「破水」って何?

子宮の中の赤ちゃんは、約38℃の羊水で満たされた、卵膜という袋の中で成長します。
外からの衝撃を吸収し、快適な環境を維持する役割があります。

また、陣痛が起こると卵膜が破れ、羊水が膣に流れ出します。
これが「破水」で、羊水は、胎児が子宮から出てくるときの潤滑油の役目をします。

破水した羊水は、正常だと透明か薄ピンク色、緑っぽく濁っているときは危険です。

前期破水

本来は陣痛がピークになる頃に破水が起こりますが、陣痛が始まる前に、卵膜の一部が破れて羊水が少しずつ流れ出ることを「前期破水」と言います。
これは、約30%の妊婦さんに見られることなので、怖がらず、冷静に対処しましょう。

34週以前に前期破水が始まった場合、赤ちゃんの発育が不十分なので、できるだけ子宮にとどめる処置をしますが、状況によっては、すぐに分娩ということになります。

高位破水と早期破水

「高位破水」とは、子宮上部の卵膜が破れて破水すること。
通常の破水に比べて、流れ出す羊水の量が少ないので、気づかないまま妊娠が続くことも。

「早期破水」は、陣痛は始まっているけれど、子宮口が開いていない段階で破水すること。
子宮口が開くまでの時間はかかりますが、問題はありません。

破水かも!と思ったら

破水の見分け方

妊娠中に起こりやすい尿漏れと区別がつかないかも、入浴中だったらわからないかも…というのが不安な点ですよね。

何かが割れる音がして羊水が大量に出る場合はわかりやすいですが、少しずつ流れ出ることもあります。
羊水は、尿のようなにおいがなく、自分の意思で止めることができません。
また、立ったり座ったりしているときより、横になっているときのほうが多く流れ出るようです。

迷うようなら、産院に連絡してみましょう。

するべきこと

夜用など、吸収力のある生理用ナプキンか、タオルを当てます。
量が多いときは、バスタオルを腰に巻くといいでしょう。

まず産院に、次に、家族に連絡します。
車かタクシーの手配をして、横たわって安静にして待ちます。
落ち着いて、産院に向かいましょう。

してはいけないこと

前期破水で一番心配なのが、細菌感染を起こすことです。
流れ出た羊水を伝って、膣から子宮へと細菌が達すると、胎児に感染が及ぶ可能性があるので、破水したら入浴やシャワーは厳禁です。

羊水が出てしまうので、なるべく体を動かさないようにします。

前期破水を起こさないために

子宮内感染を起こしていると、子宮がもろくなって卵膜が破れやすくなるので、感染症は早めに治療しましょう。
激しい運動や、重い荷物の上げ下ろしは、子宮の収縮を引き起こし、卵膜が破れる原因になるので注意しましょう。

突然の破水で焦らないために

妊娠中、特に37週が過ぎたら、いつお産が始まっても不思議ではないので、それまでには出産準備を済ませておくこと。
さらに、破水を含め、出産間近に起こりそうなことを事前に勉強しておくと、いざというときに冷静に対処できます。

赤ちゃんと会える日に向けて、しっかりと備えたいですね!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊娠したい!排卵日を予測できる「排卵日検査薬」とは?

妊娠したいと思い基礎体温を付けていても、なかなかタイミングが難しかったりしますよね。そこでおススメなのが「排…

pippo / 1826 view

安産祈願のマナーとは?初穂料の相場や服装についてレクチャー

日本の伝統的な行事の1つである「安産祈願」!初めての妊娠では、何事も初めてなので分からない事だらけですよね。…

kaeru_5 / 725 view

立ち合い出産がもたらす嬉しい3つの効果

立ち合い出産なんて恥ずかしい!と思いがちなママや、苦しむ姿や、血を見るのはちょっと。。。と思いがちなパパ。で…

HF-LIFE / 4928 view

使わないこともある?よく考えて買いたい出産準備グッズ

赤ちゃんを迎えるための出産準備。張り切って買いそろえたけど、実際あまり使わなかった、他のもので代用できたとい…

snowfairy / 975 view

妊婦さん必見!!妊活中に必要なおすすめサプリ5選

赤ちゃんが欲しいと思い妊活している女性、また妊娠がわかってワクワクドキドキの妊婦さん。そんな方々が必要とする…

ほのりかこう / 2513 view

仕事をしていてもこわくない!?ひどいつわりの軽減方法7選

ひどいつわり。言い知れぬ形で誰かに助けを求めても、一向に解決せず…そんな時に試してみてください。私もひどいつ…

taiママ / 1396 view

妊娠初期のつわりの原因と対処法は?つわりに効く食べ物はこれ!

妊娠を喜んだのもつかの間、その後は幸せオーラを打ち砕くような辛く長いつわり期間が待ち受けています。妊娠初期の…

花央 / 2292 view

知っておきたい子宮頸がん・子宮体がん検診の必要性。

女性なら誰しも「子宮がん」という病名を聞いたことがあると思います。定期的に検査をしたほうがいいような気がする…

nakou / 1691 view

安産祈願はいつがいい?お参りの意味と参拝方法とは?

安産祈願は何となく知っているけどやらないといけないのかな?、やるとしてもいつがいいのだろう?とお悩みの方に安…

oppekeizm / 1848 view

センスが光る♡ママが喜ぶ出産祝いの人気ギフト6選

赤ちゃんやママの喜ぶ顔が見たいからこそ悩んでしまう出産祝いのギフト。ちょっとオシャレで可愛いギフトを集めてみ…

sumomomama / 4269 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック