○旅には楽しいことも大変なことも隣り合わせ

旅行は楽しいものですが大変なことも。子どもがいなかった頃は少し無理をすれば済んだのですが子どもにそれをさせれば熱を出してしまって1日つぶれたり機嫌が悪くなったりで代償は大きいもの。そうしないためにはどうしたらいいのでしょうか。

○子連れ旅行の心構え6つ

・できるものは現地調達

荷造りしているとあれもこれも必要になるだろうかと入れてしまいがち。しかし子どもがいたらいやでも荷物は多くなります。使わない可能性があり、比較的安価に手に入れられるものに関してはあえてもっていかず、現地調達ということにしましょう。また、宿泊先によっては借りたりできるものもあるので事前に必要になるであろうものを書き出し、電話で問い合わせてみるのも良いです。

・最悪のことを想定した荷造り

上に述べたことの反対とも受け取れるかもしれませんが子どもは服を汚す数も多いし、ぐずる場も多いので子どもが機嫌を悪くすることの無いよう、荷造りは入念に行いましょう。要するに必要な物、不要なものの見極めは大切です。赤ちゃん用いすがなかったときなどのための準備や、授乳ケープはあると便利です。

キャリフリーチェアベルト

1,591円

旅行やおでかけに一つ持つと便利!食事中これで赤ちゃんが座れます。

・予定は綿密に立ててもいいがその通りにしなくてはいけないわけではない

パパにありがちなのですが時間は押し気味でも計画全部こなしたい!となってしまいます。しかし子どもがいると遅くなればなるほど疲労度も増し機嫌も悪くなっていきます。これではせっかく言っても楽しめません。どうしても行きたかった場所であれば次の日に回すか、最初に行っておくかしておきましょう。

・子供が楽しめることを最優先

例えば大人が見たかった景色があったとしてそれはこどもも見ていて楽しいものでしょうか。もちろん特別な雰囲気であるので楽しいですが、危ないところに行っちゃだめ、そこも触っちゃだめ、とダメダメづくしになってしまいそうなら近くの公園をチェックしておいたり好きそうな売店がないか探してみたり、こどもに目を向けてください。大人も子どもも両方楽しめる配慮が家族旅行には不可欠です。

・無理をしない。時には二手に分かれる。

外出ばかりになって子どもが飽きてしまったとき。滞在先のプールなどの施設や周囲のお散歩に切り替える決断も大切です。これもまたいい思い出になるのではないのでしょうか。そしてお子様が二人いらしたり、パパがどうしても行きたいところがある、というときは二手に分かれてもいいでしょう。

・写真を撮ることにばかりに気を取られない

家族の大切な思い出です。写真はもちろんとっておきたいですね。
しかし大切なのは写真だけではありません。家族での体験が一番の思い出です。
あまり写真ばかり撮って将来「幼少のころの思い出は両親が写真を撮っていた姿ばかりだ」なんていわれないようにしたいですね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【子連れBBQ】便利だったもの・活躍したもの7選

季節柄、アウトドアの機会も増えてきますよね。もともとアウトドア好きだった方もそうではない方も、子どもがいると…

nana2boys / 9033 view

ボーネルンドもキドキドも楽しめる関東の併設店舗をご紹介!

ボーネルンドのショップと室内遊び場キドキド。ふたつの施設が同時に楽しめる「あそびのせかい」をご紹介します!

サクマメグム / 1954 view

こどもの発育の仕方も変わってくる?賢くお手伝い意欲を湧かせるコツ

お手伝いはこどもの性別により、好みも分かれます。 好みに合わせたお手伝いをしてもらうことで、お手伝い意欲を沸…

HF-LIFE / 3812 view

2歳児の子どもの関わり方

自我が芽生え【魔の2歳児】と呼ばれるこの時期の関わり方についてまとめてみました!

専業主婦 / 6643 view

子どもを見守るPTA活動。母業が充実するメリットがいっぱい!

こどもは大事!だけど役員をやるとなると…。そんなママたちへ、小学校のPTA活動の実態と興味深いメリットをご紹…

サクマメグム / 4351 view

赤ちゃんの抱っこ紐で人気なエルゴ!人気の理由や正しい使い方

街中で抱っこ紐を使って、赤ちゃんを前抱きしているママをよく見かけませんか?エルゴという抱っこ紐が人気なようで…

kaeru_5 / 1861 view

イライラが治まらない時に!育児ストレスを乗り越える5つのコツ

育児って大変ですよね。子供は可愛いですが、思い通りにならないことも多くイライラすることもたくさんあります。そ…

snowsnow / 2659 view

一人で抱え込まないで、ママのための育児相談サービス

育児に関して悩んだ時に、誰に相談していますか?意外と知り合いじゃない方が話しやすいってことありませんか?ママ…

ReilyLady / 2069 view

公立小学校の英語教育に注目!自宅でできる英語レッスンとは?

英語は子どもの習い事ランキングでも常に上位。公立小学校でも5・6年生の必修科目となりました。今回は自宅で気軽…

サクマメグム / 3585 view

出産や誕生日のお祝いに!記念日におすすめの絵本10選

たくさんの絵本の中からお気に入りを見つけませんか?今回は、いただいて嬉しかった絵本、プレゼントして喜ばれた絵…

サクマメグム / 2134 view

kokupu

保育士歴10年で2児の母。
保育士、母の双方の目線で多くのお母様方の悩みに触れ少しでもお母様、そして子どもたちの支えになりたいと思っています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック