扶養内で働きたいけど、どんな条件ならいいのか分からず、二の足を踏んでいる方も結構いるのではないでしょうか。

実際にどんな条件なら控除対象になるのか、1ヶ月あたり働ける時間はどれくらい?
時給は?控除額が150万まで上げられるって聞いたけど?
働きたい主婦の方の気になることをまとめてみました。

扶養内で働くとは?

扶養内で働くとは?

月々いくらの収入なら扶養内か、それは時給いくらのバイトならいいのか?
働く前は、不安だらけですよね。

配偶者控除額が103万から150万に引き上げに

最近、所得税の配偶者控除が150万円まで引き上げられることがニュースになりましたよね。
これまで「103万の壁」と言われて、扶養内で働きたいママ達は年収が103万円を超えないように調整してきました。

それが150万まで控除額が引き上げられれば、少し働きやすくなりそうです。
ただし、他にも「〇〇の壁」があるので、どんな働き方が一番いいのか、ライフスタイルと合わせて見直してみるのもいい機会かも知れませんね。

これが決定されれば、2018年1月から運用開始になるのだそうです。
これまで年末ごろになると、年収の調整で働く時間を減らすママ達も多かったと思いますが、18年からは少し働き方も変えてみてもいいかも知れませんね。

いくつ知っていますか?「〇〇の壁」

配偶者控除・所得税の103万の壁(今回改定が進められている150の壁)以外にも、壁が存在します。知らないと損をしてしまうこともあるかも知れません。
働き方を考える際に、参考にしてみてください!

働くママに立ちはだかる4つの壁

働くママに立ちはだかる4つの壁

①「100万の壁」=「住民税の壁」

②「103万の壁」=「配偶者控除・所得税の壁」
(※18年1月からは「150万の壁」)

③「106万・130の壁」=「社保・健保・年金の壁」

④「141万の壁」=「配偶者特別控除限度の壁」
(※18年1月からは「201万の壁」)

①100万の壁

これは住民税の壁です。
年収が100万を超えると住民税の支払いをしなければいけません。また、住民税に関しては居住地の自治体によっても変わりますので、詳しくはお住いの自治体の案内を確認してみてください。

②103万の壁(150万の壁)

先記述の通り、2018年1月からは150万まで控除額が引き上げられますが、これは、配偶者控除と所得税の壁です。

年収が103万(150万)未満であれば、扶養内に入るので所得税はかかりません。
仮に所得税を支払っていたとしても、確定申告をすることで全額戻ってきます。

③106万・130万の壁

これは社会保険・健康保険・年金の壁です。
もともと130万の壁として運営されていましたが、2016年10月から社会保険加入者が拡大されて、条件付きで年収が106万を超える方も社会保険に加入をしなければいけなくなりました。

■社会保険加入の条件(2016年10月~)

1. 賃金月額が8.8万円(年106万円)以上
2. 週の労働時間が20時間以上
3. 1年以上雇用されることが見込まれる
4. 従業員501名以上の勤務先で働いている

これから働くママ達は、就職希望先が該当するかどうか調べておいた方がいいですね。

上記条件は、一つでも満たしていない項目があれば、130万の壁の該当になります。
社会保険で旦那さんの扶養を外れてしまうと、自ら社会保険の加入者になりますので、当然手取り額はその分減ります。

④141万の壁(201万の壁)

これは配偶者特別控除の限度額です。

年収が103万を超えた時点で、配偶者控除は適応外となりますが、年収額に応じて税率を段階的に設定されているのが、配偶者特別控除です。
141万円未満なら額に応じた負担額の軽減を受けられます。

103万を超えたら所得税を払い、106万か130万を超えたら旦那さんの社会保険の扶養から外れ、141万以上になれば、全ての扶養が外されるということです。

2018年1月からは、150万を超えたら所得税、106万か130万を超えたら社会保険の扶養を外れ、201万以上になれば、全ての扶養が外されるということですね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

いつまでも輝きたい女性のための「手に職」系お仕事3選!

今の世の中、手に職をつけている女性は少なくありません。そのスキルを持っていることで、たとえ産休や育休を取って…

miyuki32 / 90 view

雑談は人間関係を円滑にします。ビジネスでもプライベートでも使える「雑談ネタ」

「気まずい沈黙」を防ぐために、雑談ネタを用意しておきましょう。 何気ない会話から、新たな人間関係を築くことが…

よしだ あき / 1650 view

主婦が頭を抱える職探し!無理なく仕事を見つける5つのテクニック

幼いこどもがいることで、上手く働くことができずに頭を抱えるママは多いですよね。 でも何とかして上手く働ける方…

HF-LIFE / 2058 view

専業主婦から社会復帰!就職活動を成功させる秘訣は?

「そろそろ子供も手が離れてきたし外に出て働こうかな」と思い就職活動を始めても、専業主婦の社会復帰はなかなかう…

myia / 1398 view

「ライスワーク」と「ライクワーク」で夢を叶える時間生産術

独身で働いていた時に比べ、結婚をしたり子供ができる事で、価値観が変わってくる事もあると思います。そうなった時…

hardworker / 4218 view

家庭中心のスタイルを崩したくないママにおすすめの働き方ガイド

ある程度、お子さんに手がかからなくなったら社会復帰を考えるママも多いのではないでしょうか。 働きたいけど妻や…

暁子 / 797 view

育児の合間に!人気や目的に合わせたオススメ通信教育14選

子育てに少し余裕が出てきたママ必見。家族や子供のため、就職や転職のため、自分のスキルアップのために活用できる…

ヤギヤギコ / 1166 view

仕事や勉強の効率アップに!関西のコワーキングスペース5選

自宅で仕事をしていたり勉強をしていると雑念が湧いて「集中できない!」と感じることはありませんか?そこでおすす…

makowork / 1017 view

【在宅ワーク】育児をしながら家で仕事をするときのポイント6つ

育児をしながら在宅で仕事をできたら、在宅ワークを考えているなら事前の心と環境の準備をしましょう!育児をしなが…

nana2boys / 3929 view

気になる育児休暇の期間!皆どれくらいで復帰しているの?

出産後も働き続けるという女性が増え、育児休暇を取得する人はどの企業でも珍しくなくなってきました。でも実際、皆…

snowsnow / 2154 view

ReilyLady

2013年生まれの女の子を持つ育児奮闘のワ―ママです。
そして、空手道歴26年の空手家です。

役立つ情報などををたくさん発信できたらいいなと思っています。

趣味は絵を描いたり、映画や海外ドラマを見ることです。
新参者ですが、よろしくお願いします!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック