最初は母乳からスタート

赤ちゃんへの哺乳が、ミルクの方もミルクと母乳の混合で子育てしている方も、最初に出産をした時に、病院では母乳育児を薦められる事が多いようです。

実は、WHOとユニセフが母乳育児について共同声明を発表したのが1989年の事でした。このことが産院でも病院でも母乳育児が薦められるようになった、大きな理由の一つではと考えられます。その後「母乳育児成功のための10カ条」がまとめられ、現在は本としても出版されています。

どうして母乳育児が推奨されるのでしょう

ユニセフの公式日本語ページには、その理由が明確に書かれていました。この事情は日本国内というよりも世界中を対象にして呼びかけられたもののようです。

・世界にはミルクを作るために適した清潔な水を手に入れられない地域がまだまだ多い事。
・暮らしの貧しさからミルクを購入する為の十分なお金がない暮らしの人も多い事。
・母乳は赤ちゃんの成長に必要な栄養素が多い「完全食品」であること。
・授乳によってお母さんと触れ合う事が赤ちゃんの精神的な発達にも大切な事。

実はお母さんを守るため。という理由もありました。
・授乳をする事で、次の妊娠を抑制する効果がある事。
(妊娠・出産は母体にとって多くの栄養と体力を必要とするため。)

これらは出産前から病院などでも説明をされる事ですが、上記の理由のうち「清潔な水の確保」については、赤ちゃんのミルクの為のお水の販売もされている日本なので、ミルク育児でも不安は少ないでしょう。

「ミルクの購入費」については、育児の為の助成金などを利用できる場合もあるので、日本では海外の国々で見る程の深刻さは無いかもしれません。

そこで、日本でも事情が変わらないと思えるそれ以外の点について、ひとつずつ調べてみました。

母乳は「完全食品」

母乳がなぜ「完全食品」と言われているのかについては、赤ちゃんが母乳だけでスクスク育つ事を考えても納得できるところです。ではその母乳には、どんな栄養がふくまれているのでしょう。母乳について調べてみると、なるほど!と思えることがたくさん見つかりました。
母乳はお母さんの「血」で出来ていたんですね。
母乳に含まれる免疫グロブリンが、赤ちゃんの免疫力を高めてくれるというのも嬉しい事です。

母乳育児のメリットは「栄養」だけではありません

母乳で育児をする事で、お母さんの身体にも良いことがたくさん見つかりました。産後の子宮の戻りを良くしてくれるホルモンのオキシトシン。母乳の出を促して、排卵を抑制し、次の妊娠までの期間をあけてくれるホルモンのプロラクチン。どちらも、母乳育児のほうが、より分泌されるようです。

お母さんから赤ちゃんへ栄養を渡す母乳育児は、お母さんが太りにくいという効果も言われています。

母乳育児のデメリットも考えました。

母乳育児には多くのメリットがありましたが、すべての場合に当てはまると言うことはありません。ミルクで育児が悪いと言うことでもありません。母乳育児にはデメリットもある事も考えました。実際に育ててみると、想像以上に大変です。

外出先で、授乳の為の場所を確保できない時はどうしましょう?

昭和も初期の頃なら、お母さんが赤ちゃんに授乳をしている姿は珍しいものでもなく、電車の中でも、待合室でも、お母さんたちは授乳をしていたものでした。でも今の時代で、胸を人前に晒して授乳をする人は居ません。

レストランで、公共施設で、授乳の為の場所がない時の授乳グッズも充実してきました。活用しているお母さんたちのご意見も参考になります。

赤ちゃんを保育所に預ける時はどうしましょう?

もちろん保育所でもミルクは作ってもらえるでしょうが、母乳で育った赤ちゃんは哺乳瓶の乳首を嫌がる事があります。また、ミルクの味を嫌がるという赤ちゃんも居ます。色々な場合にあわせて、ミルクと母乳を考えて使い分けられるのが良いでしょうが、保育所の保母さん達も、一所懸命に考えてくださっている事がわかりました。

最近は母乳を預かってくれる保育所もあるようです。

お母さんのお食事の内容が赤ちゃんに影響します



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【子連れお出かけ荷物】カバンを軽くするためのグッズ5選

子連れのお出かけはどうしても荷物が多くなりがちです。出先で見舞われるさまざまなトラブルに念のために持つ荷物で…

nana2boys / 21720 view

ブラック保育所?子どもの健全な発育に悪影響を及ぼしている保育現場の裏側についてまとめ…

今我が子を預けている保育園は大丈夫?保護者が不信感を募らせている保育現場の実情についてまとめています。

さくらしまこ / 6633 view

思い出を素敵に残そう!スクラップブッキングのアイデアいろいろ

我が子の写真はたくさんあるけれど、整理するのは、なかなか大変!プリントアウトすらせず、パソコンの中という人も…

tikatika / 1404 view

目や耳でめいっぱい楽しめる!!赤ちゃんに読ませたい、絵本6選

赤ちゃんは絵本が大好きです。言葉はまだ理解できてなくても、 目や耳でしっかり学習して楽しんでいます。 親子の…

いっち / 2116 view

大人顔負けのコーデが魅力!オシャレでネットショッピング可能な7つのキッズファッション…

大人も着たくなるデザインのお洋服が置いてあるお店を集めてみました。 可愛いお子さんにオシャレをさせて、お出か…

akimama / 5997 view

離乳食開始後の便秘!赤ちゃんの便秘に効く食べ物は?

離乳食を開始したとたんに赤ちゃんが便秘になってしまって困ったというママは多いのではないでしょうか?今回は離乳…

kaeru_5 / 1735 view

これは使える!泣きぐずる赤ちゃんがおとなしくなる方法5選

赤ちゃんが泣きやまなくて困った経験、誰しもあると思います。 「うちはこれで泣き止んだ」と評判の、動画、アプリ…

さくらしまこ / 13493 view

子どもの学習意欲を高めよう!リビングに学習デスクのある暮らし

リビングに学習デスクを置く家庭が増えています。そのメリットとは?また、リビングに合った学習デスクをご紹介しま…

サクマメグム / 3838 view

プレゼントにも最適!レゴブロックで育むこどもの創造力

カラフルなレゴブロック。世界中で、幅広い世代から愛されているおもちゃです。年齢に合った種類が多くあり、遊び方…

サクマメグム / 3419 view

トーマス大好き!園生活で使えるおすすめトーマスグッズ5点

きかんしゃトーマスは、70年以上前にイギリスで生まれ、世界中の子どもたちに愛されているキャラクターです。幼稚…

pippo / 935 view

ぺこ・ママ♪

高校生の娘と主人と3人暮らしの主婦です。お料理とお裁縫、編み物が好きで一緒に手作りをする仲間と、情報交換するサークル活動を始めました。宜しくお願いいたします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック