○イヤイヤ期とは

2歳ころに理由なくかんしゃくを起こしたりやることなすことすべてイヤイヤという時期。個人差があり時期はこれより前後する場合がりますが、多くのママたちがこのイヤイヤ期にてこずっています。

・イヤイヤは原因がないようですべて原因があります。

イヤイヤ期の原因は大人にとっては些細な事です。例えば外に行く際、帽子をかぶるときイヤイヤしたとします。大人から見れば帽子をかぶりたくないんだ、ただそう感じます。その子どもからすると今日はアンパンマンの帽子がよかった、とか思っているかもしれません。いや、これならまだママも気が付きます。しかし実際はさらに大人にはわかりずらいことで怒ります。ママがいつもかぶるときにする持ち方を違うもち方でかぶせた、帽子がへこんでいた、糸が出ていた、かぶりたい角度から1センチずれていたなど本当に些細な事。しかし子どもには大ごとなのです。一度火が付くと止まりません。ママもどうしていいかわからず感情的に怒ってしまいもういい!となってしまう光景がよくあります。

・ここでイヤイヤしないで!と思っているときに限ってイヤイヤしませんか?

急いでいるときや大勢の人がいるとき。こんな時にイヤイヤされたらいやだな~と大人が思っているとイヤイヤが始まるというパターン、よくありませんか?そんな方は要注意。知らず知らずのうちに子供へのプレッシャーをかけているかもしれません。今まで何もわからなかった赤ちゃんだった2歳の子なら尚更。ママも少し意思疎通ができるので伝わらないとイライラしてしまうものです。イヤイヤ期は赤ちゃんから子どもになっていく儀式とともにママはその赤ちゃんを子どもにするためのサポートしていくというスタンスが大切になります。もう2歳なんだからではなくまだ2歳だもんねという気持ちです。

○イヤイヤ期の心構え3つ

イヤイヤ期と聞くとつい身構えしてしまうのがママたちの正直な心理なのではないでしょうか。
そんなイヤイヤ期をこれから迎える方やイヤイヤ期真っ最中のお子様をお持ちの方はどのような心構えで迎えると良いのでしょうか。3つの心構えをご紹介します。

・どうしてイヤイヤ期があるのかを知りましょう。

難しい話ではありません。おそらく気づいているママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんの時はママに抱かれてママの思い通りに動いていた赤ちゃんが自分の意志で歩き出し、自分にも意見があるのだ!と主張しているのです。そこで「親に背いてしまったのね…悲しい」もしくは「反抗だなんて!キィー!」となるのではなくいろいろな意見があることを示してみるのはいかがでしょうか。意味が分からなくても説明してみましょう。そうなのね、これが嫌だったのね。それならママはこう思うわと。できるだけお子様の意見に寄り添ってみてください。しかしどうしてもできないことはこうだからできないと説明しましょう。最初の断る理由は痛いから、などの命にかかわることしかわからないかもしれませんが繰り返すうちに成長も伴い、「急いでいるからできない」が理解できるようになっていきます。お子様の成長を信じて1年後を見据えてお子様の意見に付き合ってあげるとその一年後には親子の信頼関係もより深いものとなるはずです。

・イヤイヤ期の親子のかかわり方がこれからの長い親子関係を作る

可愛かった赤ちゃんが今はイヤイヤ期になって…そうです、これは成長なのです。イヤイヤと何一つ向き合わなければイヤイヤする意味がありません。イヤイヤと言ったときに自分の意見をママがちゃんと聞いてくれた、向き合ってくれたという経験がその後のお子様の成長にかかわります。
そしてイヤイヤ期はいつまであるの?と嘆いているお母さん。きちんと向き合っていくにつれてイヤイヤは落ち着いてきます。だいたいの子どもが2歳後半には落ち着き、どんなに遅くても3歳ころには終わるはずです。

・専門家は気づいている「イヤイヤ期」と呼ぶことにより悪いイメージになっている

イヤイヤ期は大人にとって困った時期。しかしこれを経て自分以外の人とのかかわり方や我慢の仕方を学んでいきます。ただ耐え忍ぶだけではもったいないです。イヤイヤ=子どもが質問していると思えば、そうね、帽子曲がってるの嫌ね、どうしようかという余裕も生まれるのではないでしょうか。もちろん子育ては大変です。ときどき大爆発してしまうかもしれません。しかし心の片隅にそんなこともおいておいてください。専門家もこの時期の大切さを提唱する方が多くいらっしゃいます。そして違った呼び方をするべきだという方もいます。呼び方も大切ですができるだけ多くのママたちがイヤイヤ期=ママも嫌な時期と思わず、将来の優しい大人になるための準備と思って接することが大切だと思います。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

赤ちゃんや子連れでの帰省や旅行で準備しておくと便利なもの5選

赤ちゃんや小さな子連れでの帰省や旅行は移動時が1番気を使いますよね。そんな時にあると便利なものアイテムをご紹…

sumomomama / 3342 view

価値観の違いによりトラブル多発!嫁VS姑間の関係を良好に保てる5つの方法

いつまでも本当の親子の様になるのは不可能な嫁と姑。 特に育児に関する価値観の違いによるトラブルは、避けては通…

HF-LIFE / 2975 view

絵本の読み聞かせはいつから?はじめての絵本選びのポイント

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは言葉もわからないだろうし読み聞かせの意味があるのか。いつ頃から始めるものなのか…

sumomomama / 3215 view

一人で悩まないで!子育でストレスを溜めない為には?

新米ママは慣れない子育てと不安の毎日で、パパの理解を得たいと思うことでしょう。今回は乳児期と呼ばれる0歳から…

HF-LIFE / 5816 view

子供が目を輝かせる!絵本の読み聞かせをすることのメリット

子どもに本を読んであげることで、どんなふうに子供に影響するのか、また、どんな風に読んであげれば「読み聞かせ」…

りょうみママ / 3438 view

A型?B型?ライフスタイルにマッチするベビーカーの選び方

現代のベビーカーは、ライフスタイルに合わせて選べる様々な商品が発売されています。A型かB型どちらを選ぼうか悩…

kanakuma / 3829 view

国内最少!持ち運び便利でとっても軽い!!コンパクトベビーカー『ポキット』

ベビーカーの持ち運びって、なかなか負担になるものです。でも3歳までは、ベビーカーは必要不可欠な存在!!少しで…

HF-LIFE / 11260 view

悩んでいるママがいっぱい!赤ちゃんのガンコな便秘対策法

月齢を問わず、赤ちゃんの便秘に悩んでいるママは、結構多いのでは?個人差があるとは言え、何日もうんちが出ていな…

tikatika / 3513 view

何読もう?読み聞かせ童話・昔話10選

町の本屋さんや図書館には、子供向けの本がたくさん!子どもの頃に見覚えのある懐かしい昔話や、パッと目を引く鮮や…

りょうみママ / 6601 view

パパの子育てがより楽しくなる「イクメングッズ」を用意しよう

男の人は、結構「道具」というものに拘りますよね。色々揃えて興味をそそるアイテムをピックアップしてあげましょう…

kanakuma / 11402 view

kokupu

保育士歴10年で2児の母。
保育士、母の双方の目線で多くのお母様方の悩みに触れ少しでもお母様、そして子どもたちの支えになりたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック