子供は可愛いですが、いつまでも授乳を続けるわけには行きませんよね。仕事の復帰が近づいたり、子供が成長したり、いろんな理由で断乳を行うきっかけがやってきます。

断乳を行うとなると、赤ちゃんにもママにもストレスな試練の時期になりますよね。今回は、断乳中のママと赤ちゃんのケア方法についてまとめます。

断乳と卒乳の違いについて

断乳と卒乳では、どんな違いがあるのでしょうか。断乳とは、意図的に赤ちゃんへの授乳をやめることです。卒乳は、離乳食が始まり赤ちゃんが自然に授乳を求めなくなることを言います。

理想は卒乳の方ですが、そうも上手くは行かないですよね。離乳食が始まっても、赤ちゃんはママからも、おっぱいをもらえると思っています。まだ言葉が分からない赤ちゃんにとって、言い聞かせるというのも難しいものです。

昔は、離乳食が始まったら授乳をやめるという流れだったものが、現在では、赤ちゃんが自然にやめるまでは続けて良いとされるようになりました。
とは言っても、各々の理由で、やめざるを得ないタイムリミットってありますよね。

いつから断乳をはじめたら良いのか

断乳を始めるタイミングはいつが良いのか、赤ちゃんによってタイミングは変わります。ママのタイムリミットがある場合もありますが、赤ちゃんの成長に合わせてあげることが一番大切です。

◆断乳を始めても大丈夫な時期の目安◆
①3食とも離乳食を食べられる
②一人歩きができる
③乳腺炎などのママの体調トラブルがない
④赤ちゃんの体調が良い
⑤慣れた環境からの大きな変化がない時

大切なのは、必要な栄養素を母乳以外からとれるようになってから開始するということと、保育園に入園したり引っ越ししたりと、周りの環境に慣れていない状態で行うと、赤ちゃんにとってもママにとってもストレスが大きく、上手く進められないので、慣れた環境下で行うようにしてくださいね。

断乳の方法

断乳するには、徐々に切り替える方法と、断乳の日にちを決めて、赤ちゃんにも言い聞かせて日にちが来たら一切の授乳をしない方法とふた通りあります。

◆徐々に切り替える方法
1ヶ月以上の時間をかけて行います。はじめは離乳食後の授乳をやめてみることから始めましょう。授乳の回数を時間をかけて減らして行くようにします。離乳食を始める段階から、同時並行で授乳回数を減らして行くと、意外とスムーズに行ったりしますよ。

◆日にちを決めて断乳
これは、ママのお話が分かるようになってから行う方法です。赤ちゃんに断乳を行う日を前もって赤ちゃんに伝えます。カレンダーに印をつけながらお話をしましょう。この日になったら、少しお兄ちゃん、お姉ちゃんになるんだよと話してあげることで進めます。

大切なのは確固たる決断と愛情です

大切なのは確固たる決断と愛情です

赤ちゃんは今までもらえたおっぱいがもらえなくなるので、グズったり泣いたりします。どうしておっぱいをやめなければいけないのかちゃんと教えてあげましょう。

そして、おっぱいをやめても、あなたのことが大好きなのは変わらないと伝えて、たくさん愛情を注いであげましょうね。

断乳中のママのケア

赤ちゃんとの関わり以外にも気をつけなければいけないのが、ママのおっぱいのトラブルです。母乳の生成は意思でコントロールできるものではないので、ケアをしないとトラブルに繋がりかねません。方法としては、母乳を出すために行なっていたことと反対のことを行います。

◆体を温めすぎない
体を温めると、母乳が活発に作られてしまうので、断乳を始める時には湯船に入らないようにしたり、体を温めすぎないように注意してください。体が温まる飲み物も控えると良いですよ。

◆キャベツシップで乳房を冷やす
おっぱいが張って痛い時には、冷やして痛みを和らげるようにします。氷やアイスノンで直接冷やすと急激な温度変化があって、かえってトラブルを起こしてしまうこともあるので、冷えたキャベツを胸に貼って行うキャベツシップがオススメです。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

もう忘れない!入学や進級の時期、子どもが「忘れ物をしない工夫」まとめ

新学期早々、忘れ物しちゃうと学校で凹んじゃうし、授業にも影響する事も! 忘れ物を徐々になくしていく工夫をまと…

さくらしまこ / 5260 view

詰め込みすぎる教育に問題視の声・・・。私学幼稚園の上手な園の選び方とは??

小学校受験などを理由に私立幼稚園への入園を希望する人は多いのではないでしょうか??幼児期は、子供の性格形成に…

HF-LIFE / 4210 view

お風呂が大好きになる!子どもが喜ぶおすすめのバスグッズ5選

お風呂が苦手!という子が楽しく過ごせるようなバスグッズをご紹介します。一緒に入るパパママの悩みが解決できるか…

サクマメグム / 332 view

小さなわが子に読み聞かせてあげたい5つの素敵な絵本!

書店には様々な絵本が並んでいますが、今回は、お子さんにぜひ読み聞かせてあげてほしい大人も感動する絵本や、深く…

akimama / 2819 view

新年最初の大イベント!お年玉で知っておきたいこと6選

子供たちにとって年一回の大切なイベント、お年玉。 自分の子供はもちろん、親せきの子達にも渡すと結構な出費とな…

いっち / 2772 view

意外と大人がハマる!?親子で一緒に「機械の工作」で深める絆

毎日忙しくて子供と一緒に過ごす時間が減ってしまったというパパやママ。お子さんと一緒に機械の工作なんていかがで…

ReilyLady / 343 view

トイレトレーニングに便利なグッズ「ママも子供も笑顔で卒業」

「トイレトレーニング」と聞くと憂鬱な気分になってしまうママはいませんか?ただでさえ忙しいママのお仕事。増える…

ひらり / 1161 view

月齢ごとのおもちゃで楽しめる『こどもちゃれんじ』5つの魅力!

株式会社ベネッセが運営している、こどもちゃれんじ。 コスパが高く、親子で楽しめると評判の高い通信教育です。 …

HF-LIFE / 3590 view

将来のために!資格取得に向けてママが勉強に集中する方法とは?

子育てしながら資格をとる!目標に向かってがんばるママは素敵です。家事や育児と勉強を上手に両立させる方法と、マ…

サクマメグム / 460 view

大人顔負けのコーデが魅力!オシャレでネットショッピング可能な7つのキッズファッション…

大人も着たくなるデザインのお洋服が置いてあるお店を集めてみました。 可愛いお子さんにオシャレをさせて、お出か…

akimama / 4682 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック