子どもを乗せる自転車の選び方

電動自転車?普通自転車?選ぶ時のポイント

子どもを乗せる自転車の選び方として、まずは電動タイプか普通タイプのどちらにするかを検討される方が多いと思います。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分に合ったものを選びましょう。

●電動自転車のメリット
・こぐ力がほとんどいらない
・坂道や、重い荷物を持っているときでも楽
●電動自転車のデメリット
・自転車自体が重い
・価格が高い

●普通自転車のメリット
・自転車自体が軽い
・価格が安い
●普通自転車のデメリット
・運転が大変

電動にするか普通にするかは、「お金をかけてもいいから楽に乗りたい!」と「多少大変でもいいから安く購入したい」のどちらを選ぶかに尽きるかと思います。電動自転車は値段に見合った働きをしてくれますし、一度使えば手放せなくなるほど便利ですが、やはり高価になります。まわりに坂道が少なかったり、長時間乗る予定がないママは、普通自転車でも十分生活できますよ。

前乗せも後ろ乗せも対応の物がおすすめ

次に検討するべきポイントは、お子様を前に乗せるか後ろに乗せるかです。体重15kg以下の小さなお子様を乗せるときは「前乗せタイプ」、22kg以下のお子様を乗せるときは「後ろ乗せ」タイプになります。お子様の身長体重によりますが、だいたい2歳頃を目安に後ろに乗せるママが多いです。

1人目のお子様を乗せるために自転車の購入を検討されているママのなかには、もう1人お子様を予定されている方もいらっしゃいますよね。そういった場合は、前乗せ後ろ乗せ両方ができる3人乗り対応のものがおすすめです。

「幼児2人同乗基準適合車」と表示されているものが3人乗り対応の物にあたりますが、お住まいの地域によってはこの表示がされているものでないと3人乗りができない場合がありますので、必ず確認するようにしましょう。

安全性の高さを見極めるには?

先ほどの項目で説明した「幼児2人同乗用自転車」の表示について、具体的には上記のマークが貼り付けられているものを選ぶようにしましょう。

警察庁における「幼児2人同乗用自転車」に求められる要件及び解説(要件に対応した具体的な基準及び評価方法等)を満たした「幼児2人同乗用自転車安全基準」を一般社団法人 自転車協会で制定致しました。同基準に適合した幼児2人同乗用自転車につきましては、従来の「BAAマーク」に加えてその真下に「幼児2人同乗基準適合車マーク」が併せて貼付されますので、ご確認のうえ、お買い求め下さい。

電動自転車のおすすめメーカー

電気自転車のおすすめメーカーを紹介していきます。どちらも幼児2人同乗基準適合車BAA付なので、購入の参考にしてみてくださいね。

ブリヂストン

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 2017年モデル bikke mob e(ビッケ モブe)リヤチャイルドシート付モデル BM0C37 専用急速充電器付

118,100円

タイヤサイズ:フロント20×1.95 リア20×2.125
シフト段数:3段
フレーム:鉄 タフフレーム
バッテリー:形式リチウムイオンバッテリーC301
バッテリー:容量313Wh 12.3Ah 25.5V
重量:33.7kg
サドル最低地上高:73.5cm
適正身長:143cm~
3人乗り時適正身長:155cm~
車体の真ん中にモーターを設置。後輪に人の力とモーターの力が働くタイプです。「後ろから押してもらえる」感じで、アシストされます。

パナソニック

Panasonic(パナソニック) 2017年モデル ギュット・DX 前:22インチ 後:26インチ BE-ELMD633 子供乗せ付き電動アシスト自転車 専用充電器付

138,000円

【16.0Ahリチウムイオンバッテリー】搭載。 走行条件によりアシスト力を自動的にコントロールし、最適なエコ運転を実現【エコナビ】搭載 駐輪機に当たりにくい【コンパクトスピードセンサー】
チャイルドシート取り付けに適した丈夫なフレームカラーと同色でおしゃれな【パイプリヤキャリヤ(クラス27/最大積載量27kg)】 スタンドを立てると同時にハンドルが固定【スタピタ2】 軽く踏むだけでスタンドが立てられる【ワイドかろやかスタンド2】 外面部が磨耗しにくいタイヤと肉厚チューブを組み合わせました【ハードランナーⅢプラスタイヤ】
1灯の明るいLEDを採用。【リトルLEDビームランプ(オートライト機能付)】 太陽光で充電するから省エネ。暗くなり、振動を感知すると自動点滅を開始する【ソーラーオートテール2】 手にやさしい【スリムツートングリップ】
サドル下部にガードを設けることで、ラクにスタンドが立てられます【テールアップサドル・ライト(補助ガード付)】 自動車のシートベルトのように調整がカンタンな巻き取り式シートベルトや、お子さまの体にフィットしやすい「まめぴたパッド」を採用【ギュットプレミアムシート】
メーカー3年盗難補償付 BAA安全基準適合車 内装3段変速 【走行距離の目安 パワーモード:約54km オートマチックモード:約65km ロングモード:約90km】 乗車適応身長(目安):141cm以上 3人乗り対応時:154cm以上 サドル高さ(最低地上高~最高地上高):73.0~88.5cm
なめらかな加速とアシストの持続を実現するスピードセンサーが、よりコンパクトになりました! 雨なども入りにくく、メンテナンスも少なくてすみます。

普通自転車のおすすめメーカー



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

スッキリ暮らしたい人必見!お家がキレイになる5つのコツ!

雑誌にでてくるようなスッキリしたお部屋を手に入れるのは、毎日の心がけ次第。満足のいくお部屋を手に入れたら、自…

よしだ あき / 4661 view

毎月の固定費、見直してますか?電力自由化で電気代削減

毎月の出費が抑えられるなら1円でも抑えたいですよね。電力自由化で固定費の割合を大きく占めていた電気代の削減が…

ReilyLady / 1679 view

まずは一週間。続けられる簡単・手軽ダイエット運動5選

痩せたいけれど、めんどくさいし、そもそも時間がない。そんな言い訳ができないような、簡単にすぐにできる部位別の…

nakou / 1285 view

お子様が北海道に進学する家族に参考にしてほしい賃貸の探し方

北海道には有名な大学がありますが、それ以外の学校でも進路で本州から北海道を受験する方は多数います。めでたく合…

citrus mama / 1252 view

プレゼントにも最適!ママが本当に喜ぶキッチン用品5選

家族のために食事の準備をするとき、お気に入りのキッチン用品で料理できたら、それだけでストレス発散になりそうで…

サクマメグム / 1177 view

教育費はどれくらいかかる?教育費を貯める3つのステップ

教育費は子供の進路によって違ってきますが、どれくらいの費用をいつくらいから準備していけばよいのでしょうか? …

森のプリン / 1332 view

いつものキッチンがちょっぴり楽しくなるキッチン雑貨10選

家族の為にご飯を作ったり、後片付けをしたり、ママにとってキッチンは毎日忙しく働く場所。でも、その小さな空間が…

manahaha / 2241 view

【アウトドアグッズ】今から始める人向け!おすすめBBQグッズまとめ

楽しいBBQ。これまでは人に任せっきりだったけれどそろそろ自分でも始めたい、そんな初心者さんにおすすめのBB…

nana2boys / 4487 view

祝入学!親にも子にも喜ばれる小学校の入学祝いプレゼント13選

子供の大切なライフイベントである、小学校への入学。おめでとうという気持ちを、プレゼントにして渡してあげましょ…

ヤギヤギコ / 1161 view

家族で楽しむ「ふるさと納税」

「ふるさと納税」でおもしろいのがその特典。寄付した金額に応じて、ほとんどの自治体が特典を用意しています。地域…

よんじ / 4262 view

tujico

主人、娘、猫3匹と暮らすアラサー主婦です。フリーランスのライターとして活動しています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック