卒乳と断乳の違いは?

赤ちゃんが自分自身で自然におっぱいを卒業することを「卒乳」と言い、仕事の復帰や2人目妊娠など様々な理由で授乳を中止することを「断乳」と言います。どちらにせよ、授乳を終えたとたんに乳腺炎になってしまう可能性がありますのでおっぱいのケアは大切となります!一緒に学んでいきましょう。

断乳しても良い時期は?

断乳するためには、赤ちゃんがきちんとおっぱい以外で栄養を取ることができるのかということが大事になってきます。離乳食後期から完了期で1日3回食をきちんと食べてくれるかどうかが目安となります。ですので、早くても生後10か月から1歳ぐらいが良いかと思います。

離乳食後期前で1日2回食だったり、離乳食をあまり食べてくれないという場合は授乳を続けるかミルクへ変更する必要があります。哺乳瓶でしっかりとミルクを飲んでくれるかが判断材料となりますので、色々な種類のニプル(哺乳瓶の乳首)やミルクを試してみて、赤ちゃんが気に入る商品を見つけてあげましょう。

断乳の進め方

3日間集中型の方法

まずは断乳する日を決めます。そして断乳を決行する前日の夜には最後の授乳をしたあと、きちんと赤ちゃんに「明日からおっぱいはバイバイだよ」と伝えてあげましょう。

1日目の朝は遊びに夢中になったりしている赤ちゃんも、午後ぐらいになると「あれ?今日はおっぱいくれないのかな?」なんて思って泣き始めるようになります。夜はおっぱいを欲しがってなかなか寝付けない可能性も高いです。しかし、ここはグッとママも我慢をしてお茶や白湯をあげるようにしましょう。

2日目は1日目よりもおっぱいを欲しがり、抱っこしても激しく泣いたり、反り返って大憤慨するでしょう。ママが1人だけで対応してしまうと、精神的にも辛くなってしまいますのでパパや周りの人の協力も得ておっぱい以外に意識が向くように接していきましょう。

3日目ぐらいから少しずつ赤ちゃんにも変化が出てくることが多いようです。おっぱいを欲しがって服をめくってくる赤ちゃんもいるようなのですが、優しく「おっぱいはもうバイバイだよ」と伝えてあげましょう。『おっぱいに怖い顔の絵を描くと赤ちゃんが怖がって欲しがらなくなる』という話も聞きますが、おっぱいは赤ちゃんにとって大切なもので安らぎの1つです。ですので、怖い顔をおっぱいに描いてしまうと赤ちゃんがショックを受けてしまいますので控えるようにしましょう。

1か月長期型の方法

1か月ほどかけて、ゆっくりと徐々に授乳の時間・回数を減らしていくという方法です。まずは離乳食の量を少し増やして、離乳食後の授乳をやめます。そして、赤ちゃんの気がおっぱい以外に向くようにおもちゃなどを上手に使いながら少しずつ授乳の回数を減らしていきましょう。

おっぱいは赤ちゃんにとって安らぎの1つです。断乳することで不安になってしまう赤ちゃんも少なくありません。泣いたり怒ったりして自分の意志を伝えてくれます。その赤ちゃんの思いを受け止め、ハグをしたりぬいぐるみや赤ちゃんが気に入る布団・タオルなどを使って赤ちゃんを安心させてあげましょう。

失敗してしまったら、どうしたら良い?

断乳をスタートすると、赤ちゃんは今まで当たり前のようにあったおっぱいがなくなってしまいますので、不安になって大泣きすることもあります。間近で赤ちゃんと向き合わなくてはならないママは本当に辛いですよね。そして結局、赤ちゃんが可哀想でおっぱいをあげてしまうこともあるかと思います。

その時はママ自身が断乳を決意できていないのです。それは決して悪いことではありません。ママとして成長している証拠なのです。誰だってわが子が泣いていたら辛いし、その泣いている原因が自分のおっぱいだと分かっている分、辛さ倍増ですよね。そういう場合は、断乳を一時中断するというのも1つの手です!!もちろんそのまま断乳を続行して、赤ちゃんを違う方法で安心させてあげるというのもママとして間違っていません。

ママと赤ちゃんのペースは人それぞれなのです。育児書に書いてある通りに子育てが進んでいくことなんて、まず少ないです。育児書は参考程度にし、きちんと自分の子供と向き合って、ともに成長していくことが1番大切なことなので焦らず自分たちのペースで1歩ずつ進んでいきましょう。

おっぱいのケア方法

卒乳・断乳しても、母乳の量が急に減少するわけではありませんので、どうしてもおっぱいが張ってきてしまいます。体を温めてしまうと血行が良くなり、さらにおっぱいが張ってしまいますので、入浴はシャワーで済ませるようにしましょう。

どうしてもおっぱいが張って痛いときは、断乳してから2・3日は圧抜き程度の搾乳をします。搾乳の際は、「おにぎり搾り」といっておっぱい全体を手のひらで包むようにして、外側から内側に向けて母乳を搾るようにしましょう。大きいおにぎりを握るようにやさしく搾乳してください。搾りすぎてしまうと、ママの体が「まだおっぱいを必要なんだな」と勘違いをして母乳を作ってしまいますので注意してください。

そして、断乳をしてから3日後はしっかりと搾ります。するとその後はおっぱいの張りが治まってくるでしょう。乳房トラブルを起こしやすい人は母乳外来などで相談をしながらおっぱいケアを行うと良いかと思います。

オススメの商品

おっぱいが張って痛いときは、冷やすというのも効果があります!上記の商品はおっぱいの形にフィットする形状のものなので使いやすいです。冷やす・温めるという2パターンで対応可能ですので、おっぱいの量を増やしたいときは温め、おっぱいの量を減らしたいときは冷やすということができます。

また、赤ちゃんの熱さましとしても使用できますので、1~2個持っておくと便利かも知れませんね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

ママからのプレゼント!妊娠~出産までにできるやさしい胎教

妊娠5か月~6か月になると赤ちゃんもよく耳が聞こえるようになり、ママともコミュニケーションが取れるように。マ…

もものなほ子 / 2908 view

産後の便秘がツラい…。「痔」になっちゃう前に解消しよう!

妊娠中に便秘になってしまい、産後もなかなか解消しない。それどころか悪化して「痔」になってしまった。そんな方は…

ひらり / 2334 view

赤ちゃんの名前はどう決める?赤ちゃん名づけの5つのポイント

妊娠がわかった皆さまおめでとうございます。これから新しい命とともに幸せが増えていきますね。どんな準備があるの…

kokupu / 2683 view

生まれてくる赤ちゃんのために準備しておきたい6つのベビー用品

出産前には色々なベビー用品をあらかじめ準備しておきたいもの。 そんな中でも、あれば便利な物を紹介したいと思い…

いっち / 3635 view

助成補助や医療費補助はあるの?気になる妊婦健診の費用のこと

妊婦健診の費用は、病院や自治体の補助によって大きく変わります。でも、相場や検診の頻度を知っておきたいものです…

ReilyLady / 2155 view

前期破水や早期破水って?慌てないために知っておきたい事

臨月になると気になるのは、出産の兆候から出産に至るまでの事ですよね。出産間際の、少し気にかけていたい破水のこ…

ReilyLady / 2585 view

妊娠したら知っておこう!帝王切開のリスクとメリット

近年、帝王切開の数は増加傾向にありますが、実際にどんなことをするの?と聞かれると分からないことも多いはず。意…

honoka51 / 2944 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 6284 view

断乳っていつから?授乳を上手にやめられる方法まとめ

授乳はいつからやめていいのか、どうやったら上手に断乳することができるのか不安ですよね。こちらではスムーズに授…

yoc97★ / 3815 view

プレママ必見!!ベストセラーに輝くマタニティーアイテム10選!!

妊娠中に頻繁に買い物へ行くことって、本当に面倒なことですよね。だからこそネットが大活躍してくれます♡でも実際…

HF-LIFE / 4986 view

kaeru_5

3姉妹の母をしています。毎日慌ただしいけれど、とても充実した日を送っております。
頼れる人がいないため主人と二人三脚で手探り状態の子育てをしていますので、こういう子育てなどに関する情報がゲットできるサイトの存在はとてもありがたいですφ(..)メモメモ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック