国民年金と厚生年金、お得なのは?

国民年金と厚生年金で比較すると、様々な面で得なのは厚生年金です。(平成28年度では)国民年金が月16,260円、厚生年金が月給の18.182%分の保険料を納めます。ただし、半分を会社が負担するので実質は9.091%の保険料となります。

「会社と折半」というのは厚生年金における大きなメリットです。収入に応じて保険料が変動するとはいえ、仮に厚生年金における本人負担の保険料が国民年金と同じ16,260円でも、実質は32,520円となります。これは大きなメリットと言えるのではないでしょうか?

日本の公的年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金(基礎年金)」と、会社などに勤務している人が加入する「厚生年金」の2階建てになっています。

国民年金での老後は厳しい?

国民年金だけだと20~60歳までの40年間の全期間で保険料を納付した場合、月額6.5万円/年間78万円ほどです。夫婦2人が国民年金だと月額13万円ですから、年金だけでの生活は少々心許ないかと思います。国民年金とは別に資産を築く(預貯金はもちろん株式や投資信託等)、あるいは付加年金や国民年金基金、確定拠出年金の利用を検討することをお勧めします。

国民年金(基礎年金)の支給開始年齢は65歳で、納付した期間に応じて給付額が決定します。20歳から60歳の40年間すべて保険料を納付していれば、月額約6.5万円(平成28年度)の満額を受給することができます。

厚生年金なら老後は安心?

一方、厚生年金に40年間加入した平均的な収入だと約15.6万円と言われています(下記の引用参照ください)。配偶者の方が国民年金だけだとしても合算すれば22.1万円になりますから、国民年金だけの世帯に比べればゆとりがあるように見えます。

ただし、これはあくまでもモデルケースです。平均収入に達していない世帯もあるでしょうし、転職や独立(自営業や個人事業主含みます)も珍しくはありません。また、厚生年金は手厚いからこそ本人たちは貯金を準備出来ていないケースもあるようです。

国民年金だけのケースに比べると年金額が高いのは間違いないかと思いますが、それでもある程度の準備を心がける必要がありそうです。

厚生年金に40年間加入して、その期間の平均収入(月額換算した賞与含む)が月42.8万円の場合、受給額は月額約9.1万円の老齢厚生年金と、月額約6.5万円の老齢基礎年金を合計した約15.6万円(平成28年度)になります。もっと詳しく知りたい方は、日本年金機構が提供するねんきんネットのサービスを利用してください

他にもある、厚生年金と国民年金の違い

さらに、障害年金と遺族年金でも違いがあります。まず障害年金について。国民年金の場合、3級の障害だと障害年金は出ませんが厚生年金は支払われます。そして遺族年金も国民年金だと「子供がいる妻」か「子供」が対象となりますが、厚生年金は更に範囲が広くなります(詳細は下記のリンク先もご参照ください)。

このように、厚生年金は国民年金に比べて充実した制度となっています。普段は天引きされているため恩恵を感じにくいかもしれませんが、こういった内容を知ると随分見方が変わるのではないでしょうか?

例えば、傷害基礎年金の2階建て部分である「障害厚生年金」については、3級の障害になった場合には、国民年金の障害基礎年金では年金は出ませんが、厚生年金加入者だと、障害厚生年金(3級)が出るようになっています。

まとめ



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

収入を増やして家計を助けたい!専業主婦でもできる副収入

収入は少しでも多い方がいいですよね。今は家にいても仕事ができる時代です。副収入と言っても何から始めたらいいの…

ReilyLady / 2929 view

資産運用初心者でも可能!株主優待品で子供のおもちゃをゲット!

主婦の間でも大人気の株主優待。今回は子供向けの株主優待品をご紹介いたします。株なんて難しそうと尻込みをしてい…

yoseyose / 4977 view

ドコモのスマホを賢く機種変更しよう!営業員に流されてはダメ!

現在スマホを機種変更する際、大半の人がドコモショップに足を運び、受付の人と話をしながら契約を進めていかれるか…

ピコ / 3262 view

どの会社が人気なの?こどもの将来に役立つ『学資保険』2015年度ランキング

こどもが産まれると将来の進学に向けて、真っ先に考えるのが学資保険への加入ではないでしょうか? しかし数ある保…

HF-LIFE / 4383 view

【なんとか安くしたいっ】冬場の光熱費節約術7選

冬場はどうしても光熱費が上がってしまいます。さまざまなテクニックを使えば、暖房費を下げることはできますが、水…

nana2boys / 3089 view

6つの「お金の流れ」を把握して、余裕を持った生活を!

「お金が貯まらない」といいつつ、「お金の流れ」を把握していない人が多いようです。 ご自身を含め、家族の資産、…

いっち / 3117 view

【確定申告】青色と白色の違いは何?申告の違いを徹底解明!

1月が過ぎると確定申告の準備が始まりますね。確定申告には青色と白色がありますが、この違いは何なのでしょうか?…

カオルくんmama / 2360 view

賢く節税できる♪個人型確定拠出年金iDeCoって何?

基本的には誰でも加入できて賢く節税ができる、個人型確定拠出年金、iDeCoってご存知ですか?知らない方も、名…

ヤギヤギコ / 2304 view

【プチ収入のある人も要注目!】確定申告のアレコレを学んでしっかり対策しよう

確定申告の時期が今年もやってきました。本業以外にプチ収入のある人も、年に20万円以上収入があるなら申告が必要…

nana2boys / 2828 view

子どもが生まれたら考え始めたい、「教育資金」の費用と対策

子供が生まれたら、計画的に教育費を貯め始めたいものです。 では、いつまでに/いくら貯めればよいのでしょうか?…

いっち / 2977 view

いっち

閲覧、ありがとうございます!

仕事一筋でしたが、最近ようやく家族について考えるようになりました。
拙い部分も多いと思いますが、どうかよろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック