陰湿化している現代の「いじめ」

いじめ問題は昔からありますが、その形は時代とともに変化してきています。

昔は暴力や悪口など、わかりやすい形のいじめが主流でしたが今は違います。

小学生の子供にスマホを持たせる親も増えており、SNSなどのネットを利用した陰湿ないじめが急増しています。

SNSで悪口を拡散される、勝手に動画をアップされるなど、親や先生たちからは見えにくい形になってきているのです。

その結果、親は子供のいじめになかなか気が付けません。

また事実無根の悪口を実名や住所とともにネット上にばらまかれた場合、悪意のある大人がその子を狙って近づいてくる、というケースもあります。

もはや「いじめ」という言葉で片づけるにはあまりにも悪質な、犯罪に近い手口も散見されるようになってきました。

「子供のやることだから」と軽視していては我が子の異変に気付けず、最悪の事態を招きかねません。

では、いじめから子供を守るためには親はどうすればよいのでしょうか?

親はどう対処するべきか

まずは子供の話を落ち着いて受け止める

子供がいじめられていることを打ち明けてくれたら、まずは話を聞いて「辛かったね」と抱きしめてあげましょう。

子供にとって、いじめられていることを告白するのはとても勇気がいることです。

「親に心配かけたくない」
「いじめられるなんて恥ずかしい」

こういった思いから、たいていの子供はいじめられていることを隠します。

もし子供が打ち明けてきたのなら、その時点ですでにいじめはかなり進んでおり、子供はとても傷ついていると考えてください。

決して、やっとの思いで告白してきた子供を責めたり、質問攻めにするようなことはしないでください。

「お父さん、お母さんは絶対にあなたの味方だよ」ということを充分に伝えて安心させてあげてください。

いじめの証拠を集める

いじめが確定したら、証拠集めをしましょう。

まだこの時点ではあまり動かず、誰に何をされているのか冷静に記録をつけます。

SNSなら問題となる画面のスクリーンショット、学校でされたことなら子供に逐一記録させるなど、細かい時系列もしっかり説明できるように証拠をどんどん集めていきます。

資料は全て印刷し、まとめておきます。

後々の話し合いにとても強力な武器となるため、第三者から見てわかるような形にしておくことが重要です。

話し合いには多くの人を巻き込む

事実確認、証拠集めができたら速やかに担任に連絡しましょう。

しかし多くの場合、ただ先生に相談しただけではいじめは解決しません。

なぜなら先生方はなるべく面倒なことに巻き込まれたくないと考え、「うちの子がいじめられてるので助けてください」とだけ伝えてもなかなか動いてくれないのです。

そういった事態を避けるために、証拠の文章や写真を提出し、期日を指定して「○日までに事実確認を進めてください」と伝えるのです。

そして期日が近づいたら進捗の確認をします。

こうして事務的に対処を進めて行き、さらには学年主任や校長など上の役職の先生方にも話し合いに参加してもらいましょう。

いじめをなくすためにはできるだけ多くの大人を巻き込むことが大切です。

加害者側はそれでもなかなか非を認めないこともあります。

その場合は弁護士を雇うなど、とにかくこちら側も決して折れてはいけません。

いじめ問題となると学校側は消極的な態度をとることが多いでしょう。

学校の評判と落としたくないというのが教員たちの本音です。

しかしそれではいつまで経ってもいじめはなくなりません。

学校に行くのが辛いという子供を無理に通わせる必要はありませんが、親側は徹底抗戦の姿勢をみせましょう。

加害者側に謝罪させ、こどもがまた楽しく学校に通えるようにするのが最終目的です。

泣き寝入りせず、利用できるものは利用して戦いましょう。

子供との信頼関係をしっかり築く

子供の異変にいち早く気付くために

いじめられている子供は、親に心配をかけないようにいじめを隠そうとします。

ですがなるべく早く対処しなければ、いじめはどんどんエスカレートしていきます。

そのためにも普段から子供をしっかり見てあげて、少しでも様子がおかしいと思ったら話を聞いてあげるようにしましょう。

「親は絶対的な味方」という安心感を



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

イライラが治まらない時に!育児ストレスを乗り越える5つのコツ

育児って大変ですよね。子供は可愛いですが、思い通りにならないことも多くイライラすることもたくさんあります。そ…

snowsnow / 5020 view

どっちがいいの?そもそも学資保険と教育ローンの違いって?

子供には自分の学びたいことを学ばせてあげたいですよね。でも先立つものも必要になります。今回は子供の未来のため…

ReilyLady / 5195 view

3歳向き絵本のおすすめ!親子で楽しむ絵本10選!

3歳は、ストーリーもある程度理解できるようになってきてますます絵本が楽しめる年齢ですね。 今回は3歳が楽しめ…

marotabi / 6278 view

子供と行って良かった遊び場5選

1歳台の子供を楽しませようと色々な所へ行きました。喜んでくれた遊び場をご紹介します。 ご家族でぜひ出かけてみ…

akimama / 53706 view

ママもパパも子供も楽しい海外・国内おすすめ子連れ旅行計画法!

小さな子供連れでも旅行は、大変そうで気が引けてしまいますよね。ゆっくり羽を伸ばすつもりが、来なければよかった…

kanakuma / 7172 view

大人顔負けのコーデが魅力!オシャレでネットショッピング可能な7つのキッズファッション…

大人も着たくなるデザインのお洋服が置いてあるお店を集めてみました。 可愛いお子さんにオシャレをさせて、お出か…

akimama / 10227 view

子育て中イライラしたら。育児でイライラした時の対処法6つ

結婚をして妊娠出産。子どもを大切にしようと誓ったけれど大人の思うようにはいかない。あんなに優しかった夫は何も…

kokupu / 5208 view

育児中の悩み。母乳育児をすることのメリットやトラブルについて

育児にはいろいろ悩みが尽きませんが、母乳かミルクか、悩むママさんたちも多いですね。あくまでも個人差のある母乳…

りょうみママ / 5248 view

【関東】赤ちゃんや子連れにオススメなホテル・旅館5選

小さな赤ちゃんやお子さんがいるとなかなか旅行に行けない理由の1つは泊まる所ですよね。気を使いすぎてせっかくの…

sumomomama / 5771 view

お宮参りって何?初穂料の相場やのし袋の書き方をレクチャー

大変だった出産も終え、育児にも少しだけ慣れてきた頃、待ち構えているのはお宮参りという一大イベント!そもそもお…

kaeru_5 / 3280 view

snowsnow

現在1歳の男の子の母です。

育児に関する情報を中心に発信していきたいと思います。

よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック