自然分娩を望んでいても、思いがけないトラブルで帝王切開の処置がされることも多々あります。帝王切開で出産をした場合の術後はどんな過ごし方をすればいいのか、傷のケアについて、分からないことが多いと、不安も大きくなってしまいますよね。今回は、帝王切開の術後からの過ごし方についてまとめます。

術後から退院までの日数は?

帝王切開をした場合の退院までの日数は、術後の傷の様子や回復状況によって個人差はありますが、平均的に1週間から10日程度で退院できる方がほとんどです。術後は、お腹を切っているので急に起き上がったりできませんし、食事もはじめは流動食から徐々に固形食に戻していきます。

退院までの日数から言うと、自然分娩よりも帝王切開の方が時間がかかると言えます。お腹を切っているので、当然と言えば当然ですね。どちらにせよ、ママの体が回復するための入院なので、退院までは安静に

帝王切開でも後陣痛はあるの?

後陣痛とは、妊娠期間中に大きくなった子宮が産後に子宮収縮をすることで、帝王切開でも自然分娩でも、同じように後陣痛は起こります。子宮が元に戻ろうとする痛みを後陣痛と言います。
後陣痛は人によって治る期間が違いますが、2、3日で痛みはひいてきます。帝王切開の傷の痛みも相まって、多少痛みを感じやすいかもしれません。

もしも1ヶ月以上痛みが続く場合には、子宮復古不全である可能性もありますので、病院に相談してくださいね。

傷はどのくらいで治るの?出血することもあるの?

帝王切開の傷口は縫合されて、抜歯は退院前に行いますので、1週間から10日が傷口が塞がる目安となります。そして2週間程度経つと、痛みがほとんど気にならなくなります。

出血については、通常あまりないケースなのですが、腹部に過度の圧がかかってしまったことで、出血してしまったという方もいるようです。傷口が広がって出血してしまわないように、重いものを持ったり運動したりするのは避けましょう。

傷のケア方法

傷の赤みが引くのは術後3ヶ月ごろと言われていて、1年経つとだいたい傷跡も目立たなくなります。ただ、ケアを怠ったりすると傷跡が残ってしまうこともあるので、傷口は常に清潔を保ち、保湿をしっかり行うようにしましょう。

治りかけの傷は、乾燥しがちで痒みが出てきます。掻いてしまうと傷口を傷つけてしまったり、細菌が入ってしまうことがあるので注意が必要です。シリコンジェルシートは助産師さんも進めている商品なので、傷口の保護にもオススメです。

スミスアンドネフュー/シカケア

4,380円

洗ってくりかし使えるシリコンジェルシートです。

骨盤ベルトはしてもいい?

妊娠期間中で骨盤も広がってしまっているので、骨盤の引き締めは、体を戻すためにとても有効ですが、術後1ヶ月以降に着用するようにしましょう。まだ傷の痛みがひいていない段階でつけて傷口に負担をかけてしまうと、傷の治りが遅くなってしまったりもします。

骨盤ベルトを選ぶときには、傷口に触れない形状のもの選んでくださいね!

赤ちゃんへの授乳はいつからできる?

よく、帝王切開が母乳の出に影響するという都市伝説な噂を耳にすることもありますが、出産方法が授乳の出に影響することはありません。授乳できるようになるのは、ママの体調によりけりですが、基本的には産後2日~3日で母乳をあげることができます。

病院によっては、ママの体調を考慮して5日目からと決めているところや、産後からすぐに授乳を開始するというところもあるようなので、不安な方はあらかじめ病院に確認しておくといいかも知れませんね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

迷う人が多い2人目・3人目の出産祝いにおすすめなギフト5選

友人や職場の同僚など、身近な人のお子さんの誕生の話を聞くとこちらまで嬉しくなりますね。ぜひ使ってもらえるもの…

citrus mama / 590 view

痛みや傷は?妊娠したら知っておきたい帝王切開のこと

よく耳にする帝王切開という言葉。妊娠・出産の経験がある人でも、どういうものかきちんと知らない人が意外と多いの…

tikatika / 259 view

帝王切開に保険は効く?かかる費用・もらえるお金のまとめ

お医者さんから帝王切開になると聞くと、赤ちゃんや自分の身体のことはもちろん、入院のことや費用の面など色々と不…

m.tnaka0221 / 147 view

出産って一体いくらかかるの?知っておきたい出産育児一時金

結婚・妊娠・出産を前にして、それを敬遠する理由として、経済的な疑問や不安はつきものです。出産に伴っては、どの…

もものなほ子 / 520 view

女の子が欲しいママ必見!自分に合った産み分け方法

妊娠を望んだ時に、元気な子が生まれてくれば良い!とは思いながらもやはり、性別が気になる人も多いのではないでし…

honoka51 / 220 view

産休はいつから取れる?産休制度はワーキングママの強い味方!

出産しても働きたい!という女性にとって産休制度はとても心強い味方です。安心して新しい家族を迎えられるよう、い…

hinamama / 195 view

産後の便秘がツラい…。「痔」になっちゃう前に解消しよう!

妊娠中に便秘になってしまい、産後もなかなか解消しない。それどころか悪化して「痔」になってしまった。そんな方は…

ひらり / 367 view

つらい乳腺炎には葛根湯が効く!?乳腺炎に効果的な食べ物とは

おっぱいが痛い、高熱が出てつらい…こんなにも苦しい症状がつきまとう乳腺炎。それが少しでも楽になるとしたら?そ…

tokakko / 326 view

ママからのプレゼント!妊娠~出産までにできるやさしい胎教

妊娠5か月~6か月になると赤ちゃんもよく耳が聞こえるようになり、ママともコミュニケーションが取れるように。マ…

もものなほ子 / 598 view

知ってて損はない!妊活・妊娠にきをつけておくべきこと

妊活・妊娠中に注意するべきことをまとめました。妊活・妊娠で困っている方へ少しでも役立つ情報をまとめられたら嬉…

ajigadaisuki / 377 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック