母子別室とどこが違うの?

母子別室と母子同室は全然違います!

母子別室と母子同室は全然違います!

簡単に言えば、産後に赤ちゃんと別室か同室かという違いなのですが、ママにとっても赤ちゃんにとっても、この2つの体制では大違い!日本では、どちらかと言えばまだ母子別室の方が多いのですが、欧米では既に母子別室の産院はありません。

母子別室だと赤ちゃんを預かってくれるんだよね?

母子別室だと赤ちゃんを預かってくれるんだよね?

母子別室の場合、産後は赤ちゃんを看護師さんが預かってくれて、お世話してくれます。ママは授乳の時間に、赤ちゃんのお部屋に行けばいいだけです。出産直後は、後陣痛や疲労により、ゆっくり寝たいところですよね。別室の場合であれば、授乳の時間以外はママ一人の時間なので、ゆっくりしていられるところが特徴的です。

母子同室だと眠れないって聞いたけど。。。

母子同室だと眠れないって聞いたけど。。。

母子同室は確かにゆっくりと寝ることは難しくなります。出産直後から同室を言われる産院もあり、産後しんどくても赤ちゃんと一緒です。そしてお世話も全て、一緒にいるママがすることになります。しかし母子同室の場合だと、産院退院後には一通り赤ちゃんのお世話ができるようになっているので、新米ママにとっては不安要素が少なくなります。

出生後30分以内に初めての授乳を行うこと、また、赤ちゃんが欲しがる時に欲しがるだけ授乳することで、母乳分泌が促進されることが、研究によって明らかになっています。

初乳が出る3~4日目までに、たくさん吸わせておくことが母乳育児のポイントです。 

新米ママには母子同室がオススメ!

母子同室のメリット

母子同室のメリット

母親としての実感が湧きやすいですよ♪母子同室の場合は、いつでも母乳をあげられる環境なので、母乳指導を徹底しています。あと産まれたばかりの壊れそうな赤ちゃんのオムツ交換は、意外と難しいもの!でも毎日1週間するから、ちゃ~んとできるようになるし、わからないことがあれば、すぐに看護師さんに聞けるのです。

出産前は、疲れているのに体力がもつかと心配していましたが、助産師さんの「自宅に戻ったらすべてやるのだから慣れておいた方が後が楽です」という言葉になるほど、と思いました。

私は母子同室の産院だったので、一人でお世話ができるようになって助かった~!!と常に思っていました。

産後の回復が全然違います

産後の回復が全然違います

帝王切開での出産の場合であれば、長期に渡り悩まされる痛み(約1ヶ月程度)ですが、母子同室の場合、痛くても寝ていられません。哺乳瓶を取りに入ったりなど、頻繁に動き回ります。そのことにより、5日目頃からは普通に歩くことができるようになります。最初廊下で他の人を見ていた時に信じられませんでしたが、1日1日驚く程のペースで回復していきます。

許可が出たら、点滴棒にすがってでも、痛みでおばあさんのような歩き方になりながらでも、とにかく自力で動く。私はそうやって帝王切開後5日で退院し、その日の夕食から自分で作っていました。それでも「無理をして」という感じではなく、動けるから動く、という感じでした。

友達たちの話しを聞いていても、動いていた人と、そうでない人の痛みがなくなるスピードは全然違いました。

産後から眠れないのはやっぱり辛い。。。

ゆっくり寝たい!しんどい!!

ゆっくり寝たい!しんどい!!

大部屋の場合、他のママや赤ちゃんも一緒になるので、当然一人泣きだすと、皆泣きだして寝不足続きになります。他にも同室に家族の面会が多い人がいる場合だと、常に会話が聞こえてきて、うるさくて眠れない!というママもいます。あとは、授乳の感覚をママにも指導することを目的として、必ず3時間間隔での授乳を徹底されますので、病院の考えに振り回されている!と不満を持ってしまうママもいます。

~ さいごに ~

母子同室を実際に体験してみて

母子同室を実際に体験してみて

最初は母子同室の存在を知らなくて、後期に入る直前に産院を変更!産後は、やはりしんどくて、今ぐらい寝かせて!と感じることもありました。しんどければ、いつでも預かってもらえるのですが、預かってもらいにくい雰囲気もありました。でもあの時同室で無ければ、こんな時どうしたらいいの?という悩みで、帰宅後は不安だらけだったんだろうなって思います。後は、赤ちゃんと密着できるので、しんどいながらも赤ちゃんがいると癒されますよ。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 7847 view

妊娠中に薬は飲んでいいの?体調が悪い時はどうしたらいいの?

妊娠中に体調を崩してしまったりすることもあるかと思います。そんな時、市販の薬を飲んでいいのか?病院は何科に行…

yoc97★ / 3462 view

妊娠する前に知っておきたい、胞状奇胎とは?その原因や症状

胞状奇胎という言葉を聞いたことがありますか?妊婦さんの500人に一人の割合で発症するというものです。その原因…

ReilyLady / 4567 view

いよいよ出産!陣痛が来たらするべき事と出産までの流れ

陣痛が来たらどうしたらいいの?出産までの流れはどんな感じ?など初産のママは気になる事、不安な事は山のようにあ…

花央 / 19193 view

助成補助や医療費補助はあるの?気になる妊婦健診の費用のこと

妊婦健診の費用は、病院や自治体の補助によって大きく変わります。でも、相場や検診の頻度を知っておきたいものです…

ReilyLady / 3436 view

妊娠中でも気を付けたい妊婦さんに歯科検診をおすすめしたい理由

ちょっと口内環境がよくないのが気になる…でも、歯とはいえ妊娠期間中に治療しても大丈夫なの?そんな不安をお持ち…

tokakko / 4570 view

卒乳・断乳の上手な進め方や、おっぱいのケア方法をレクチャー

「卒乳・断乳」は赤ちゃんをおっぱいで育てているお母さんがいつかはぶつかる問題なのではないでしょうか?自然と赤…

kaeru_5 / 3165 view

産休はいつから取れる?産休制度はワーキングママの強い味方!

出産しても働きたい!という女性にとって産休制度はとても心強い味方です。安心して新しい家族を迎えられるよう、い…

hinamama / 3865 view

症状は?手術の方法は?もしも子宮外妊娠になったら

子宮に着床するべき受精卵が、何らかの原因で卵管や卵巣、腹膜などに着床してしまう「子宮外妊娠」。これは、残念な…

tikatika / 6344 view

赤ちゃんの名前を決めるときに気をつけるべき5つのこと

待望の赤ちゃん、名前はもう決まりましたか?「名づけ」は親から赤ちゃんへの一番最初のプレゼント。一生モノだから…

snowsnow / 4513 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック