そもそも「お宮参り(おみやまいり)」とは何でしょう?

「お宮参り」とは地元の神社に赤ちゃんを初めて連れて行き、元気に成長できるようにお願いする行事です。初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)というところもあります。

本来は赤ちゃんが生まれた所の産土神(うぶすながみ)にお参りに行くことが多かったようです。パパやママのゆかりの神社や行きやすい場所にある所でも問題ありません。

1.お宮参りには「いつ」いくの?

男子は生後三十一日目、女子は三十三日目に行うところ、百日目にする風習がある地方もあります。赤ちゃんが生後1カ月くらいの時期にお披露目もかねて行われるのが一般的なようです。

あまり時期にこだわりすぎる必要はありません。暑すぎない、寒すぎないような季節にして赤ちゃんと産後のママの負担にならない頃が良いでしょう。

お宮参り用のドレスは新生児サイズで作られているものが多いので、大きくなった赤ちゃんには少しきついかもしれません。いざドレスを着せようと思ったら、赤ちゃんが大きくなっていて着せられないなんてことも!?
生長が著しい時期なのでゆっくり行こうと考えている方は、サイズについて少し注意しておいた方が良さそうですね。

着物(祝着)ならば羽織るだけなので、サイズは気にしなくても大丈夫です。

2.お参りの「方法」はどうする?

御祈祷をしてもらおうと考えている人は、念のために前もって電話で確認しておきましょう。神社によっては予約制の所もあります。


御祈祷の費用は「初穂料」や「御祈祷料」などの名目になり、多くの場合は5,000円~10,000円ほどです。お財布から直接支払うよりは白い封筒に入れたり、紅白の蝶結びの祝い袋に入れて納めると丁寧な印象ですね。


当日は社務所とよばれる神社の事務所で初穂料を納めてから、赤ちゃんの名前・住所などを用紙に記入して御祈祷を受けます。人気のある神社では他のご家庭と一緒に御祈祷を受けることもあります。また七五三の時期は御祈祷が込み合うことも予想されますので時間には余裕を持って行動しましょう。

おむつ替えや授乳のスペースの事前確認も忘れずに!

3.「服装」はどうする?

赤ちゃんの服装

赤ちゃんの衣装は着物(祝着)またはベビードレスがほとんどです。

購入する場合は保管場所が確保できるかを考えた方が良いですね。
レンタルする場合は写真スタジオのお出かけパックがオススメです。写真の撮影料金と着物のお出かけが可能なセットもあってお得です。


着物は男の子なら黒地に鷹などの勇ましい感じの模様が入っているもの、女の子なら赤地に蝶などの華やかな模様が入っているものを羽織らせます。
まだ赤ちゃんなのでキチンと着付けをするわけではなく、袖に手を通す必要もありません。着物の下は普段着でも大丈夫です。
「着物を着せることができるかな?」と心配だったママも安心して下さいね。


洋服ならば白いベビードレスがフォーマルな感じが出てオススメです。白いドレスなら男の子でも女の子でも大丈夫なので兄弟姉妹で使えるのが嬉しいところです。

パパとママの服装

パパはスーツでいいのですが、悩みどころはママの服装です。

本来は赤ちゃんの母親と父方の祖母は着物を着るのが正式な服装です。記念に着物で神社にお参りできたらステキですよね。

ですがよほど着物を着なれている方は別として、スーツやワンピースの方が動きやすく疲れないので無難だと思います。できればきちんとした印象の服装が良いでしょう。

小さな赤ちゃんを連れての慣れないお出かけは大変です。おばあちゃんのサポートがない場合は無理に着物を着ることはせず、産後のママの体調や授乳の方法などを考慮した服装にしましょう。


写真スタジオで撮影する時だけ着物をレンタルする方法もあります。
パパ・ママ・ベビーの三人で着物スタイルにしても、スタジオ内のレンタルなら天気を気にする必要もなく気軽です。

4.写真はどうする?

せっかくのお宮参り記念なのでキレイな写真を残したいですね。

特におススメは子どもの写真を得意としている写真スタジオです。赤ちゃん用のカワイイ衣装も豊富でついついたくさん撮影してしまうかもしれません。子ども専門スタジオの良いところは赤ちゃんに対する気遣いが細やかなところです。体調やご機嫌がすぐれない時に日を変えて取り直しの対応をしてくれるスタジオもあります。事前にチェックしてみて下さい。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

月齢ごとのおもちゃで楽しめる『こどもちゃれんじ』5つの魅力!

株式会社ベネッセが運営している、こどもちゃれんじ。 コスパが高く、親子で楽しめると評判の高い通信教育です。 …

HF-LIFE / 6145 view

【イヤイヤ期を乗り越えろ!】2歳前後の反抗期を楽しむコツ

2歳前後から始まる何でもかんでも「イヤ」と言い出す通称イヤイヤ期。誰でも通る道と思っていても、アレもコレもイ…

nana2boys / 3480 view

【保存版】ベビー服や子ども服をセールで購入するときのコツ!

安いからとついついいろいろ購入してしまい、結果タンスの肥やしに…。セールは安いけど、失敗してしまうことも多々…

tujico / 1684 view

何歳から始めるのが一番良い?焦ると必ず失敗するトイトレ!!

保育園に行くにあたり、早くからトイトレを始める家庭があります。 でも失敗するとトイレが嫌になるお子さんも!

HF-LIFE / 3183 view

ボーネルンドもキドキドも楽しめる関東の併設店舗をご紹介!

ボーネルンドのショップと室内遊び場キドキド。ふたつの施設が同時に楽しめる「あそびのせかい」をご紹介します!

サクマメグム / 1729 view

赤ちゃんがいても安心!!子連れ旅行おすすめ離乳食5選

赤ちゃんが産まれ、実家への帰省や、家族で旅行に行く際、私たちと同じ食事をとれるお子様だと、心配ありませんが、…

tumu1221 / 3918 view

【絵本】初めての絵本の選び方とオススメ絵本10選

初めての絵本選び、本屋さんや図書館に行ってもあまりにたくさんの本があって悩んでしまいますよね。そんな時に役立…

nana2boys / 15238 view

子連れで楽しく旅行がしたい!子連れ旅行の心構え6つ

子どもと一緒に旅行を楽しみたい!という方、夏休みに向けて計画している方も多いのではないのでしょうか。子どもと…

kokupu / 2999 view

子どもの作品は思い出がいっぱい!上手な収納方法をご紹介

幼稚園や保育園から持ち帰る作品、記念に残したいけれど…という悩みを解決する方法をご紹介します。子どもも喜ぶこ…

サクマメグム / 3179 view

【三重】赤ちゃん連れでも楽しめる東海の子供の遊び場5選

赤ちゃん連れで外出となると、ベビーカーでいけるか、授乳ができるかなどいろいろ調べて行かなければなりませんよね…

sumomomama / 10929 view

ひらり

「そうなんだ~!」を共有できたら嬉しいですね。営業マンの夫と子ども二人と共に暮らしてます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック