はじめに、赤ちゃんとのお出かけする際の注意点

【赤ちゃんを連れて出かけるのは思っているよりも大変】
電車やバスで泣かれることもあるしそれに対して冷ややかは目線を浴びることもあります。
出かける前にたっぷりミルクを飲ませて移動中は眠らせるように努力をしてもふとした時に目をさまし大泣きなんてこともあると覚悟をして出かけましょう。

【赤ちゃん優先で計画を立てよう!】

パパやママの息抜きも勿論大事ですが、まずは赤ちゃんの体調を気遣いながらできるだけ短い時間で楽しみましょう。
計画していて楽しみにしていた場合でも熱が高かった場合や様子がおかしい時は即キャンセルをしましょう。

【紫外線や気温にはいつも以上に気をつけて】

しっかり帽子をかぶるなど赤ちゃんに紫外線があたらないように工夫し、
寒すぎる日や暑すぎる日はお出かけは避けましょう。

赤ちゃんは体温調整がうまくできないので服の着せすぎにも注意が必要です。
赤ちゃんの手足を触るだけでは赤ちゃんが寒がっているのか暑がっているのか判断できません。
お腹や背中に触れ、汗をかいていたら暑がっている。
冷たくなっていたら寒がっています。
状況に応じて衣服を着せたり脱がしたりしましょう。

【持ち物リスト】

◇着替え:上下1~2セットは必ず。授乳やオムツ替えの時に汚れてしまうことがあります。
◇スタイ:必要に応じて。よだれが多い赤ちゃんは、数枚の替えも忘れずに。
◇紙おむつ:月齢や、出かける場所、外出時間に応じて。少し多めに持っていくと安心です。
◇おしりふき:少量タイプものもありますが、ケースやビニール袋、ジッパー付ビニールに入れ替えてもっていけば、かさばりません。
◇ビニール袋:使用済のオムツを入れて持ち帰ったり、汚れた着替え、カーゼやタオルを持ち帰るのに必要です。
◇母子手帳:外出先では、どんなトラブルがあるか分かりません。
◇ガーゼ、ミニタオル:1~2枚あれば、何かと便利です。
◇哺乳びん、哺乳びんケース、粉ミルク、水筒:粉ミルクはステックタイプ、もしくはミルカーに入れて。( ※ ミルクの赤ちゃんのみ:保温機能のある水筒にお湯を入れて。)
◇離乳食、お食事用のエプロン:月齢に応じて。
◇お気に入りのおもちゃ、絵本、お菓子:必要に応じて。
◇財布、携帯電話、ハンカチ、ティッシュ、化粧ポーチ(※ 必要に応じて)、デジカメ(※ 必要に応じて)

母子手帳と一緒に保険証や乳児医療症、お薬手帳などもセットにしておくことをお勧めします。

赤ちゃんと食事ができるレストランを探そう

赤ちゃんとお出かけする際には、あらかじめ『乳児からok』なレストランを探しておくと安心です。
ベビーカーで入れるところや、月齢別に離乳食がでてくるところもあります。
個室のカフェなども人目を気にせずくつろぐことができるのでおすすめです。

おすすめ 都内の赤ちゃん連れOKなレストラン

計画をたてリフレッシュしよう

子育て中はいかにリフレッシュする時間が持てるかがとても重要になってきます。
赤ちゃんとお出かけする計画を立ててみましょう♪しっかりストレスを解消してくださいね♪



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

【新入園】泣くかもしれない我が子への対処法まとめ

これまでママやパパと離れたことのない子どももついに新入園!初めての集団生活を前に子どもよりも親が緊張してしま…

nana2boys / 5772 view

こどもは偏食がつきもの!賢くこどもの好き嫌いを克服する方法6選

こどもは偏食がつきものです!しかしこどもの成長を考えると、バランスの良い食事をして欲しいと思いますよね。そこ…

HF-LIFE / 2690 view

一人で抱え込まないで、ママのための育児相談サービス

育児に関して悩んだ時に、誰に相談していますか?意外と知り合いじゃない方が話しやすいってことありませんか?ママ…

ReilyLady / 1226 view

ぶきっちょさんでもできる!手作りしたい女の子のベビー服

学生の授業以来、ミシンに触ってもいない!なんていう人、意外と多いのでは?お裁縫が苦手だと、入園・入学のときな…

tikatika / 2634 view

かさつく冬場に実践!不潔に見られてしまう『子供のフケ』の悩み解消法とは?

子供のフケは、友達からからかわれてしまう一番のポイントです。 特に不潔にしているわけではないのに、発生してし…

HF-LIFE / 1934 view

こどもが思春期に突入!!難しい時期でも親子関係を良好に保てる6つの方法♡*

思春期に突入したこどもたち。 こどもたちとの接し方に悩んでいる人は多いのではないでしょうか? そんな難しい思…

HF-LIFE / 2306 view

お子さんと一緒に楽しめる!都内おススメの7つの公園

都内には様々な公園がありますが、今回は広々としていたり大型遊具があったりと、お子さんと思いっきり楽しめるオス…

akimama / 7992 view

子供を本好きに育てよう!本を読む5つのメリット!

本好きになると、いいことがたくさんあります。たくさんの本を読んで、豊かな人生を送りませんか?

よしだ あき / 4610 view

【絵本】幼稚園・保育園の先生がしている絵本選びまとめ

季節や行事に合わせた絵本や楽しそうな絵本。先生たちはいろいろな絵本を読んでくれています。今回はそんな先生がど…

nana2boys / 7741 view

幼児期の便秘の原因はトイレトレーニングの間違った進め方かも?

こどもの便秘は苦しそうで見ている大人もつらくなりますよね。幼少期の便秘の原因の一番はなんとトイレトレーニング…

sumomomama / 7993 view

reichel

子供から学び、子供と成長していく。

子供だった気持ちを忘れない。

そんな育児を目指してます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック