プレ保育とは

幼稚園のプレ保育や未就園児クラスをご存知ですか? 一部の幼稚園が未就園の親子を対象に、「園を知ってもらう」「環境に慣れてもらう」「子育て支援をする」ことなどを目的に実施している取り組みです。
登園頻度や実施内容は園によってさまざまで、数ヵ月に一回のところや週に数回のところもあります。

幼稚園の選び方

ベネッセによるアンケートによると、プレ保育利用経験のある人が約3割、利用を考えている人を含めると約半数。
ご家庭の教育方針、お子さんの性格、お母さんが働きたいかどうか、下の兄弟の有無、先生との相性、園の雰囲気など、幼稚園選びのポイントは様々ですが、ここでは以下の6つの視点で見ていきたいと思います。

①お弁当か給食か

毎日お弁当という園もあれば、月に1回お弁当で他の日は全て給食という園も。
併用で選べるようになっている園もあります。
食べる量が少ない子はお弁当の方が良いかもしれませんし、
下の子の妊娠・悪阻などでお弁当作りが辛い場合もあるので、
給食があって助かった!ということもあるかもしれませんね。

②預かり保育があるか

働くお母さんが増えている今、こちらも重要なポイントです。
夏休みなど、長期休暇も預かってくれる園もあります。
預かり保育があっても、実際に預けられている子供が少ないと可哀想になってしまったり…
ということも。
預かり保育利用人数も事前に確認しておいた方が良いでしょう。

③マンモス園か小規模園か

マンモス園ですと当然保護者の数も多く、
気の合うお母さんが見つけやすい上に付き合いもサッパリしていて良かった!ということもあるかも。
反対に小規模園の場合、保護者間の結束も固く楽しかった!という方もいらっしゃいます。
先生の目がちゃんと行き届いているか等も、チェックしたいですね。

④園バスか徒歩通園か

園バスか徒歩通園か選べる園もあれば、徒歩通園のみという園も。
上のお子さんが入園するタイミングで下のお子さんが産まれている場合、
下の子を連れて毎日の徒歩での送り迎えが大変…ということもありますが、
徒歩通園ですとお子さんとの思い出も増え、先生と毎日顔を合わせてコミュニケーションが
取れるというメリットもあるので、じっくり考えたいポイントですね。

⑤制服か私服か

園によって制服の値段も様々。某デパートの制服で、とても高かった…なんてことも。
子供の成長は早いので、途中で着られなくなって買い替えるということもあるでしょうし、
洗い替えも必要。
対して私服はコーディネートが大変だったり、周りのお子さん達の服装と比べてしまい
色々と気になってしまうかもしれません。
どちらが良いのかよく考えたいですね。

⑥2年保育か3年保育か

現在は3年保育が主流のようですが、公立や大学付属等は2年保育のみの園も。
『早く集団生活をさせたいので3年保育に』や『家庭でじっくり保育したいので2年保育に』
など、ご家庭の教育方針によって様々でしょう。
私立保育園しかなくて、年間の学費が高額になる地域もあります。
通わせる年数によって出費も大きく異なるので、こちらも検討したいポイントですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
中には平日に運動会を開催する園もあるので、行事等もチェックしたいですね。
大切なお子さんをお預けになる幼稚園。
ぜひ見学に行かれて色々と確認してみて下さい。
素敵な幼稚園選びになりますように♪



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

どれだけかかるの、授業料!大学卒業までにかかる学費をまとめました

入園から大学卒業まで、保育料に授業料。習い事に部活、塾。 子ども一人に一体いくらかかるのかまとめました

さくらしまこ / 5445 view

何読もう?読み聞かせ童話・昔話10選

町の本屋さんや図書館には、子供向けの本がたくさん!子どもの頃に見覚えのある懐かしい昔話や、パッと目を引く鮮や…

りょうみママ / 5816 view

今どきの【三輪車】はここまで進化している!初めての三輪車におすすめの商品と対象年齢と…

「三輪車デビューをするのであれば、いつから?」 「どんなものを買えば良いの?」 なんて、考えたことはありませ…

HF-LIFE / 8718 view

子供に悪影響を与えていませんか?見直したい5つの習慣。

子供は親のすることを何でも真似します。 あなたは子供に真似されても大丈夫ですか?

よしだ あき / 3274 view

幼稚園・運動会・ピクニックに最適☆子供向け人気お弁当箱特集!

折角お弁当を作るなら、子供が大好きなお弁当箱に詰めてあげたいものですよね。幼稚園や運動会、遠足やピクニックに…

kanakuma / 12977 view

男性も育児休暇を取るべき?育児休業給付金と条件について

育児休暇と言えば以前なら女性だけが取得する制度のようなイメージでしたが、現在では男性が取得しても珍しくはあり…

いっち / 9706 view

情操教育だけじゃない?ピアノを習って子供の脳を活性化!

ピアノを習うことにはどんな効果があるのかご存知ですか?音楽が得意になる、心が豊かになる…それももちろんですが…

myia / 5065 view

母乳育児がいい理由と、母乳の出をよくする5つのコツ

産院で母乳育児が推奨されるのは赤ちゃんやお母さんの双方にとって良いことだからです。 なぜ母乳がいいのか?さら…

reichel / 7288 view

はじめての誕生日!1歳の誕生日プレゼント案7選

赤ちゃんが生まれてからもう1年か…とこの1年の思い出を振り返るとともにそんなかわいいわが子へのはじめての誕生…

kokupu / 2768 view

子育て支援をしてくれる、心強い味方! 『ファミリーサポートセンター』

子育てを援助したい人と、援助して欲しい人が会員登録を行なうことで、子育てを助け合う制度があることを御存知でし…

HF-LIFE / 5329 view

akimama

神奈川県で子育てをしている1児の母です。
皆さんの子育てライフに役立つ情報をお伝えできたら嬉しいです♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック