ベビー服の種類にはどんなものがあるの?

まず、ベビー服選びのポイントの前にベビー服の種類について簡単に説明します

短肌着

短肌着

お腹あたりまでの肌着で、新生児の頃から使用頻度の高いベビー服です。紐で結ぶ合わせタイプのものが主流で、夏は、これ一枚で過ごすことも!赤ちゃんにの肌に直接触れるものなので、素材にはしっかりこだわりたいですね。

長肌着

長肌着

短肌着を足まで長くしたような物が長肌着です。夏生まれの子は使用しないことも。短肌着の上に重ねて着せたりします。

コンビ肌着

コンビ肌着

長肌着の足の部分にボタンが付いた肌着です。まだ手足の動きが少ない新生児の頃はボタンを外して長肌着と同じように使用したり、足をバタバタさせる時期になったらボタンを閉めて着せてあげると、はだけないので便利です。

ボディースーツ

ボディースーツ

足の付け根にボタンが付いているタイプの肌着です。ランニングタイプ・半袖タイプ・長袖タイプもあり、かぶり式のものから前開きのボタン式等、種類は豊富!短肌着の代わりに使用する人も多いですね。デザインもかわいいものがいっぱいあります。この肌着にボトムやスカートを合わせたらちょっとしたお出かけもOK!

グレコ・ロンパース・カバーオール

グレコ・ロンパース・カバーオール

名称はいろいろですが、足の内側にボタンが付いていておむつ替えに便利!かぶりのものや前ボタン式のものがありデザイン性に優れているので、外出の時など活躍します。

ベビードレス

ベビードレス

前ボタン付きで、筒形になっているのがベビードレスです。普段着使いのデザインはもちろん、お宮参りなどでも着られるフォーマルなデザインのものもあります。一着持っておくと何かの時に役立つかもしれませんね。

ツーウェイオール

ツーウェイオール

ボタンの留め方を変えると、ベビードレスにもなり、ロンパース(カバーオール)にもなる便利なベビー服です。あまり動かない時期にはベビードレスとして、動きが活発になってきたらロンパースとして長く着用できるので数枚準備しておくと重宝しそうですね。

大まかなベビー服の種類と特徴をおさえたところで、ベビー服を選ぶポイントを見てみましょう!

ポイント1☆サイズの選び方☆

ベビー服のサイズ表示は50・60のように表示されています。この数字は赤ちゃんの身長を表していますが、ぽっちゃり型の子もいれば細身の子もいますよね・・・赤ちゃんの服を選ぶときには身長だけではなく、体重の方も参考にして下さいね。

ベビー服のサイズ表

ベビー服のサイズ表

一般的にはこのようになっています。
赤ちゃんの成長はビックリする早さなので、1~2カ月でサイズアウトしてしまうと思って選びましょう!
例えば夏生まれの子なら(夏服)50~60でも(冬服)は70~80を選ぶといいですね。

ポイント2☆枚数の決め方☆

季節に合わせて最小限から!

赤ちゃんは生まれてから1年で体重は約3倍にもなると言われています。身長や体重だけではなく、運動機能も驚くほど発達していきます。その赤ちゃんの動きに合わせて、着せるベビー服の形も変わってくるので、同じサイズ・種類の物を沢山そろえる必要はなさそうですね!季節に合わせて、今シーズン限り!と思って枚数は調整しましょう。

ポイント3☆生地の選び方☆

●ガーゼ・・・通気性・吸収性に優れている。柔らかく軽い。
●天竺・・・収縮性・通気性に優れていて、肌触りも良い。
●フライス・・・収縮性・通気性に優れたニット地。肌着に良く使われる。
●スムース・・・吸水性・保温性に優れている。
●パイル・・・タオルに使われる生地で、保温性・吸収性に優れている。
●オーガニックコットン・・・肌触りがよく、通気性・吸収性に優れ、肌に優しい

赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。まずは肌触りをチェック!ゴワゴワした生地や汗を吸わないような生地は避けた方がいいでしょう。
季節によって機能性を考え、夏なら通気性や吸収性に優れた涼しい素材のベビー服を、冬なら保温性に優れた服を選ぶといいですね☆



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

図書ボランティアでも人気・低学年の子供向け読み聞かせ5選

図書のことならお任せ!子どもに本を選んだり、読んであげることを喜びとする図書ボランティアのお父さん、お母さん…

りょうみママ / 3558 view

保育園は少しでも早く入れるべき?早く入園するメリット・デメリットって??

育児休業で休んでいる場合は別として、これからの生活を考えて働きに出るかを考えた時に、保育園は何歳から入れよう…

HF-LIFE / 11950 view

【習い事】いつから?何をさせる?習い事選びの6つのポイント

習い事は早くから始めたほうがいい?子どもがやりたいと言い出してから?なるべくなら子どもの持つ力を最大限引き出…

nana2boys / 4898 view

今、ママたちに注目されているボーネルンドの「キドキド」って?

子供にとって「遊ぶ」ということは人間性・社会性を身につける上でとても大切なことです。しかし、現代では昔とは違…

kaeru_5 / 1456 view

学力に差がつく!春から実践!!話題のリビング学習のメリット5点

リビング学習は、約8割の過程で実施されているそうです。 一部の東大生が、リビング学習をしていたという話しから…

HF-LIFE / 2659 view

赤ちゃんや子連れでの帰省や旅行で準備しておくと便利なもの5選

赤ちゃんや小さな子連れでの帰省や旅行は移動時が1番気を使いますよね。そんな時にあると便利なものアイテムをご紹…

sumomomama / 2277 view

子供に大人気!オススメのアンパンマンのおもちゃ5選

子供はみんなアンパンマンが大好きです。子供から絶大な人気を誇るアンパンマンのおもちゃが、今飛ぶように売れてい…

kanakuma / 3518 view

こどもの仕上げ磨きしてますか?正しいデンタルケアで虫歯予防!

こどもの虫歯予防に一番必要なこと、それはママのチェックです。正しい知識と仕上げ磨きで、歯の健康を守りたいです…

サクマメグム / 2482 view

【レゴブロック】親子で夢中!?ショップの他にもイロイロご紹介

オモチャに詳しくない人でも知っている「レゴブロック」。子どもの発達に役立つ知育玩具としても大人気。日本一の知…

ひらり / 2315 view

休日は親子でクッキング♪子どもと一緒にできる簡単レシピ10選

親子で楽しくクッキング。楽しそうですが大変そうと思う方も多いのではないでしょうか。始める前は大変と思っていて…

kokupu / 9083 view

manahaha

現在、6人の子育て奮闘中&7人目妊娠中の主婦です。
まだまだ試行錯誤しながら、子供から学びながら日々成長中ですが、今までの経験が少しでも妊娠や子育てに悩むママ・パパのお役に立てればうれしく思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック