便秘の方は何とかして便秘を解消したいとありとあらゆることに手を出されているかと思います。ですが、中々改善されないのが現実です。そこで体の汚れを出すと言われている水素水について調べてみたいと思います。

水素水って何?

水素水とは水素分子が高い濃度で溶けている水のことで、医学的には「水素豊富水」とも言われているそうです。中学校の勉強になりますが、水の化学式は、水素の「H2」酸素は「O」がくっついて「H2O」となります。ということは水は元々水素が含まれているのですが、水素水はさらに水素を含ませたみずのことなのです。

水素水が体でどんな効果を発揮してくれるの?

ここ数年「活性酵素」という言葉が話題になりました。活性酵素自体は体内に侵入した細菌などを取り除いてくれる働きがあり、白血球やマクロファージなどの「免疫機能」の一部として細菌などをやっつけてくれるのですが、これが酸化することで老化や肌の衰え、3大成人病を引き起こす原因にもなるのです。実は水素水がこの悪さをする悪玉活性酵素を取り除いてくれると言われています。

便秘になる原因は?

実は水素水の医学的効果は立証されているかと言うと、医療現場での使用はまだ研究段階のようです。ですが、水素水には悪玉活性酵素を取り除く作用があるということは立証されいるのでこれからの医学の進歩でどうなるかはわかりません。便秘の原因の一つに腸内環境の悪化による悪玉菌の増加によるものだど言われています。

水素水は便秘に効くの?

便秘の原因の一つが悪玉活性酵素の仕業と分かったならば悪玉活性酵素を取り除いてくれる水素水を試す価値はあるのではないでしょうか。水素水で腸内デトックスを行うことで善玉菌を増やし便秘解消を目指したいところです。

水素水の効果をしっかり得るには?

水素水が便秘に効くというのは論理的にはわかりました。では水素水なら何を飲んでもよいというわけではありません。水素水の効果を得るには次の2点をポイントにしてみてください。

①濃度は高い物を選ぶ
調べてみると「○○ppm以上の物を選んでください」と言われていますが、この表示にも様々な意見があります。飲む時に1.0ppm~1.57ppmあれば良いと言われています。

②どのタイプの物で水素水を摂取するか
サーバーあるいは浄水器型、スティック型、パウチ型というのが水素水を摂取する方法です。飲む時に水素が逃げてしまうと意味はなくなります。サーバータイプや浄水器型はコップに移す際に空気に触れるので逃げてしまいます。また初期投資が高額になります。スティック型もやはり作っているうちに水素が逃げてしまいます。実はパウチ型が飲み切りなので、一番効果を得ることができるのではないかと思います。

総合的なことよりパウチ型の水素水をおススメします。

高濃度で水素が逃げにくく飲み切りをクリアするのがパウチ型です。それでは口コミで人気があり、私が実際試してみた水素水をいくつかご紹介します。

◎トラストウォーター

充填時の業界最高レベルの水素濃度3.0ppmを誇り、特殊4層構造のアルミパウチで完全密封されているのがポイントです。200mlの飲み切りサイズも飲みやすいですね。通常購入では1パック300円を超えますが定期便にすることで1パック230円ほどで飲むことができます。パウチタイプでは1番人気です。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

排卵日把握だけじゃもったいない!基礎体温でわかる体のリズム

まるで月の満ち欠けのように変化する、女性の体調や心のリズム。基礎体温で分かることは排卵日だけではありません!…

tujico / 4051 view

家族の食事と一石二鳥!味噌汁でファスティングダイエット

産後ダイエットもなかなか進まないし、手軽にできることから始めたいけど、家族にご飯も作らなきゃだし、家事もしな…

ReilyLady / 7745 view

つらい二日酔い!予防対策レシピまでバッチリまとめてます

梅雨を過ぎればビアガーデンの季節。でも二日酔いにはなりたくないですよね。今回は、二日酔いのメカニズムから症状…

さくらしまこ / 10293 view

急な症状に慌てないために!普段から知っておきたい子どもの病気

突然が子に病気の症状があらわれたとき、どうしても慌てがちになってしまう親御さんも多いはず。いきなりの病気にか…

tokakko / 10500 view

スマホのやりすぎ?現代病・ストレートネックにご注意

現代病といわれるストレートネック。スマホのやりすぎでなってしまう人が多いようです。どんな病気なのか、治し方は…

myia / 5712 view

経産婦のママこそ気をつけたい子宮筋腫、漢方は使えるの?

子宮筋腫は良く聞く病名でも、まさか自分がと思っている方も多いのではないでしょうか?今回は東洋医学の漢方が子宮…

ReilyLady / 4252 view

ツラい運動や難しい知識は不要!?ママに人気の8時間ダイエット

難しい知識も道具もいらないのに、即効性が高いダイエットとして、最近人気が高まっている8時間ダイエット!仕事に…

midori / 4626 view

産後ダイエットの成功の秘訣は、体重を減らす事じゃなかった!

産後ダイエットと聞くと「ダイエット=体重を落とす」と考える方も多いのではないでしょうか。ダイエットで本当に大…

ReilyLady / 4366 view

産後ダイエット中級編!短期集中体幹トレーニング

気休めのダイエットはもうやめませんか?体幹を鍛えて、痩せ体質を手に入れよう!短期集中で体幹を鍛える方法をまと…

ReilyLady / 6090 view

愛するわが子を守るために、SIDS(乳幼児突然死症候群)という病を知ろう

子供の命を急に奪う原因不明の恐ろしい病、SIDS(乳幼児突然死症候群)についてです。

reichel / 7730 view

ほのりかこう

大阪に住んでいます。子供が産まれてから家族で楽しめる情報を集めるようになりました。実際経験した情報も含め、ご紹介できればと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック