【ポイント1】大病院か個人のクリニックか助産院か

出産する場所はまず、大きな選択肢が3つあります。
 ◎大きな総合病院
 ◎個人クリニック(産婦人科)
 ◎助産院          

高齢出産の方や持病のある人は、
できるだけ大きな病院のほうが万一のときに安心だといわれています。

大きな病院では、
子どもや出産するママに何かあったときに
周産期医療センターを兼ねている病院であれば即座に対応してもらえ、
子だけ・ママだけ急遽転院ということもありません。

助産院では医師がいないため
帝王切開は基本的にできません。

緊急で必要になると
近くの提携クリニックの先生が来てくれるケースが多いです。

個人のクリニックや助産院に通っていても
途中でトラブルが起きると提携している大きな病院へ行くことになったり
またクリニックなどへ戻ることもできます。

【ポイント2】出産にはスタイルがある

出産スタイルはさまざまあり、どれができて何はできないということが
産院選びでは重要となります。


◎自然分娩
◎水中分娩
◎帝王切開
◎無痛分娩
◎フリースタイル分娩(自然分娩の一つ)
◎陣痛促進剤を使った分娩


無痛分娩はまだまだ取り扱っている病院が少ないので
通える範囲で見つからない可能性もあります。

フリースタイル分娩とは、

好きな姿勢で好きなことをして産んでいいというものです。

助産院や個人のクリニックではこの方法が取られていることが多いです。

【ポイント3】母子同室か新生児室があるか

「完全母子同室」の産院ですと、本当に朝も昼も夜もず~っと一緒なタイプ。

または「時間帯によって母子同室」の場合ですと、産院で決められた時間帯、
13時から17時まで母子同室で、その後、21時から朝まで母子同室(←一例ですが)など、病院側の決めた時間に沿って母子同室になるタイプ。

そして「選べる母子同室」、出産前のバースプランを相談する時に
自分の希望の時間帯だけ母子同室にできる、また、産後の体調によって変更も可というタイプ。

母子同室のところも多いですが、赤ちゃんは新生児室にいて
おっぱいの時間になったらママが授乳室へ行くパターンもあります。

また、最初の1日だけは赤ちゃんは新生児室へ
ゆっくりママが体力を回復してから同室というパターンもあります。

ただ「母子同室」という言葉だけでいい悪いにせず、
内容までしっかりチェックしましょう。

【ポイント4】立会い出産したいかどうか

パパが立会い出産を希望しているときは
立会い出産が可能かどうかもしっかり確認しましょう。

立会い可能な病院は増えてきてはいますが
プレママ・パパ教室に出席することが義務づけられていたり
服も普段通りでよいところがあったりとさまざまです。

また、小さなお兄ちゃんやお姉ちゃんに立会わせたいときは
病院の数も絞られてきてしまいます。
個人のクリニックや助産院では可能なケースも多いので
事前に問い合わせてみることをオススメします。

【ポイント5】入院中の細かなこと



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

つらい乳腺炎には葛根湯が効く!?乳腺炎に効果的な食べ物とは

おっぱいが痛い、高熱が出てつらい…こんなにも苦しい症状がつきまとう乳腺炎。それが少しでも楽になるとしたら?そ…

tokakko / 2730 view

いよいよ出産!陣痛が来たらするべき事と出産までの流れ

陣痛が来たらどうしたらいいの?出産までの流れはどんな感じ?など初産のママは気になる事、不安な事は山のようにあ…

花央 / 19469 view

一体いつまで続く?妊娠初期症状と妊娠中のみんなのつわり解消法

「お腹の中に赤ちゃんが・・・!」と、喜ぶのもつかの間、妊娠初期にはつわりがつきものです。ひどい方は点滴&入院…

もものなほ子 / 7672 view

戌の日って?安産祈願って何をするの?いつ頃行けばいいの?

妊娠すると誰しもが安産でありたいと願いますよね。5ヶ月を迎えたら安産祈願へ行きましょう。そこで安産祈願とはど…

yoc97★ / 3848 view

出産育児一時金と直接支払制度って何?知って得する活用法

子供が生まれてくることは喜ばしいことですが、一方でとても出産費用がかかるという現実もあります。そんな時、出産…

いっち / 4500 view

これは嬉しい!ママ友に喜ばれるおしゃれで便利な出産内祝い5選

出産を終えて、落ち着く暇もなく頭を悩ませるものの一つ、”出産内祝い”。お祝いをいただくのは有り難いけれど、正…

atuhanaママ / 8927 view

産む前にチェックしておこう!出産後に必要な手続きのあれこれ

出産後は、手続きが必要なものが思っているよりたくさんあります。産んでから慌てないように、出産前から必要な手続…

tujico / 3917 view

妊娠初期の辛いつわりの症状を乗り切るためのポイントを紹介!

待望の赤ちゃんを授かることができた喜びもつかの間、吐き気や眠気などのつわりの症状で辛い妊娠生活を送っているマ…

kaeru_5 / 3311 view

気になる出産のお金の手続き、出産一時金直接支払制度とは

初めての出産だと、費用についても分からないことだらけで不安になったりしますよね。そんなプレママ達のために出産…

ReilyLady / 3158 view

優秀アプリも!妊活に欠かせない排卵日の計算をマスターしよう

いち早く妊娠したいなら排卵日の予測は欠かせませんよね。けれど、排卵日ってどうやって予測するのか、実はあまりよ…

midori / 7614 view

nana2boys

プロフィールの閲覧ありがとうございます!
2011・2013年生まれの2男児の育児に
日々追われるママです。
大学で乳幼児発達を専攻していたので
幼稚園教諭と保育士免許を持っています。
卒業後は幼稚園や保育園と企業のいいものをつなげる
お手伝いのようなお仕事をしていました。
子どもと楽しく、ママやパパがストレスを溜めずに
過ごせるような情報をまとめていきたいと思います♪
育児は十人十色、色々な方法や技を試して
それぞれのご家庭の「我が家の法則」を作っていく
サポートになれば嬉しいです!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック