子育て中の皆さん、何か得意なことはありますか?

最近は様々な理由から特技を活かして独立開業をする女性が増加しています。
かくいう私も現在0歳から10歳までの3人の子どもを育てながらフリーランスのライターとして活動をしています。

独立開業というと難しいイメージがあるかと思いますが、努力を惜しまず自分を磨き続ければ実は誰にでもできてしまうのです。

今回はフリーランスのメリット・デメリット、ママ起業家になるための心構えとちょっとしたテクニックを紹介します!

「ママでもできる」ではなく「ママだからこそできる」独立開業!

「ママでもできる○○」というキャッチコピーをよく目にしますが、独立開業に関してはママであることを強みにすることができるのです!

フリーランス=自由な槍

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約(ただし、プロスポーツでの選手契約を更新しないことを指す「自由契約」が有名なため、フリーランスを指して自由契約と呼ぶことはほとんどない)。一般的な職業分類では個人事業主や自由業に該当する。

組織に属さず案件ごとに個人や企業と契約して仕事をする人のことをいいいます。
また「freelance」は「自由な槍」という意味で、中世の「自由契約の騎士」が語源になっています。

英語「freelance」の語源は、中世に遡る。中世は王や貴族は戦争の度に傭兵団と契約して戦争に臨んだ。その中で傭兵団を離れて戦場に臨む兵士達がいた。当時は槍騎兵 (lancer) が自分の従卒として歩兵や弓兵を連れている形態が多かったため、契約の際には槍の本数=1戦闘単位としてカウントされた。まだ敵勢力と契約を交わしていない (英: free) 戦闘単位 (英: lance) を指す言葉として「freelance」が用いられるようになった。当時は兵士を指していた「free lancer」が、近世以降組織を離れて働く状態を指す言葉に変化した。フリーランスのフリー(英: free)は、“拘束されない”という意味で、無料という意味ではない。

フリーランスでできる仕事とは?

フリーランスの仕事は大変幅広く、代表的なものだと

・システムエンジニア
・ウェブデザイナー
・ライター
・編集者
・イラストレーター
・カメラマン
・講師業
・コンサルタント
・サロン(アロマ・エステなど)

があり、最近子どもたちに人気のユーチューバーもこのフリーランスにあたります。
ママ起業家の中には独身時代の仕事の経験を活かして独立される方も多いです。
そうでなくても趣味を職業にしてしまう方もいらっしゃいますし、ワークスタイルに制限がないのが特徴ですね。

フリーランスのメリット・デメリット

【メリット】
・時間に縛られない
・組織に縛られない
・成果が全て報酬になる
・人間関係の煩わしさがない

【デメリット】
・急な病気やトラブル時に代わりがいない
・スケジュールの管理を自分でしなければならない
・サラリーマンのように福利厚生が整っていないため明日の保証がない
・確定申告が必要

私は子育て環境が理由でフリーランスの道に進みましたが、子どもに何かあった時に動きやすいことが一番のメリットに感じました。
スケジュール調整さえきっちりすれば子どもを優先にできますし、何より仕事を休む際に周りに気をつかう必要がなくなりました。

その反面突然のトラブルが起こった場合「家庭の事情で仕事が遅れます!」ということができません。
そうならないためにも日頃からゆとりを持ったスケジュールを組む必要があり、自由だからこそ不自由に感じる部分もあります。

ママがフリーランスになるために必要なこと

フリーランスになるためには難しい資格を取る必要もなく(業種によっては必要)、やる気と行動力さえあれば十分に収入を得ることも可能です。

「子どもが小さいため何か家でできる仕事があればやってみたい」

そうした情熱だけで独立開業をするママも大勢いらっしゃいます。
家で小さい子どもの面倒を見ながら夫の扶養内でフリーランスとして働く方もいれば、子育てが少し落ち着いたタイミングで夫より稼ぐようになった方もいらっしゃいます。
気軽にできるからこそ守らなければならにルールがあります。

それが納期です。

「メリット・デメリット」でも少し触れていますが、子育て中のママに突然のトラブルはつきものです。
しかし、トラブルを理由に納期を守れないようなことがあってはなりません。

「急に子どもが熱を出して間に合いません〜」

こうしたことはフリーランスとして活動するママに非常に多いのです。
事情があってもそれはフリーランスとしての大きな「失敗」になります。

自分で引き受けた仕事は最後まで責任を持ってやり遂げる。
そのためには何を最優先にするか自分で決断する必要があります。
その上で仕事の種類や量を選ぶ。


それができれば十分フリーランスとしてやっていけますよ!

フリーランスとして活動を始めるためのちょっとしたテクニック



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

扶養の範囲内で勤務したいけど、どんな条件なら控除対象?

働きたいけど二の足を踏んでいる方も多いのでは?扶養の範囲内で働きたいけど、実際、どんな条件の働き方になるのか…

ReilyLady / 705 view

仕事や勉強の効率アップに!関西のコワーキングスペース5選

自宅で仕事をしていたり勉強をしていると雑念が湧いて「集中できない!」と感じることはありませんか?そこでおすす…

makowork / 323 view

気になる育児休暇の期間!皆どれくらいで復帰しているの?

出産後も働き続けるという女性が増え、育児休暇を取得する人はどの企業でも珍しくなくなってきました。でも実際、皆…

snowsnow / 1088 view

なりたい自分になれる!自分を好きになりたい人におすすめの自己啓発書5選!

がんばりたいのに、がんばれない。そんなあなたを後押ししてくれる、自己啓発書を集めました。

よしだ あき / 831 view

専業主婦から社会復帰!就職活動を成功させる秘訣は?

「そろそろ子供も手が離れてきたし外に出て働こうかな」と思い就職活動を始めても、専業主婦の社会復帰はなかなかう…

myia / 591 view

こんなのあった✨今の季節に欠かせない便利でかわいい雨の日グッズ6選

雨の日が続く梅雨の季節には、憂鬱な日々が続きますよね。 しかも少し外へ出るにしても濡れてはいけないので、荷物…

HF-LIFE / 4151 view

育児の合間に!人気や目的に合わせたオススメ通信教育14選

子育てに少し余裕が出てきたママ必見。家族や子供のため、就職や転職のため、自分のスキルアップのために活用できる…

ヤギヤギコ / 468 view

【仕事と子育て】自分が苦しくならない両立術まとめ

仕事と子育ての両立はみんなも抱えている大きな悩みです。ここでは、あなた自身が苦しく、つらくならないような両立…

nana2boys / 2887 view

産休期間中、育児休暇中の内にやっておきたいこと5選

産休や育休は、子どもの事を一番に考える時間ですよね。育児休暇と言えど、子育てや家事で手一杯になるものですが、…

ReilyLady / 1009 view

「ライスワーク」と「ライクワーク」で夢を叶える時間生産術

独身で働いていた時に比べ、結婚をしたり子供ができる事で、価値観が変わってくる事もあると思います。そうなった時…

hardworker / 2892 view

makowork

関西在住、ファイナンシャルプランナーでライターの3児の母、トツカマコです。発達障害の長男(10歳)を筆頭に一番下は0歳の歳の差きょうだいの子育て真っ最中。日々の生活を通して得た知識を記事にしていきます!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック