気が付くと、前髪が全部なくなってしまっ…

HF-LIFE / 1692 view

子どものやる気を育てよう!おすすめの年齢別お手伝いをご紹介

子どもにお手伝いをしてもらいませんか?一緒に家事をすることで、子どもには自信がつき、家族のコミュニケーション…

サクマメグム / 1366 view

楽しくおしゃれに!!幼稚園・保育園からのおたより収納術をご紹介

毎月のおたより、冷蔵庫に貼ったまま…なんてこと、ありませんか?今回は、実際に試してみたおすすめの管理&収納方…

サクマメグム / 11768 view

1歳の子供が気に入っていた、積み木などボーネルンドのおもちゃ6選

ボーネルンドのおもちゃが好きで、併設の遊び場『キドキド』にもよく行っていました。可愛いおもちゃをご紹介します…

akimama / 17803 view

子供の脳を鍛える!人気のレゴブロックが習える教室があった

昔から愛されているレゴブロック。小さい頃好きだった方も多いのでは。レゴは知育玩具としても有名ですね。そんなレ…

oppekeizm / 3558 view

【お宮参り】はいつ行く?服装に写真!お悩み解消のヒント5つ

赤ちゃんが生まれてから初めてのお出かけイベントが「お宮参り」という方も多いかもしれませんね。ベビーやママ・パ…

ひらり / 2147 view

卒業式と入学式は違う!素敵なママになれる『卒業式ファッション』基本の考え方5選

入学式と卒業式での、全く同じファッションは好まれません。 それは、入学式と卒業式では、式の格が違うからです。…

HF-LIFE / 2869 view

子供と一緒に趣味を楽しみたい!子供をまきこむ5つの手法!

子供と一緒に趣味を楽しめたら、素敵ですよね。 思春期を迎えても、大人になっても共通の話題になるし、家族の絆を…

よしだ あき / 8788 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック