高齢出産には、こんなリスクがあると言われています。

20代でハイリスクの出産になる人もいますし、40代で初産をかるくクリアしちゃう人もいるんですよ

20代でハイリスクの出産になる人もいますし、40代で初産をかるくクリアしちゃう人もいるんですよ

まずは、高齢出産のリスクをきちんと理解して、不要な心配でストレスを抱える事を回避したいですね。

まずは 『妊娠高血圧症候群』

これは、2005年以前には「妊娠中毒症」と呼ばれていたもので、妊娠によって母体の血管や内臓にかかる負担が大きくなることが原因で
高血圧やたんぱく尿などを引き起こす。



35歳以上で、血管が老化しつつある女性がなりやすいと言われています

35歳以上で、血管が老化しつつある女性がなりやすいと言われています

“重症化すると胎盤の機能が落ちて胎児の発育に影響が出たり、
分娩時に大量出血したりする可能性が高くなるので注意が必要だ。”

しなやかな血管を目指しましょう

血管のメンテナンスにおいて大切なのが食生活と運動。特に食事は何を摂るかで血管の内皮細胞の若々しさが違ってきます。
塩分や糖質、脂質の摂り過ぎには注意が必要ですが、血管のために積極的に摂りたいのが抗酸化成分です。

血管にとって活性酸素は内皮細胞を傷つける天敵のようなもの。様々な抗酸化成分を含む野菜や果物を摂る習慣は、血管の内皮細胞の保護に役立ちます。
 その代表が、オリーブオイルや赤ワインのポリフェノール、トマトのリコピンなど。こうした食材がそろう 「地中海式食事法」は、
大変理にかなった一つの食べ方だと思います。
取り入れると良い3つの生活習慣

取り入れると良い3つの生活習慣

高血圧、蛋白尿、浮腫・・。3大症状、予防のためには

妊娠中の体重増加の目安
妊娠前やせていた人の体重増加 =9~12kg
普通の体型の人の体重増加 =7~10kg
太っていた人の体重増加  =5~7kg
バランスのとれた食事…

カロリーの目安を知っておきましょう!
妊娠初期 2000カロリー/1日
妊娠中期 2250カロリー/1日
妊娠後期 2450カロリー/1日

妊娠中は、食塩として1日10g以下を目安にします。
適度なスパイス、お酢などを使って、塩分が少なくても食べやすい料理を考えましょう

交感神経が緊張すると血圧が上昇するので、
リラックスできる生活を!

『流産のリスク』が高まります

全妊娠の自然流産率(10~15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。

主な原因として卵子の老化、またそれに伴う胎児の先天異常があげられるでしょう。

流産は悲しいことですが、100%の予防策はありません。自然の厳しい一面であり、また若い人も10人に1人は経験することです。
妊娠を考えた時点で、質のいい卵子を作るための食事を意識しましょう

妊娠を考えた時点で、質のいい卵子を作るための食事を意識しましょう

卵子の質をあげるための生活

●体を冷やさない
女性に多い冷え性は、卵巣の機能低下を招くので、冷たいものの取りすぎを避け、できるだけ体を温める服装を心がけよう。
一日の終わりに、ぬるめのお湯にじっくりと浸かるのもおすすめだ。

●ストレスを溜めない
活性酸素を発生させて生殖細胞をサビつかせるストレスの存在も見逃せない。
現代社会に生きていれば誰だって多少のストレスは抱えるものだが、あまり溜めすぎると卵子の老化につながってしまう。

●ミトコンドリアの活性化

『染色体異常』もリスクとなっています

引用~

“受精卵の染色体異常のリスクは加齢とともに跳ね上がるので、無事に妊娠に至ったとしても途中で流産してしまったり、ダウン症児が生まれたりする可能性が高くなるのだ。”

葉酸は母体にとても大切な栄養素なんですね

貧血にも注意、妊婦さんのツイート



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【2人目妊娠!?】パパにして欲しい6つのサポート

上の子がいる中でのマタニティー生活は第一子のときとはまったく違った悩みも出てきます。あの頃は一人だったから乗…

nana2boys / 7651 view

排卵日も病気も教えてくれる!意外と知らないオリモノのこと

普段、あまり意識して生活することがないオリモノですが、女性の体内で起こっていることを、いろいろ教えてくれる、…

tikatika / 5250 view

「食べづわり」がツラい…妊娠中の体重増えすぎを抑える方法は?

食べられないというのが「つわり」の一般的なイメージです。しかし「食べ続けていないと気持ちが悪くなってしまう。…

ひらり / 2380 view

術後はどうしたらいい?帝王切開の傷跡のケアや過ごし方について

自然分娩と帝王切開では、出産後の過ごし方も変わります。どれくらいで退院できるのか、赤ちゃんへの授乳はどうした…

ReilyLady / 2499 view

良質なベビー服をお得に買える人気アウトレット5選

赤ちゃんに着せるベビー服。やはり良質なブランドの服はおしゃれで長持ちします。お祝いのギフトにも喜ばれますよね…

pippo / 7292 view

本当に買って良かったベビー用品5選

無数にあるベビー用品の中で本当に買ってよかったものを5選。

reichel / 3928 view

症状は?手術の方法は?もしも子宮外妊娠になったら

子宮に着床するべき受精卵が、何らかの原因で卵管や卵巣、腹膜などに着床してしまう「子宮外妊娠」。これは、残念な…

tikatika / 3882 view

経験者は語る!「実録」乳腺炎のしこりと症状、その対処法とは

母乳育児をしていても起こりうるのが「乳腺炎」です。実際に私の身に起きた乳腺炎の体験談を含めながら、前兆や症状…

ReilyLady / 2440 view

今更聞けない、出産祝いのお返しや内祝いのマナーや中身のこと

出産祝いやお返し、内祝いってみんなどうしてる?意外と知られていないマナーや中身のことをまとめました。

ReilyLady / 2672 view

【新米パパ応援】ママと一緒に素敵なイクメン計画

赤ちゃんはママのお腹の中で、ゆっくりと成長していきます。 でもパパがその経験を望んでも、それはできないことで…

HF-LIFE / 6534 view

さくらしまこ

外科病棟看護師として5年間働いておりました。

結婚を機に退職、3人の子供の子育てに奮闘中です。
仕事の経験、子育ての経験、末娘が重度知的障害があるため福祉との関わりを元にしたまとめ記事の作成を得意としております。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック