子供は生まれおちたその日から、言葉にはできなくても常に何かを感じ、さまざまなことを吸収ながら日々成長しています。「三つ子の魂百まで」という言葉もあるように、幼い頃に身についたことはいつまでも残っていきます。ここでは、できるだけ小さいうちにおさえておきたい子育てのポイントをご紹介いたします。

しっかり愛情を伝える

近年、子供のいじめや自殺、ひきこもりや自傷行為など子供に関する痛ましい事件が後をたちません。スクールカウンセラーで医師の明橋大二さんは「子供の自己肯定感」が低くなっている、と指摘しています。「自己肯定感」とは「自分は生きている意味がある、存在価値がある」と感じられることです。

子供が小さいうちから折に触れて「大好きだよ」と伝えてあげましょう。言葉にするのが照れくさかったら「おはよう」とか「おかえり」のタイミングでハグをするだけでもいいでしょう。小学校高学年にもなると、照れや反抗期などが原因でなかなかストレートに伝わらなくなりますから、小さいうちにしっかり伝えておくことが大切です。

子供の言いなりにならない

「泣いたからおもちゃを買った」「ぐずるからお菓子を与えた」など、親にとっても子供の要求を聞き入れたほうが楽な場合もあります。しかし、こういうことを繰り返すと子供は「泣けばいうことをきいてくれる」と学習していきます。そして要求がとおるまで、泣いたりダダをこねたりするようになります。

ただし「抱っこして」「絵本を読んで」など、子供が愛情やスキンシップを求めてきたときには、しっかりと応えてあげてください。食事の準備中だったりして手が離せないときや時間のないときなら「今は手が離せないから10秒だけね。」などと断って、本当に10秒できりあげるようにしましょう。

基本的な生活習慣を身につける

「早寝・早起き」「3度の食事」などの生活習慣は育った家庭の方針によって大きく左右されます。将来の健康や学力にも関わることですから、小さいころからぜひとも習慣にしておきたいものです。小さいころから「当たり前」にすることで、比較的容易に身につけることができます。

本を読む習慣を身につける

会話のなかで「テレビでいってたんだけど」というのと「本で読んだんだけど」というのでは、受け取り方が違ってきませんか。本を読む、というとなんとなく知的なイメージですよね。本を読むことのメリットは、もちろんイメージだけではありません。読書量は子供の読解力を左右します。ぜひ、小さいうちから本を読む習慣を身につけてあげてください。場所を選ばず、一人でいつでもできる読書の楽しさを知っていることは、人生をより楽しくることにもつながります。

他者への思いやりを育む

「ごん狐」で有名な児童作家の新美南吉は著書「モチモチの木」のなかで「人間やさしささえあれば、なんだってできるもんだ」と登場人物に語らせています。「ドラえもん」ののび太くんを例にするほうがわかりやすいかもしれません。普段は意気地なしでも、いざという時(映画のはかはほぼ皆無ですが)には驚くような力を発揮します。

誰にでもコンプレックスはあるけれど、いざというときにがんばることができればいいんだよ、というメッセージもこめられているように感じます。
子供の思いやりを育むには優しく接する以外に方法はありません。優しくされる心地よさを知っている人だけが、他人へも優しくすることができるのではないでしょうか。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

パパの子育てがより楽しくなる「イクメングッズ」を用意しよう

男の人は、結構「道具」というものに拘りますよね。色々揃えて興味をそそるアイテムをピックアップしてあげましょう…

kanakuma / 10273 view

夏休みの工作、自由研究に♪小学生にオススメの工作キット13選

夏休みの自由研究にオススメの工作キットをご紹介します。市販のキットでも色塗りや飾りでオリジナリティを出すこと…

ヤギヤギコ / 2871 view

スイミングで健康な子どもの体作り!スイミングスクールの選び方

子どもの習い事人気ランキングで必ずといってよいほど上位に並ぶ「スイミング」。小さいうちから始めることができ、…

Le Petit Bateau / 1977 view

子供が言うことを聞かない!親子関係を良好に保つには?

自己主張は成長の証ですが、エスカレートするとわがままを助長してしまうのではないかと悩むママも多いようです。 …

よしだ あき / 2831 view

これは使える!泣きぐずる赤ちゃんがおとなしくなる方法5選

赤ちゃんが泣きやまなくて困った経験、誰しもあると思います。 「うちはこれで泣き止んだ」と評判の、動画、アプリ…

さくらしまこ / 14071 view

【動画・画像あり】わかりやすいエルゴの正しい付け方

抱っこ紐といえば、エルゴ!と言っても過言でもないほど、抱っこ紐業界の中では非常に人気のブランドですよね。街中…

nakou / 4085 view

3歳向き絵本のおすすめ!親子で楽しむ絵本10選!

3歳は、ストーリーもある程度理解できるようになってきてますます絵本が楽しめる年齢ですね。 今回は3歳が楽しめ…

marotabi / 2723 view

保育園は少しでも早く入れるべき?早く入園するメリット・デメリットって??

育児休業で休んでいる場合は別として、これからの生活を考えて働きに出るかを考えた時に、保育園は何歳から入れよう…

HF-LIFE / 12066 view

感動や喜びを!わが子の成長を記録するおすすめ育児日記7選

子どもが生まれたら、成長を記録しましょう。健康管理にもなりますし、「はじめて立った日」など感動や喜びも記録で…

minmama / 4132 view

よしだ あき

体操の先生、してました。

子育てにがんばっている、

お父さんお母さんの

役に立つ情報、ほっとできる話題を

提供していきたいと考えています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック