◎抱っこひもで起こった事故って?

抱っこひも等に関する事故は、大きく分けて「(子の)転落」「窒息」「(親の)転倒」等が 報告されている

抱っこひもを使っていて起こった事故は国内だけではなく海外でも発生しているようです。

海外では、事故を理由にリコールされた商品もあり
日本よりも早くから抱っこひもの基準を厳しくしている国もあります。

◎抱っこひもでの事故は使い方にも問題があるという意見も

全ての事故が抱っこひもの安全基準が低いせいではないという意見も目立ちます。

●緩めて使っていた
●きちんとパーツをはめずに使っていた
という事故は使う側にも問題があったのかもしれませんが
うっかりしていたというケースもあるはずです。

ヒヤリとした経験は多くのママやパパにありますよね。

どんなに製品への基準が厳しくなっても、
使い方には気をつけなければならないということを忘れないようにしましょう。

◎注意喚起のリーフレットも参考にしよう

東京都など、地方自治体ごとに注意喚起を行っているところもあります。

こうした注意喚起についてまだまだ認知度は低いのですが、
産院や検診の際にリーフレットを配ったり安全指導を行ったほうがよいのではないか
という意見も出ているようです。

今後、抱っこひも指導が検診やママ・パパ教室の内容に加わってくるかもしれませんね。

◎抱っこ紐の新基準はより安心・安全に

抱っこひもの新基準では、
子どもが落下するのを防ぐための安全措置が多く取られるようになっています。

腰ベルトや頭の落下を防ぐ調整具などが必要となります。

つける手間が増えますが、
子どもの安全に関わることなので面倒くさがらずにしっかり装着しましょう。

新基準が制定されていても、あくまでSGマークがつくかつかないかというだけで
全ての抱っこひもに義務づけられているわけではありません。

デザイン性のよい海外製品は販売元の国の基準に沿って作られているので
これから販売されるもの全てが新しい基準に則っているわけではない
ということは理解しておきましょう。

◎SGマークのついている抱っこひもはコレ

そもそもSGマークとは「Safe Goods」の略称で製品の安全を保証するものです。
日本独自のものなので、海外ブランド品にはついていないことも多いので
SGマーク付きでなければいけない、ということではありませんが
より安全、安心を求めたいという人はチェックしてみるといいかもしれません。

現在、SGマークのついている抱っこひもの一部をご紹介するので
抱っこひも選びの参考にしてみてください。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【妊娠するとお祝い品】大阪で始まる妊娠祝いとは?

妊娠すると市からお祝い品がもらえる、という取り組みを始めた大阪富田林市。今、大注目のマタニティボックスについ…

nana2boys / 6961 view

給食費を3ヶ月未納で『給食停止』!学校での生活に支障を来すこどもの現状

給食費の未納が相次ぐ中で、3ヶ月未納が続いた場合は、給食停止になると言う取組が実施されはじめました。

HF-LIFE / 4611 view

一人親のこどもの二人に一人は貧困。現代の子供の貧困問題

子供の貧困問題は、現代の日本で実際に起きている問題です。他人事だと思わず、まずはどんな問題が起こっているのか…

kanakuma / 2021 view

今話題の「高所平気症」についてまとめています

最近、子どもがマンションから転落するという痛ましい事故が増えていますが、その原因としてあげられている「高所平…

さくらしまこ / 18198 view

簡単なのに美味しい!子供も喜ぶクリスマスパーティー料理

大人も子供も楽しい気分になるクリスマス♡家族や友人とクリスマスパーティーをされる方も多いのではないでしょうか…

sumomomama / 2363 view

【関西】家族で行く!冬のイルミネーションが素敵な観光スポット

冬になると寒くて家で過ごしがちになりますが、この季節ならではの綺麗なイルミネーションを見に行きませんか?関西…

sumomomama / 2661 view

【ハロウィン】こどもの衣装はプチプラで楽しもう!男の子編

ハロウィンのイベントといえば仮装ですよね!こども達にも可愛く仮装させてあげたいけどそんなにお金も労力も使えな…

sumomomama / 3484 view

子どもの貧困率は16%!?日本の現状と対策について考えたい事

日本は他の国と比べて裕福なイメージがあるかと思いますが、子供の貧困という面で考えると状況は悪化していると言わ…

いっち / 5879 view

【ハロウィン】こどもの衣装はプチプラで楽しもう!女の子編

ハロウィンはこども達も大好きなイベントですよね。特に女の子は可愛く変身できる仮装パーティーに興味津々です。で…

sumomomama / 5279 view

【その不安、あなただけじゃありません!】27年版の厚生労働白書から見た現代日本の子育…

平成27年度版の厚労白書が厚生労働相から報告され、その内容が明らかとなりました。その中には、「子育てに不安を…

nana2boys / 3062 view

nana2boys

プロフィールの閲覧ありがとうございます!
2011・2013年生まれの2男児の育児に
日々追われるママです。
大学で乳幼児発達を専攻していたので
幼稚園教諭と保育士免許を持っています。
卒業後は幼稚園や保育園と企業のいいものをつなげる
お手伝いのようなお仕事をしていました。
子どもと楽しく、ママやパパがストレスを溜めずに
過ごせるような情報をまとめていきたいと思います♪
育児は十人十色、色々な方法や技を試して
それぞれのご家庭の「我が家の法則」を作っていく
サポートになれば嬉しいです!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック