マイナンバーの個人情報は大丈夫?

平成28年にスタートし、少しずつ生活に浸透しつつあるマイナンバー制度。役所の手続きや税務でのメリットは多いようですが、個人情報がきちんと守られるのか心配している人も多いのでは?

マイナンバーのことをよく知らないという人も、まったく使っていないという人も、セキュリティについてはきちんと把握しておくと安心ですよ。

その1:マイナンバー情報の「一元管理」は安全?

マイナンバー制度には、それまでバラバラに管理されていた住民登録番号や基礎年金番号などの情報を連携させることで、各種手続きをスムーズにするというメリットがあります。となると「情報が一括で管理されるなんて…漏洩したときが心配!」と思われるかもしれませんが、それは大きな勘違い。

マイナンバーで情報は一元管理されることはありません。ただ、必要なときにマイナンバーを使えば、他機関で管理された情報を照会できるだけ。なので、マイナンバーが漏れたとしても個人情報がまとめて流出することはないんです。

その2:マイナンバーで他の個人情報まで盗まれる?

マイナンバー制度の運用先は、現在のところ、市町村役場や税務署、健康保険組合、金融機関、勤務先などに限定されています。また、利用も税金や年金の手続きなど限られています。そのため、マイナンバーが漏洩したからといって、クレジットカード情報や病歴といったプライベートな情報まで流出することはありません。

マイナンバーの数字だけでは名前や住所などの基本情報が漏れることもありません。ただ、身分証としても使える顔写真付のマイナンバーカードを紛失すれば、免許証などと同じように、ある程度の情報が漏れてしまうので注意しましょう。

その3:マイナンバーカードは通知証より盗まれる情報量が多い?

通知証ではなく顔写真のついたマイナンバーカードを発行した場合には、カードの表面にある名前、住所といった基本情報だけじゃなく、ICチップの存在も気になるところ。実際、身分証として持ち歩く機会が増えれば、それだけ紛失や盗難の可能性も高まるので心配ですよね。

マイナンバーカードにあるICチップには、マイナンバーを使ったやりとりの履歴が残るだけでプライバシー情報は保存されないようです。万が一、暗証番号を解読してICチップを読み取っても、たいした情報を見られないようです。

そもそも、マイナンバーの記載やICチップがあるのは裏面で、マイナンバーカードは裏面を隠したビニールケースに入れて交付されます。たとえ、レンタルビデオ店で身分証明書としての提示を求められても、カード裏面はコピーできないと決められています。

その4:銀行口座にマイナンバーを結びつけたら資産が筒抜け?

義務になる予定は今のところありませんが、平成30年をめどにマイナンバーと金融機関の口座が結びつく予定です。こうなると「役人や金融機関に所得が丸見えになる?」とイヤな気持ちになる人も…。

ただ、マイナンバーを付番する目的は、税務調査や生活保護を申請したときの資産調査、金融機関が破綻したときの資産保全などで、行政が日ごろから資産をチェックしているわけではありません。あくまでも必要なとき、必要に応じて利用される、と考えればいいでしょう。

その5:マイナンバーを見せると罪になる?

マイナンバーを故意に漏洩すると、個人番号の重要性から、個人情報保護法よりもさらに重い罰則によって懲役刑や罰金刑が科されます。

また、マイナンバーは自らの情報漏えいであっても法律違反を問われる可能性があります。たとえば、自分のマイナンバーをブログやLINEなどで公開した場合。もし個人情報保護委員会の命令に背いて公開を続けると、「2年以下の懲役か50万円以下の罰金」になることも…。

セキュリティ問題はしっかり把握しておこう!



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

6つの「お金の流れ」を把握して、余裕を持った生活を!

「お金が貯まらない」といいつつ、「お金の流れ」を把握していない人が多いようです。 ご自身を含め、家族の資産、…

いっち / 2456 view

最近よく聞く個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは何か?

最近よく目にするようになったiDeCo(イデコ)ですが、何のことか知っていますか?年金?投資?自分たちの老後…

ReilyLady / 1261 view

サラリーマンが負担増し!?子育て支援金の拠出金事情って??

子育てにはお金がかかるもの!だから皆多かれ少なかれ、子育て支援金と呼ばれるお金をもらっていますよね。でもこれ…

HF-LIFE / 3056 view

生命保険、医療保険、自動車保険…日本人の保険は掛けすぎ!?

保険は万が一の時に私達を助ける大切な金融商品ですが、一方で日本人は保険を掛けすぎとも言われています。保険とは…

いっち / 2085 view

資産運用初心者でも可能!株主優待品で子供のおもちゃをゲット!

主婦の間でも大人気の株主優待。今回は子供向けの株主優待品をご紹介いたします。株なんて難しそうと尻込みをしてい…

yoseyose / 4287 view

貯蓄を増やすために見直したい家計の固定費・支出ポイント5選

結婚したり、子供が生まれると家庭環境が大きく変化しますが、最たるものが「お金」です。 特に子供が成長するにつ…

いっち / 3858 view

『学資保険』とは?『子供保険』とは?教育資金や子供の保険の基礎!

『学資保険』と『子供保険』についての違いを御存知でしょうか? この二つは教育資金を貯めるために適した保険です…

HF-LIFE / 1081 view

高い保険への加入は必要なし?生命保険の賢い選び方5つ

家族がいると、保障を少しでも多くつけておきたいと考えるがために、必要以上に高い保険をかけてしまっていませんか…

HF-LIFE / 1433 view

サラリーマンでも確定申告は必要?そもそも確定申告とは?

「確定申告」という言葉を聞いたことはあっても、内情を詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は…

いっち / 2676 view

子供や孫への教育資金は一括贈与がお勧め?今から考えておく対策

子供や孫に対しての教育資金はとても頭を悩ます問題です。子供を育てる中で多くの金額を占めますから、早めに準備し…

いっち / 1893 view

midori

2児の母です。自分なりに調べたことをまとめてみました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック