半袖・ノースリーブのトップスは、ワンサイズ大きめを

ノースリーブや半袖のトップスは、今着ているジャストサイズよりもワンサイズ大きめのものを買うのがおすすめです。半袖やノースリーブはワンサイズ大きめのものを着ても違和感があまりないため、長い期間着回すことができます。

セールでワンサイズ大きめのものを見つけたらマストバイです!女の子用のワンピースも、同様に大きめのものがおすすめ。

長袖のトップスはジャストサイズを!

半袖・ノースリーブとは逆に、今着ているジャストサイズを選んだ方がいいのは長袖トップス。長袖のトップスは、大きめのものを着ると違和感が大きく、袖を折るなどの手間がかかります。子どもは動き回りますので、長い袖が邪魔になってしまうことも。

下のきょうだいがいる場合は、おさがりも視野に入れて

下にきょうだいがいる場合は、お下がりを視野に入れて、下の子にも似合いやすいものを選ぶとお得です。

性別が違う場合は少し難しいかもしれませんが、インナーとしてのシンプルなシャツなどは男女兼用できるものがたくさんあります。

今不足している衣類を中心に選ぶ

可愛いから・安いからとあれもこれも購入していると、着ないままたんすの肥やしになってしまうことも。いまどの衣類が足りないのかを考えて、セール用品を狙うようにしましょう。

『来年用』としてのものは買わない方がベター

安くてお買い得なものは、ついつい「来年着るかもしれないから」と買ってしまいそうになりますが、今年着ないものは買わない方が無難です。来年までにどれだけ子どもが成長するのかもわからないため、無駄になってしまうことがあります。

子どもの好みが変わってしまうことも

お子様によっては、自分の着る物は自分のセンスで決めたい「おしゃれさん」な子もいます。今年「これがいい!」と思っていても、来年には好みが変わってしまっているかもしれません。

主人公が変わるキャラクターものは避けておく

特撮ものや変身もののヒロインアニメなど、シーズンが変わると登場人物が変更されてしまうものなど、キャラクターものの衣類は避けておくことがベスト。

お子様によっては欲しがるかもしれませんが、来年には確実に『型遅れ』になってしまうアイテムなので、セール品としては避けておくことが無難です。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

子連れで行きたいランチ5選

実際に子連れで行ってみて良かった、都内のレストラン・カフェをご紹介します。 周りを気にせず、楽しくランチでき…

akimama / 6362 view

お風呂が大好きになる!子どもが喜ぶおすすめのバスグッズ5選

お風呂が苦手!という子が楽しく過ごせるようなバスグッズをご紹介します。一緒に入るパパママの悩みが解決できるか…

サクマメグム / 124 view

エルゴだけじゃない!現役ママがオススメする抱っこ紐5選

抱っこ紐といえばエルゴが大変有名ですよね。しかし最近はエルゴ以外にも素敵な抱っこ紐がたくさんあるのです。今回…

makowork / 710 view

幼稚園・運動会・ピクニックに最適☆子供向け人気お弁当箱特集!

折角お弁当を作るなら、子供が大好きなお弁当箱に詰めてあげたいものですよね。幼稚園や運動会、遠足やピクニックに…

kanakuma / 4403 view

子どもと音楽を楽しもう!音楽教室の選び方とおすすめの楽器5選

子どもの習い事として人気の楽器をご紹介します。楽器を習うメリット、子どもに合った音楽教室とは、どのようなもの…

サクマメグム / 185 view

小さなわが子に読み聞かせてあげたい5つの素敵な絵本!

書店には様々な絵本が並んでいますが、今回は、お子さんにぜひ読み聞かせてあげてほしい大人も感動する絵本や、深く…

akimama / 2449 view

お水遊びデビュー!女の子の赤ちゃんの水着選び5つのポイント

赤ちゃんの水着は、種類が多くて選ぶのも大変ですよね。何を選んだらいいのか、どういう形、タイプのものを選んだら…

ヤギヤギコ / 549 view

現代人は金銭感覚がない!!子供の金銭感覚を育てるために出来ること

現代の人は、金銭感覚の無さが目立つと言われています。 子供が将来的に金銭面で困らないためにも、両親ができるこ…

HF-LIFE / 1409 view

イヤイヤ期に突入!この時期をうまく乗り越える5つの対応・接し方

何をするにしも「イヤイヤ」ばかりな『イヤイヤ期』。 この時期にはストレスが溜まって叱りつけてしまい、そんな自…

HF-LIFE / 901 view

保育園は少しでも早く入れるべき?早く入園するメリット・デメリットって??

育児休業で休んでいる場合は別として、これからの生活を考えて働きに出るかを考えた時に、保育園は何歳から入れよう…

HF-LIFE / 6696 view

tujico

主人、娘、猫3匹と暮らすアラサー主婦です。フリーランスのライターとして活動しています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック