卒乳はいつごろ?

おっぱいを卒業する時期に、明確な決まりはありません。
1歳を過ぎて、離乳食が進むと、授乳は、栄養を与えるものというよりは、子供が心の安定を得られるスキンシップの要素が大きくなっていきます。
子供の気持ちに寄り添いながら、卒乳の時期を見極めるのが大切です。

卒乳?断乳?

子供が必要としなくなるまであげる「卒乳」という方法に対して、日付を決めて授乳をやめる「断乳」という方法もあります。

「断乳」は、主に桶谷式母乳育児相談室の用語で、子供がひとり歩きをしっかりできるようになった頃に、母親自身の意思で授乳をやめます。

桶谷式の母乳育児は、断乳の日まで1日8回以上の授乳をします。
その積み重ねで、しっかりと子供との信頼関係が築き上げられているからこそ、断乳という方法をとることができるという考え方です。


理想的な卒乳とは?

離乳食が進んで、生活のリズムが整い、外遊びの習慣がつくと、自然と授乳回数が減ってくる場合が多いでしょう。
寝る前、外遊びの後など、子どもがおっぱいを欲しがるときは安心したいときなので、しっかりと授乳します。
それを繰り返すうちに、おっぱいの回数が減っていくというのが、最も理想的な卒乳と言えます。

ママが卒乳したいとき

ママが職場復帰する、体調が悪かったり、乳腺炎を繰り返してつらいなどの理由で、卒乳したい場合もあるでしょう。
そのときは、卒乳したい気持ちや理由を繰り返し伝え、おっぱいに代わるスキンシップをたくさんとることを心がけます。
ママの気持ちをきちんと伝えることで、赤ちゃんにも安心感が生まれ、ママ自身も納得して、卒乳することができます。

卒乳のときに気をつけたいこと

卒乳の時期は、体調を崩しやすい季節の変わり目や梅雨の時期、真夏や真冬などを避け、気候がいいときを選びます。
卒乳をしたものの、子供の体調が悪くなって授乳を再開するというのはよくあることですが、度重なると母子にとってストレスになります。

また、卒乳後は水分不足になりやすいので、なるべく水分をとらせるように努めます。

卒乳後のおっぱいのケア

卒乳後、子どものケアとともに気をつけなければいけないのは、ママのおっぱいのケアです。
高カロリーの食事や水分を控え、体をあたためると母乳の分泌が促進されるので、入浴はやめてシャワーにしたほうがいいでしょう。

卒乳後は、おっぱいがたまってつらいときだけ、少し搾ります。
それを繰り返すうち、少しずつ母乳の量が減っていきます。
出せば出すほど、母乳は作られるので、くれぐれも搾り過ぎは禁物!
乳房が機能を停止するまでには、少なくとも1ヵ月かかります。

卒乳前後におすすめしたいこと

特に母乳過多のママにおすすめしたいのが、母乳の量を抑制するハーブティー。
卒乳の時期が決まったら飲み始めると、卒乳後のおっぱいの張りや痛みが緩和され、乳腺炎などのトラブルに発展しにくくなります。

卒乳後、乳房におっぱいがたまったままになっていると、乳房トラブルの原因になります。
人によっては、頭痛や生理不順が誘発されてしまうことも。
不安がある人は、専門家に見てもらいましょう。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

イライラが治まらない時に!育児ストレスを乗り越える5つのコツ

育児って大変ですよね。子供は可愛いですが、思い通りにならないことも多くイライラすることもたくさんあります。そ…

snowsnow / 931 view

両親も知っておきたい10代の【思春期ニキビ】!症状を悪化させないための方法5選

10代になると、思春期ニキビと呼ばれる、この時期特有のニキビができます。 ニキビがあまりにも悪化してしまうと…

HF-LIFE / 1262 view

育児の手助けに!しまじろうのおすすめ公式アプリ

Benesseの子供向け教材こどもチャレンジのキャラクターといえば、しましまとらのしまじろうですね。そんな大…

pippo / 662 view

野菜嫌いをなおしたい!子供が食べやすい野菜レシピ5選!

健康な暮らしは食事から! わかっていても子供の野菜嫌いには手こずるものです。 なぜ、野菜を食べなければいけな…

よしだ あき / 2708 view

お風呂も楽しく!赤ちゃんが喜ぶお風呂のおもちゃ6選

お風呂も遊びたい!赤ちゃんが喜ぶお風呂のおもちゃをご紹介します。赤ちゃんとのお風呂タイムを楽しんでください♪

minmama / 903 view

苦手分野を親子で克服!自宅でできるおすすめの勉強方法とは?

子どもの苦手分野克服は、実は家庭でてきることがたくさんあります。今回は、小学校低学年の自宅学習向け教材(計算…

サクマメグム / 733 view

お肌にとっても優しい♪布おむつ育児のメリットとデメリット

布おむつ育児にどんなイメージを持っていますか?興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せないパパやママのために、布…

ヤギヤギコ / 397 view

子育てのイライラや育児疲れに!おうちでアロマテラピー

育児や家事の毎日。疲れがたまってくるとどうしてもイライラしてしまいますよね。おうちで簡単にできてリフレッシュ…

sumomomama / 1696 view

子どもを見守るPTA活動。母業が充実するメリットがいっぱい!

こどもは大事!だけど役員をやるとなると…。そんなママたちへ、小学校のPTA活動の実態と興味深いメリットをご紹…

サクマメグム / 1520 view

【子連れBBQ】便利だったもの・活躍したもの7選

季節柄、アウトドアの機会も増えてきますよね。もともとアウトドア好きだった方もそうではない方も、子どもがいると…

nana2boys / 6059 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック