無痛分娩とは?

無痛分娩とは、麻酔薬を使って陣痛の痛みをやわらげ出産する方法です。
全身麻酔ではなく、局所麻酔なのが特徴です。
しっかりとした意識があり、分娩時には自然分娩と同じようにいきんで赤ちゃんを出産します。
無痛分娩で最も一般的な方法が「硬膜外麻酔」です。
脊髄の近い場所にカテーテルを挿入し、麻酔薬を注入します。
使用する麻酔薬の量が非常に少ないため、胎児に影響がないといわれています。

無痛分娩のメリットは?

無痛分娩のメリットは、なんといってもお産の痛みが軽くなることです。
自然分娩では、痛みのためにお母さんの血圧が上がったり、過呼吸になったりします。
このような状態が長く続くと、胎盤への血液の流れが悪くなり、胎児にとってもかなりのストレスになります。
無痛分娩では痛みが緩和されることで、お母さんの呼吸が安定し、ストレスが軽減され、胎児への影響も少なくなります。
また出産による体力の消耗が少ないため、産後の体力回復も早くなります。
万が一帝王切開が必要となった場合、そのままカテーテルを利用して、直ちに帝王切開の麻酔に切り替えることも可能です。

無痛分娩のデメリットは?

一方で、無痛分娩のデメリットはというと、通常の分娩よりも費用が高くなることです。
あとで費用についても触れますが、無痛分娩は通常の出産と同じく保険が適用されません。
そのため無痛分娩にかかる費用は、通常の分娩費用に加算された金額になります。
また、無痛分娩ができる病院が限られています。
海外に比べ麻酔科医が少なく、24時間体勢で無痛分娩をしてくれるところが少ないため、計画分娩になることが多いです。

無痛分娩は痛みがないの?

痛みの感じ方には個人差があります。
また初産婦か経産婦によって痛みの程度にも差がでてきます。
そのため、同じ濃度の麻酔薬を投与しても、ほとんど痛みを感じない方もいれば、多少痛みを感じる方もいます。

海外での無痛分娩割合は?

フランスやアメリカでは硬膜外無痛分娩は一般的です。
フランスでは経膣分娩をした女性の約80%、アメリカでは経膣分娩をした女性の61%が無痛分娩をしています。
では、日本における無痛分娩の割合は一体どのぐらいでしょうか。
厚生労働科学研究の一環として行ったアンケート調査(2008年)によると、無痛分娩による出産は2.6%と非常に低い数字でした。

費用はいくらぐらい?

気になる費用ですが、通常の出産と同じく保険適用外のため、自己負担になります。(ただし、出産育児一時金の支給あり)
そのため無痛分娩費用は、通常の分娩費用に加えて、個人施設の場合、0〜5万円程度、一般総合病院では3〜10万円程度、大学病院などでは1〜16万円程度加算されます。
ちなみに無痛分娩が普及しているフランスでは、公立病院で出産する場合、妊娠・出産にかかる費用は無痛分娩も含めてすべて保険でカバーされています。

まとめ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

断乳への第一歩!夜間の断乳をうまく乗り切れる方法5選

断乳を決めたら、第一歩として夜間断乳を!できるだけスムーズに、うまく乗り切ることができる方法をいくつかご紹介…

yoc97★ / 4924 view

ちょっと気になる...男女産み分け法ってどんなもの?

赤ちゃんは授かりもの☆健康に生まれてきてくれるだけで十分。それが親の願いですよね。でも、やっぱり少し気になる…

manahaha / 9754 view

術後はどうしたらいい?帝王切開の傷跡のケアや過ごし方について

自然分娩と帝王切開では、出産後の過ごし方も変わります。どれくらいで退院できるのか、赤ちゃんへの授乳はどうした…

ReilyLady / 5291 view

出産を目前にして不安なく過ごすためには?

出産を目前にしたママは不安でいっぱいですね。でも大丈夫!初めてのことで戸惑いはあっても、焦らずに落ち着いて行…

HF-LIFE / 4472 view

お祝いのプレゼントにおすすめ!ボーネルンドのおもちゃ5選

べビちゃん誕生のお祝い。何にしようか本当に悩みますよね。お洋服?食器?おもちゃ?そこでこれをプレゼントすれば…

ほのりかこう / 6982 view

妊活サプリは必要?妊活・妊娠中の食事に【葉酸】が大切なわけ!

「妊活」「妊娠」で検索してみると必ず出てくるのが「サプリ」です。赤ちゃんのことを本気で考え始めたら、急に「栄…

ひらり / 4277 view

赤ちゃんの名前はどう決める?赤ちゃん名づけの5つのポイント

妊娠がわかった皆さまおめでとうございます。これから新しい命とともに幸せが増えていきますね。どんな準備があるの…

kokupu / 4822 view

知っておきたい子宮頸がん・子宮体がん検診の必要性。

女性なら誰しも「子宮がん」という病名を聞いたことがあると思います。定期的に検査をしたほうがいいような気がする…

nakou / 5438 view

妊娠したい方にオススメ!排卵日を知るためのチェッカー5選

妊娠するためには、まずは排卵日を知ることが重要となってきます!基礎体温を測ることも大切なのですが、なかなかコ…

kaeru_5 / 4154 view

赤ちゃんの名前を決めるときに気をつけるべき5つのこと

待望の赤ちゃん、名前はもう決まりましたか?「名づけ」は親から赤ちゃんへの一番最初のプレゼント。一生モノだから…

snowsnow / 5692 view

Le Petit Bateau

フランス在住、3児の母です。
日々の生活を“より楽しく豊かなもの”になるお手伝いができればと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック