『ファミリーサポートセンター』制度について詳しく知りたい!

共働き世帯が増えたことで、保育施設や学校などのお迎えが、どうしても行けないことってありますよね。そんな時にサポートしてくれるのが、この制度なのです。利用料以外の登録料や、年会費は必要なく、会員登録している方は、センターでの子育て支援における実習を受けた方になります。

ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです

厚生労働省が取決めを行なっているもので、一定の基準が定められており、ネットなどのよくわからないサポートを利用するよりは、安心して利用できます。

どんな内容の支援をしてもらえるの??

支援内容は主に、送り迎えと、一次預かりなのです!

” 育児の援助
・ 保育所までの送迎を行う
・ 保育所の開始前や終了後の子供を預かる
・ 学校の放課後や学童保育終了後、子供を預かる
・ 学校の夏休みなどに子供を預かる
・ 保護者等の病気や急用等の場合に子供を預かる
・ 冠婚葬祭や他の子供の学校行事の際、子供を預かる
・ 買い物等外出の際、子供を預かる など

引用:http://www.jaaww.or.jp/service/family_support/index.html
  『一般財団法人 女性労働協会』

いせファミリー・サポート・センター会員募集中 - YouTube

出典:YouTube

今回は伊勢市を代表として、紹介します。地方自治体により、規定内容が少し変化する可能性もありますので、利用する時には、センターからもらえる資料により、サポート内容を把握しておきましょう。

便利な制度だけど、問題点もあります

・ファミリー・サポート・センターの事業は、その支援の内容も、利用者が支払う料金も、自治体(市区町村)によって異なります。
・『ファミリー・サポート・センター事業の最も大きな課題は、利用会員に対して協力会員の数が絶対的に不足している点です。
・事前の打ち合わせが面倒”とか“書かなければいけない書類が多くて寸暇を惜しんで働いている身としては煩わしい。

協力会員にはなりたいけれど、実際にこどもを預かるにあたり、ケガや事故の心配をしてしまい、なかなか会員として活動できない人もたくさんいるようです。
その他にも、やはり晩ご飯の支度をする時間帯になると、どうしても預かって欲しいという人や、夜間でも預かって欲しいという利用会員まで出てきてしまい、なかなか断りにくくなってしまうので、最終的に協力会員を辞めてしまう人も後を絶たないようです。

・保育施設や大手ベビーシッターほどの「安定感」はないし、いい人が見つかるかどうかも分からない。
・登録は平日昼間のみ(センターへ直接行く必要あり)、援助者との顔合わせも原則は平日昼間と使い勝手の悪い面はある。

援助者と利用者の顔合わせには、ほとんどの場合が職員つきなので、平日の昼間となってしまいます。会社員の人には、厳しい条件となります。。。

『ファミリーサポートセンター』を実際に利用する人の話し

・料金は時間制で、1時間750~1000円だから格安といえる。
・当日、子供がどういう反応を示すか、そこが気がかりだった。しかし実際には泣くこともなく、大層ご機嫌で帰ってきたのだという。今後も大いに利用したいと思う。

料金体験はほとんどの自治体が、1時間700円~800円程で行なっているようです。そして1時間以降は30分毎に、1時間分の半額を支払うようにしているところが多いです。

最初は子どもが懐くか心配しましたが、打ち合わせをしているときに子どもに声をかけ遊んでくださるUさんの姿に安心しました。こういった素敵な出会いのきっかけを作っていただいたファミリー・サポート・センターのことを、もっと多くの働くお母さんに知ってもらいたいと思います。

新たな出会いもできることや、会社でも安心して働けることが、この制度の魅力です。

都合が悪い時は手分けして預かります。といって下さり、非常に安心したのを覚えています。

子育ては、協力して行なうものと言う話しを聞きますが、まさにその通りですよ。

~ 最後に ~

便利な制度であるからと言って、頼りがちになってしまうことは、よくないことです。でも子育てをしていく中では、どうしても預かって欲しいという時があるのです。そんな時にほんの少しの時間でもいいので、こどもを預かってもらえることができるという安心感も、ママには必要だと思います。なんでも一人で背負い込んでしまって、結果的に良くない方向に進むこともありますし、便利な制度はフル活用して、良い育児の為に、ママの負担を和らげることも大切ですよ。子育てママを応援しています。頑張って!!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

上の子に読んであげたい♪5冊の絵本

弟や妹が産まれると、上の子は赤ちゃん返りをしてしまったり、親が気が付かないところで我慢してしまうことも多いそ…

akimama / 3877 view

1歳の子供が気に入っていた、積み木などボーネルンドのおもちゃ6選

ボーネルンドのおもちゃが好きで、併設の遊び場『キドキド』にもよく行っていました。可愛いおもちゃをご紹介します…

akimama / 15954 view

現代人は金銭感覚がない!!子供の金銭感覚を育てるために出来ること

現代の人は、金銭感覚の無さが目立つと言われています。 子供が将来的に金銭面で困らないためにも、両親ができるこ…

HF-LIFE / 2132 view

おしりふきケースおすすめ5選♪可愛く便利に持ち運ぼう!

赤ちゃんとお出かけするときの必需品、おしりふき。清潔・便利に持ち運ぶために、おしりふき専用のケースがおすすめ…

tujico / 2106 view

PTA突撃インタビュー第1弾プラス:インタビュアー紹介

PTA役員・元役員のみなさんに突撃取材!最初は嫌だったけど、楽しく過ごせたという本音と理由について詳しく聞い…

famimo編集部 / 891 view

赤ちゃんや子連れでの帰省や旅行で準備しておくと便利なもの5選

赤ちゃんや小さな子連れでの帰省や旅行は移動時が1番気を使いますよね。そんな時にあると便利なものアイテムをご紹…

sumomomama / 1401 view

卒業式と入学式は違う!素敵なママになれる『卒業式ファッション』基本の考え方5選

入学式と卒業式での、全く同じファッションは好まれません。 それは、入学式と卒業式では、式の格が違うからです。…

HF-LIFE / 1855 view

詰め込みすぎはNG!お稽古ごとのしすぎで、やる気をなくすこどもが続出!!

最近詰め込み教育が人気のようですが、この教育方法は果たして必要なのでしょうか?

HF-LIFE / 4912 view

今、ママたちに注目されているボーネルンドの「キドキド」って?

子供にとって「遊ぶ」ということは人間性・社会性を身につける上でとても大切なことです。しかし、現代では昔とは違…

kaeru_5 / 621 view

育児中の悩み。母乳育児をすることのメリットやトラブルについて

育児にはいろいろ悩みが尽きませんが、母乳かミルクか、悩むママさんたちも多いですね。あくまでも個人差のある母乳…

りょうみママ / 1564 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック