現代の日本に置ける子供の貧困問題を知っていますか?

あまりに酷い日本の「貧困率」、ひとり親の場合は世界トップクラスという現状 「先進国でワースト4の子供の貧困率」

厚生労働相が2014年7月に発表した「国民生活基礎調査」によると、子供の貧困率は16.3%に。つまりこれは、日本の子供の6人に1人、約326万人が貧困状態になるのです。

これは過去最高の数値といえます。
生活に困っている人を困っていない人が助けるのが、本来の所得再分配。ところが、給付や負担の基準が所得ではなく年齢なので、若年層は低所得でも給付が受けられず、高齢者は高所得でも負担が軽減されるという不公平が生じている」と、小塩隆士・一橋大教授は指摘する。

これが豊かな先進国と言われる日本の現状です。社会保障機能が高齢世帯に偏り過ぎていて、困窮する若年層という図式が生じています。これを知らない、関係ない、貧しいのは自己責任だという言葉で片付け、目をそらしていては何も解決しません。まずは知る事から始めてみませんか?

子供は、自らSOSを発することができない。訴える術がない

万引きで補導されたのは3歳の保育園児だった。2012年春、西日本のスーパーマーケット。ズボンとシャツのポケットにあめとチョコを詰め込み、背中にロールパンの袋を隠していた。
関東の高校1年の女子生徒(15)は2年前、東京・新宿のレンタルルームで売春し、男から5千円を受け取った。「これで上履きが買える」と思った。
2014年9月、千葉県銚子市の県営住宅で、一人のシングルマザーが中学生の娘を殺害した。貧困状態にあった母親は、2年にわたって家賃を滞納しており、強制退去の対象となっていた。生活保護の相談に福祉事務所を訪れたこともあったが、利用には至っていなかった。

子供の貧困は読むだけで悲しい記事がたくさんあります。こういう一つ一つの記事に関心を持つ事、そこから日本に住む一人一人が考えていかなくてはなりません。未来を担う子供たちを社会で守っていく事が大事です。

貧困の連鎖。一時的な支援と長期的な支援を

子どもの貧困の問題は、親とのコミュニケーションの機会や適切な教育環境が剝奪され、結果的に社会から排除されること

まずは、お腹が空いている子供にはそれを満たす支援を。適切な教育を受けられない子供には、教育の場を。でも、それだけでは、どうしても貧困の連鎖は止まらないのです。子供たちには、「道筋」が見えないのです。なので、躓いてしまった時に間違った道を選ぶ事を繰り返してしまいます。貧しくて児童養護施設に入れられた子供は、大人になって子供を産んでまた自分の子供を児童養護施設に入れる事も多いのです。

解決の糸口は子供自身の「自己肯定感」を高める事

貧困や虐待のなかで育っても、長い間困難を抱える子もいれば、自立のチャンスをつかんでいく子もいる。埋橋教授らは、その違いに着目し、「支援の糸口がある」と考える
「所得の低い家庭の子は自己肯定感が低い」という相関性と、「家族や教員との関係がよい子の自己肯定感は、そこまで低くならない」という点。「人との関わりで自尊感情を高めることができることが見えた」

 家族から虐待を受けるなどして児童養護施設で育った子の自己肯定感はどうか。子どもの傾向で目立つのは「自分が悪い」「良い子になれば迎えに来てくれる」といった自己否定の思考。職員との信頼関係を築き、入所理由や幼少時を振り返り、「ここにいるのは自分のせいではない」と確認すると、過去と決別して自分の人生を歩めるケースも見られたという。施設退所後は、支援が途切れると自尊感情が低くなる傾向も見え、「継続的によりどころがあることが効果的」とわかった。

子供の貧困問題に動いた高校生



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【ハロウィン】こどもの衣装はプチプラで楽しもう!男の子編

ハロウィンのイベントといえば仮装ですよね!こども達にも可愛く仮装させてあげたいけどそんなにお金も労力も使えな…

sumomomama / 2635 view

ふるさと納税の魅力を徹底解説!寄付して確定申告で還付・控除

2008年から開始され、徐々に利用者を増やしている「ふるさと納税」。皆さんは利用しているでしょうか?本記事で…

いっち / 2789 view

【妊娠するとお祝い品】大阪で始まる妊娠祝いとは?

妊娠すると市からお祝い品がもらえる、という取り組みを始めた大阪富田林市。今、大注目のマタニティボックスについ…

nana2boys / 6111 view

進化する太陽光発電!注目を集める水上メガソーラーの可能性

太陽の光で電気を作る太陽光発電は、省エネに効果が高いことから注目を集めています。 そんな太陽光発電は日々進化…

Linda58 / 56 view

『家事代行』は専業主婦の利用が5割超え!お願いできる家事の内容や価格って??

家事代行を利用する人は、専業主婦に多いことを御存知でしょうか? 家事代行をお願いするのは、単に家事をしてもら…

HF-LIFE / 5563 view

ランドセルが大人気!?多目的に使用される驚きの実態とは?

小学校進学に欠かせない存在のランドセルですが、現在は少し違った使い方で人気を集めています。 今回は、多目的に…

HF-LIFE / 6249 view

【関東】家族で行く!冬のイルミネーションが素敵な観光スポット

空気が澄んで綺麗なイルミネーションが見れる冬。この季節でしか味わえないイルミネーションが綺麗な観光スポットを…

sumomomama / 2059 view

幼児期に気をつけたい、起こりやすい事故の傾向!まとめ

親御さんがちょっと目を離したすきに起こってしまう事故。 気をつけてあげたい事柄について、まとめてみました。

akimama / 4064 view

こんなものまである!ママにオススメの「ふるさと納税特産品」

実質2000円でいろいろな特産品が届く、ふるさと納税に興味がある人は多いのではないでしょうか?今回は数ある特…

sumomomama / 2898 view

日頃の感謝を込めて♡旦那様へのおすすめクリスマスギフト5選

いつも家族のために頑張ってくれている旦那様へ感謝を込めてクリスマスプレゼントを贈りましょう♪旦那様へのおすす…

sumomomama / 1616 view

kanakuma

待機児童激戦区に住んでいる2歳児を育児中の主婦です。育児を通して感じた事を活かし、少しでも皆さんのお役に立てる記事を執筆できるよう頑張ります。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック