赤ちゃんがお腹にいると分かった時、どんな気持ちになりましたか?
自分のお腹の中で小さな命が芽生えて、成長して生まれてくるなんて本当に特別な体験ですよね。
出産はどんな経験にしたいか、イメージはありますか?

今回は、病院と助産院の違いと特徴をまとめたいと思います。

理想のバースプランはありますか?

理想のバースプランはありますか?

出産はそれだけでも特別な体験ですが、さらに理想のプランが見つかったらもっと最高ですよね。

医療施設の特徴

医療機関である病院での出産は、医療施設が整っているので不測の事態に常に対応できるということが、何よりもの安心材料です。

初めてのお産で不安だらけですよね。
でも、病院なら常に迅速に対応してもらえるので、安心して身を預けることができますよね。
病院にもそれぞれの特徴があるので、病院に行く前によく調べてから決めてくださいね。

総合病院などの大きな病院

大きな病院なら、他の科も併設されているので、高齢出産や、出産のリスクが気になるママにとっては、安心の施設ですね。ただ、待ち時間の長さや、先生が毎回変わると言った部分では、大きい病院ならではの問題点かもしれません。

不測の事態に備えて、という点では安心して出産に臨めるので、出産時の不安が大きいという方は大きな病院が良いかも知れませんね。

個人病院

大きな病院と違うところは、個人病院なので先生が変わることはありませんし、一人ひとりじっくり診療してくれるので、不安や心配事を相談したりしやすいところが特徴です。

診療には予約制を取っているところが多く、予約していないと検診してもらえなかったり、待ち時間が長くなってしまうので、事前に病院に確認しておきましょう。

先生が変わることはないと言っても、病院の規模によっては、複数の先生が所属しており、その中でのローテーションで診察を受けることはあります。

また個人病院は、お祝い膳として豪華な食事を出してくれたり、医院それぞれのサービスを行なっていたりもするので、好みのプランを探してみるのもいいですね。

助産院の特徴

助産師さんがお産の手伝いをしてくれます。
助産院は医療施設ではないので、医療行為を行わないお産のため、切開や麻酔などは行いません。

また、産院さんによっては分娩台ではなくフリースタイルでお産ができるというのも魅力です。
ママと赤ちゃんの自然の力でお産をするということにこだわって出産したい方にはオススメです。

また、助産院では医療行為ができないため、検診は嘱託医と言って、助産院と契約している医院に行って検診を受ける必要があります。(※助産院での検診の時もあります。)

もしも万が一のことが起きた時には、助産院から嘱託医のところに搬送して対処するようになっています。助産院を検討しているけども、医療介入がないのが心配と感じている方は、助産院から直接説明を受けてみてくださいね!

助産院での検診の際も助成券は使用できます。

助産院での検診の際も助成券は使用できます。

場合によっては、使用できない時もあるようなので、詳しくはお産を希望する産院さんに確認してみてください。

家庭的で自然なお産スタイル

陣痛促進剤等も使用しない代わりに、アロマオイルやマッサージなどで陣痛を促したりします。赤ちゃんの生まれようとする力と、ママの産むという本能的な能力を、自然に引き出し分娩します。

先進的なスタイルというよりは、昔ながらの方法でお産するというスタイルが多いようです。

また、病院ではないので面会時間に制限を設けていないところがほとんどです。
助産師さんたちの家を改築して助産院にしているところが多く、家庭的な雰囲気の中で家族に立ち会ってもらいながらのお産が可能です。

助産院で出産できないケース

逆子や、帝王切開が必要な出産の場合は、助産院でのお産は行えません。
ママと赤ちゃんが健康で正常な状態でのみ、助産院での出産が可能になりますので、希望していても助産院でのお産ができないこともあります。

他にも、双子の場合など赤ちゃんが2人以上の時にも助産院でのお産ができません。

助産院さんによっては、経産婦さんしか受け入れのないところもありますので、初産で助産院さんを希望する場合は、受け入れてくれるかどうかを確認する必要があります。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊娠初期のつわりの原因と対処法は?つわりに効く食べ物はこれ!

妊娠を喜んだのもつかの間、その後は幸せオーラを打ち砕くような辛く長いつわり期間が待ち受けています。妊娠初期の…

花央 / 3343 view

育児日記はこれがイイ!私に合うのはスマホ、手帳、ノート?

「普通の日記も続かないのに、育児日記が続くかな?」頑張り過ぎないで大丈夫!あなたが楽しんで続けられるタイプは…

ひらり / 4401 view

これだけ知っていれば安心!出産内祝いの『のし』のマナー

待望の赤ちゃんの誕生。かわいい赤ちゃんの誕生を周りの方たちにお祝いしてもらえることはとても幸せなことですよね…

makowork / 4161 view

気づかないと危険!妊娠したら知っておきたい「破水」のこと

妊娠中は気がかりなことだらけ。特に、初めての出産では、わからなくて不安なことがあまりにも多いですよね。「破水…

tikatika / 3471 view

ノロウイルスってどんな病気?潜伏期間や症状は??

ノロウイルスは、ウイルス性の感染症です。 体内からウイルスが排出されるまでは、症状が治まらないと言われていま…

HF-LIFE / 8538 view

【2人目妊娠!?】パパにして欲しい6つのサポート

上の子がいる中でのマタニティー生活は第一子のときとはまったく違った悩みも出てきます。あの頃は一人だったから乗…

nana2boys / 7507 view

気になる出産のお金の手続き、出産一時金直接支払制度とは

初めての出産だと、費用についても分からないことだらけで不安になったりしますよね。そんなプレママ達のために出産…

ReilyLady / 2312 view

男の子?女の子?性別が知りたい!中国式産み分けカレンダーとは

赤ちゃんが出来たら気になるのが性別ですよね。名前を決めるにも服を準備するにも、できるだけ赤ちゃんの性別は早く…

ReilyLady / 3686 view

産休はいつから取れる?産休制度はワーキングママの強い味方!

出産しても働きたい!という女性にとって産休制度はとても心強い味方です。安心して新しい家族を迎えられるよう、い…

hinamama / 2524 view

これは嬉しい!ママ友に喜ばれるおしゃれで便利な出産内祝い5選

出産を終えて、落ち着く暇もなく頭を悩ませるものの一つ、”出産内祝い”。お祝いをいただくのは有り難いけれど、正…

atuhanaママ / 7288 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック