1・母乳育児ってすばらしい?

母乳育児は、産後の母体や赤ちゃんにとっても、メリットは多いです。人間の体とは本当によく出来ていて、赤ちゃんが体内に居る間にはせっせと母乳の準備も進み、生まれた後にはちゃんと赤ちゃんにあげられる様におっぱいが出る仕組みになっています。
母乳にはお母さんが食べたものの栄養がそのままいきわたっています。赤ちゃんの好きな味付けにまでされて、乳首という咥えやすいアイテムを通して、お母さんのぬくもりや鼓動、声などを感じながら飲むことが出来ます。母体からのお乳には単なる栄養だけでなく免疫も含まれるため、その子に合ったメニューが自然と受け継がれていける仕組みです。

○お乳には味がある

お母さんが食べているものが影響するため赤ちゃんにも味覚が備わるともいわれています。
母乳の味は一律ではないようです。少し大きくなった子がお母さんの母乳を飲んでもあまり美味しくないと感じるようですが、それは普通の食事の味に慣れているから。母乳は、赤ちゃんにはとびきりのごちそうなんです。はじめの味は甘く、赤ちゃんがもっと、もっとと欲しがる仕組みになっているそうで、その次にうまみが含まれる味に変わるそう。ここで食欲増進というったところでしょうか。最後は脂肪分が分泌されているため、最後まで飲みきった赤ちゃんは、おかげでおなかもいっぱい、ご機嫌になるという具合です。

○乳首のしくみ

哺乳瓶と違うのは、乳首には吸い付いて、かむように上手にしごかなければ、お乳がスムーズに出てこないということ。歯茎で上手にかぶりつくように飲むことで、「噛む」という口の動作を自然に覚え、その後の葉の発達にも大きく貢献するのだそうです。うまくできていますよね。上手にしごけていれば、乳首からシャワーのようにお乳があふれ、あかちゃんの吸うタイミングと体からお乳がわきあがってくるリズムが揃って、温かい母乳をあげることができるわけです。

○お母さんの体

乳首の先端から2〜3センチの乳輪の部分をにゅっと横につまんで平べったくしながら、赤ちゃんが口を開けたタイミングでグッと差し込みます。
赤ちゃんが大きく口を開けて吸いつけているようなら成功です。

母体の側にもいろいろメリットは多く、赤ちゃんが母乳を吸ってくれることと連動して産後の子宮収縮が促され、体型の戻りも早くなります。母乳を出すことで脂肪分もお乳に含まれていくので、ダイエット効果もあり。母体の回復に大きく貢献します。産後が一番痩せやすいというのは、このためです。

ミルク代の節約になることはいうまでもなく、おっぱいを上げているときにはお互いのぬくもりや鼓動を感じられ、母子のスキンシップが取れる幸せのひとときにもなります。お母さんだからこそできる、いわばおっ母体の側にもいろいろメリットは多く、赤ちゃんが母乳を吸ってくれることと連動して産後の子宮収縮が促され、体型の戻りも早くなります。

母乳を出すことで脂肪分もお乳に含まれていくので、ダイエット効果もあり。母体の回復に大きく貢献します。産後が一番痩せやすいというのは、このためです。
ぱいタイムは特権です。

2・母乳のトラブル

○病院に通えるトラブル

一般的にトラブルといえば、乳腺炎が多く、その他乳首の痛み、出が悪いなどの個人差による悩みも出てきます。専門医にしっかり診てもらうことで、きちんと解決できるトラブルもあれば、赤ちゃんとの連携プレーがなかなかうまくいかないケースもあります。

赤ちゃんは乳首を吸う力の調節ができません。そんな気がなくても、授乳でママの乳首に負担をかけてしまうことがあります。


関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

パパ・ママ必見!2歳児さんにおすすめのプレゼント【男女別】

いろいろとできることが増えた2歳のお子様へ贈るプレゼント、何にしようか迷ってしまいますよね。ここでは、おすす…

tujico / 4618 view

大人気のエルゴの抱っこ紐!人気の秘密から最新デザインまで

周りを見渡せばエルゴだらけです。パパもママもみんなエルゴを装着しています。抱っこ紐を購入検討する際は、エルゴ…

kanakuma / 7414 view

【いないいないばぁっ!】の魅力!

0〜2歳向けの教育テレビ【いないいないばぁっ!】についてまとめてみました。

専業主婦 / 14323 view

苦手から大好きに!図工で悩む小学生は身近な素材で工作しよう

ペットボトルや牛乳パック。家庭にあるものを自由に折ったり切ったり…どんな作品になるのでしょうか。子どもの創造…

サクマメグム / 10495 view

公立小学校の英語教育に注目!自宅でできる英語レッスンとは?

英語は子どもの習い事ランキングでも常に上位。公立小学校でも5・6年生の必修科目となりました。今回は自宅で気軽…

サクマメグム / 5401 view

子育て支援をしてくれる、心強い味方! 『ファミリーサポートセンター』

子育てを援助したい人と、援助して欲しい人が会員登録を行なうことで、子育てを助け合う制度があることを御存知でし…

HF-LIFE / 6766 view

大阪で遊ぶならここ!子供が喜ぶ日帰りで大満足の遊び場5選

ファミリーだけでなくおじいちゃんおばあちゃんとも一緒に出掛けられる大阪のレジャー施設を集めてみました。大阪で…

yoseyose / 5957 view

イライラが治まらない時に!育児ストレスを乗り越える5つのコツ

育児って大変ですよね。子供は可愛いですが、思い通りにならないことも多くイライラすることもたくさんあります。そ…

snowsnow / 4417 view

3歳向き絵本のおすすめ!親子で楽しむ絵本10選!

3歳は、ストーリーもある程度理解できるようになってきてますます絵本が楽しめる年齢ですね。 今回は3歳が楽しめ…

marotabi / 5590 view

今年の梅雨明けはいつ?雨が楽しみになるレイングッズ特集

雨の日は、ハッピーな気分になれるアイテムを何個か揃えておきましょう。雨の日が待ち遠しくて子供も大人もウズウズ…

kanakuma / 5598 view

りょうみママ

子育ての風もなかなか吹き止まぬまま、ママと妻と女性の確立を模索中。
たくさんのパパさん、ママさんたちといろんなことに共感しつつ、家族の悩みに一緒に立ち向かい、情報発信していきたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック