最初は母乳からスタート

赤ちゃんへの哺乳が、ミルクの方もミルクと母乳の混合で子育てしている方も、最初に出産をした時に、病院では母乳育児を薦められる事が多いようです。

実は、WHOとユニセフが母乳育児について共同声明を発表したのが1989年の事でした。このことが産院でも病院でも母乳育児が薦められるようになった、大きな理由の一つではと考えられます。その後「母乳育児成功のための10カ条」がまとめられ、現在は本としても出版されています。

どうして母乳育児が推奨されるのでしょう

ユニセフの公式日本語ページには、その理由が明確に書かれていました。この事情は日本国内というよりも世界中を対象にして呼びかけられたもののようです。

・世界にはミルクを作るために適した清潔な水を手に入れられない地域がまだまだ多い事。
・暮らしの貧しさからミルクを購入する為の十分なお金がない暮らしの人も多い事。
・母乳は赤ちゃんの成長に必要な栄養素が多い「完全食品」であること。
・授乳によってお母さんと触れ合う事が赤ちゃんの精神的な発達にも大切な事。

実はお母さんを守るため。という理由もありました。
・授乳をする事で、次の妊娠を抑制する効果がある事。
(妊娠・出産は母体にとって多くの栄養と体力を必要とするため。)

これらは出産前から病院などでも説明をされる事ですが、上記の理由のうち「清潔な水の確保」については、赤ちゃんのミルクの為のお水の販売もされている日本なので、ミルク育児でも不安は少ないでしょう。

「ミルクの購入費」については、育児の為の助成金などを利用できる場合もあるので、日本では海外の国々で見る程の深刻さは無いかもしれません。

そこで、日本でも事情が変わらないと思えるそれ以外の点について、ひとつずつ調べてみました。

母乳は「完全食品」

母乳がなぜ「完全食品」と言われているのかについては、赤ちゃんが母乳だけでスクスク育つ事を考えても納得できるところです。ではその母乳には、どんな栄養がふくまれているのでしょう。母乳について調べてみると、なるほど!と思えることがたくさん見つかりました。
母乳はお母さんの「血」で出来ていたんですね。
母乳に含まれる免疫グロブリンが、赤ちゃんの免疫力を高めてくれるというのも嬉しい事です。

母乳育児のメリットは「栄養」だけではありません

母乳で育児をする事で、お母さんの身体にも良いことがたくさん見つかりました。産後の子宮の戻りを良くしてくれるホルモンのオキシトシン。母乳の出を促して、排卵を抑制し、次の妊娠までの期間をあけてくれるホルモンのプロラクチン。どちらも、母乳育児のほうが、より分泌されるようです。

お母さんから赤ちゃんへ栄養を渡す母乳育児は、お母さんが太りにくいという効果も言われています。

母乳育児のデメリットも考えました。

母乳育児には多くのメリットがありましたが、すべての場合に当てはまると言うことはありません。ミルクで育児が悪いと言うことでもありません。母乳育児にはデメリットもある事も考えました。実際に育ててみると、想像以上に大変です。

外出先で、授乳の為の場所を確保できない時はどうしましょう?

昭和も初期の頃なら、お母さんが赤ちゃんに授乳をしている姿は珍しいものでもなく、電車の中でも、待合室でも、お母さんたちは授乳をしていたものでした。でも今の時代で、胸を人前に晒して授乳をする人は居ません。

レストランで、公共施設で、授乳の為の場所がない時の授乳グッズも充実してきました。活用しているお母さんたちのご意見も参考になります。

赤ちゃんを保育所に預ける時はどうしましょう?

もちろん保育所でもミルクは作ってもらえるでしょうが、母乳で育った赤ちゃんは哺乳瓶の乳首を嫌がる事があります。また、ミルクの味を嫌がるという赤ちゃんも居ます。色々な場合にあわせて、ミルクと母乳を考えて使い分けられるのが良いでしょうが、保育所の保母さん達も、一所懸命に考えてくださっている事がわかりました。

最近は母乳を預かってくれる保育所もあるようです。

お母さんのお食事の内容が赤ちゃんに影響します



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

赤ちゃんとお出かけする時に計画したいポイントまとめ

お出かけはいつも育児を頑張っているパパやママの息抜きになります。 赤ちゃんとお出かけする際の注意点やお店の選…

reichel / 2937 view

【こどもの日】食べ物に鯉のぼり!こんなにイロイロあるの!?

五月五日は「こどもの日」です。「何をする日?」と言われると「う~ん?」という感じの方も多いのでは?こんなカワ…

ひらり / 3681 view

苦手から大好きに!図工で悩む小学生は身近な素材で工作しよう

ペットボトルや牛乳パック。家庭にあるものを自由に折ったり切ったり…どんな作品になるのでしょうか。子どもの創造…

サクマメグム / 5975 view

生活サイクルを整えよう!お子さんの朝型へのシフトの仕方

夜遅くになっていてもTVがついていたり、部屋が明るかったりすると、子供が夜を認識できず夜型になってしまいます…

akimama / 3356 view

エルゴを使いやすくする!エルゴベビーの付属品4つとその作り方

街中で最も多くのママが使うエルゴベビー。やはりその使いやすさは一度使うとやめられません。一人目で使い、二人目…

kokupu / 32593 view

【絵本】幼稚園・保育園の先生がしている絵本選びまとめ

季節や行事に合わせた絵本や楽しそうな絵本。先生たちはいろいろな絵本を読んでくれています。今回はそんな先生がど…

nana2boys / 8691 view

もうすぐ保育園!育休明け、仕事に復帰する前にしておくべきこと

無事保育園も決まっていよいよ仕事復帰。でも、子どものことも仕事のこと、家のことなど上手くやっていけるのか不安…

m.tnaka0221 / 2825 view

寝る子は育つ!子供に早寝をさせる5つの方法!

「寝る子は育つ」と昔からよくいうように、質の良い睡眠は子供の成長に欠かせません。 早寝を習慣づけるのに近道は…

よしだ あき / 4121 view

寝ている間に英語力アップ⁉睡眠学習に隠された驚きの効果とは?

昔はやった勉強方法で、「睡眠学習」ってありますよね?最近、この勉強方法が再び注目され始めたそうです。 また…

CaMroxron / 801 view

仕事復帰はいつ?勤務形態や給与は?子持ち主婦の就職活動事情

出産を機に仕事を辞めたママたちの中には、子供が少し手を離れたタイミングで仕事復帰をしたいと考えている人は少な…

snowsnow / 2422 view

ぺこ・ママ♪

高校生の娘と主人と3人暮らしの主婦です。お料理とお裁縫、編み物が好きで一緒に手作りをする仲間と、情報交換するサークル活動を始めました。宜しくお願いいたします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック