ご出産おめでとうございます!

お父さん、お母さん、おじいちゃんにおばあちゃん、だれもが待ち望んだ待望の赤ちゃん。

お母さんは命がけで赤ちゃんを産みます。出産という壮絶なドラマを終えたあとは、お母さんの体力の回復を待つ間もなく24時間待ったなしの育児が始まります。

1~2時間ごとにおっぱいを欲しがる赤ちゃん、お母さんは慢性的に寝不足の状態がずっと続きます。時には何で泣いているのかわからなくて、お母さんも赤ちゃんと一緒に泣いてしまうこともあるかもしれません。

でも赤ちゃんの寝顔、吐息、ゲップ、おなら、全部が愛しくて、お母さんはそれを原動力に毎日育児を頑張れちゃうんです。

そんな大事な大事な赤ちゃんの初めての大きな行事が、生後30日で行う「お宮参り」。

でも「お宮参り」っていったい何をするの?何の行事なの?
そんなお母さんは、このコラムを読んでみてくださいね。

いつ行く?!何を着る!?

男の子と女の子で少しずつ違う

一般的に男の子は生後31日か32日ごろ、女の子は32日か33日で行います。

お宮参りには誰と行く?

地域によっていろいろあるようですが、赤ちゃんの姓が父親の姓の場合、赤ちゃんの父方の両親と、赤ちゃんのお父さんお母さんと赤ちゃんとの5人で、氏神様のいる神社にお参りするのが一般的。

じゃあ赤ちゃんには何を着せる?

赤ちゃんの服装は洋装であればベビードレス、和装であれば赤ちゃん用の着物(紋付など)を着てそのうえから祝い着をかけおばあちゃんが抱っこするのが一般的ではありますが、赤ちゃんの服装も季節やそのときの赤ちゃんの体調などと相談し臨機応変にすれば良いでしょう。

ちなみにうちの場合は、産院を退院するときに着たベビードレスの上から祝い着をかけ、本来なら私の義母が息子をだっこするのが習いですが、何も考えていないうちの旦那が息子を義母に渡さずにずっと旦那が息子を祝い着をかけて抱っこするという不思議な光景になりました(笑)

ママは何を着る?

気になるママの服装ですが、基本的にはワンピース、スーツなど少し改まった格好をするのが一般的です。もっと気合いの入ったママの中にはかっちり着物を着てお宮参りにいくママもいます。
ですがこれもママの体調や季節と相談すればよいのではないでしょうか。

普通分娩ができたお母さんは体力の回復は早いですが、帝王切開になってしまったお母さんはやはり体の回復が普通分娩のお母さんに比べまだまだです。

傷もまだ完全に治らないし、痛むときもあるし、そういったときは無理にかしこまった着物やスーツを着なくても、家族と相談してみんなが納得するのなら普段着でお宮参りもありだと思います。(うちは普段着でお宮参りをし、フォトスタジオで撮ってもらった写真も普段着ですよ。)

パパはどうする?

ちなみにパパはというと、パパもスーツなど少しかしこまった服で行く人が多いようです。
ですがウチの場合はパパもちょっときれい目のシャツとパンツという普段着でお宮参りに行きました。

あくまでも両家で納得のいくスタイルで

一般的には、お宮参りは父方の祖父母と両親と子で行くものですが、最近では両家でお宮参りに行くお家もあります。

必ずしも氏神様の神社でなければならない決まりもなく、最近では住んでいる地域、近くの神社などでお宮参りを済ませるお家もあります。昔ながらの伝統を受け継ぎつつも、そのスタイルは時代とともに多様化していっています。
素敵なお宮参りをしてあげてくださいね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

大人気のエルゴの抱っこ紐!人気の秘密から最新デザインまで

周りを見渡せばエルゴだらけです。パパもママもみんなエルゴを装着しています。抱っこ紐を購入検討する際は、エルゴ…

kanakuma / 5843 view

速く走れるようになりたい子のために。家族でサポートする方法

子どもと一緒に走る練習をしませんか。そして子どもが簡単なコツをつかめるよう、家族が一番の先生になってあげたい…

サクマメグム / 1698 view

子供に悪影響を与えていませんか?見直したい5つの習慣。

子供は親のすることを何でも真似します。 あなたは子供に真似されても大丈夫ですか?

よしだ あき / 3288 view

赤ちゃんがいても安心!!子連れ旅行おすすめ離乳食5選

赤ちゃんが産まれ、実家への帰省や、家族で旅行に行く際、私たちと同じ食事をとれるお子様だと、心配ありませんが、…

tumu1221 / 4179 view

子供にもお勧め!簡単ヘルシーな手作りおやつ5選!

三度の食事で十分な量を食べられない、小さな子供さんにおすすめのヘルシーなおやつをご紹介します。

よしだ あき / 5666 view

身の回りの危険から赤ちゃんを守ろう【転落事故防止のために出来ること】

家庭内で赤ちゃんがベッドやソファーから落ちてしまい怪我をしてしまうケースが意外とよくあるみたいです。後悔しな…

reichel / 7654 view

子供の成長を残したい!!おすすめデジタルビデオカメラ5選

一生に一度きりの瞬間をあなたはどのように残しますか?現在では、スマートフォンや一眼レフと様々な高画質に写真や…

tumu1221 / 2565 view

野菜嫌いをなおしたい!子供が食べやすい野菜レシピ5選!

健康な暮らしは食事から! わかっていても子供の野菜嫌いには手こずるものです。 なぜ、野菜を食べなければいけな…

よしだ あき / 5140 view

育児に悩んだ時に読みたい!8つの育児漫画

子育てをしていると誰しも、『こんなに大変な思いをしているのは私だけなんじゃないか?』と思うことがあると思いま…

akimama / 4635 view

今、ママたちに注目されているボーネルンドの「キドキド」って?

子供にとって「遊ぶ」ということは人間性・社会性を身につける上でとても大切なことです。しかし、現代では昔とは違…

kaeru_5 / 2032 view

蓮ママ

岡山在住、30代前半。
高校卒業後アメリカの大学に進学、卒業と同時に帰国。
帰国後は英会話講師、自動車整備士を経て現在0歳児の育児に奮闘中です。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック