陣痛が無くなる?無痛分娩について

骨盤がバリバリと音をたてて割れるような痛みの陣痛

骨盤がバリバリと音をたてて割れるような痛みの陣痛

出産を控えて、赤ちゃんが少しづつ降りてくると、生死を彷徨うと言っても過言では無い、陣痛が始まります。陣痛が来てから出産までが長い人であれば、丸2日程度かかってしまう人もいるようで、痛みに耐え続けなければいけません。

しかし最近では、無痛分娩といものがあります!

しかし最近では、無痛分娩といものがあります!

無痛分娩では、背中にカテーテルという細いチューブを通して、局部麻酔を注射することにより、陣痛の痛みを和らげる方法です。

無痛分娩は本当に無痛なの??

無痛分娩は本当に無痛なの??

本当に無痛なの?という疑問は、多くのママがもつ疑問のようです。無痛分娩は、完全無痛ではありません。完全に感覚を麻痺させてしまうと、いざ赤ちゃんが出てきそうになった時に、踏ん張る力が足りずに、赤ちゃんが中で詰まってしまうからです。これは赤ちゃんにとっては、大変危険なことで、最悪の場合は死に繋がります。後は、無痛分娩の麻酔を入れるのは、子宮口が4~5センチ開いてからになります。出産の時は、子宮口が0~3センチ開くまでが凄く時間がかかると言われているので、実際に麻酔が必要なの?と思う人もいるようです。他にも、麻酔は入れたけれども体質により、全然効かずに、結局痛いと言う場合もあるようです。

麻酔で赤ちゃんに影響は無いの?

無痛分娩の麻酔による、赤ちゃんへの影響を心配する人が多いようですが、麻酔をうつ場所が、陣痛の時に痛みが出る場所に向けて、ピンポイントにうつので、赤ちゃんへの影響はほとんど無いようです。ただ麻酔をうつ量も少しなので、ママに効果が無い場合がある。。。という程度です。

局所麻酔の硬膜外麻酔ならママの血液中に麻酔が入らないので、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。全身麻酔は赤ちゃんに麻酔の成分が流れ、眠ったまま生まれることも。しかし一時的なものなので心配しないで。

実際に赤ちゃんへの影響は感じられませんでしたよ。

リラックスできるので難産を回避できる!?

分娩中にも関わらず眠れました!

分娩中にも関わらず眠れました!

麻酔が思いのほか効いてくれたので、少しの間眠ることができました。そしてこの寝ている間に、リラックスできて、力が完全に抜けていたので、起きたら子宮口が全開大に!!と嬉しい効果をもたらしてくれました。

麻酔が効きすぎてしまうと。。。

帝王切開のリスクがあがります。

帝王切開のリスクがあがります。

麻酔が効き過ぎたことにより、いきみが足りず、最後の最後で踏ん張ることができずに、帝王切開になる人もたくさんいます。あと一歩のところで、赤ちゃんがつまってしまい、酸素を上手く送ることができなくなり、胎児仮死状態で緊急帝王切開になるリスクが高まります。

出産時間が長引くケースがある。緊急対応が可能な医療機関で、技術に習熟した医師による管理が欠かせない。費用面でも通常の出産より高くなる。

麻酔代を3~5万円程度、出産費用とは別に取れらてしまいます。。。

陣痛が弱まり(微弱陣痛)結局、吸引分娩(鉗子分娩)をする事になるママがとても多いそうです。そうなると赤ちゃんへの負担がかかってしまいます。

赤ちゃんの頭に小さな掃除器のような吸引機を取り付けて、引っ張り出す方法です。

~ さいごに ~



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊娠中にチェック!出産費用の平均と節約できるポイントとは?

出産にかかるお金や手続きについて、妊娠中に進めておきたいこととは?また産前産後に節約したいポイントをご紹介し…

サクマメグム / 3832 view

本当に買って良かったベビー用品5選

無数にあるベビー用品の中で本当に買ってよかったものを5選。

reichel / 4303 view

つわりのピークが過ぎるって本当?妊娠12週ってこんな時期!

妊娠12週ごろになると、つわりの症状もようやく落ち着いてくるころ。その他、ママの身体やお腹の中の赤ちゃんには…

tujico / 3984 view

事前に知っておきたい!緊急帝王切開になるケースはどんな時?

出産は予定通りに進まないことの方が多いものです。自然分娩を希望していても、緊急帝王切開になるケースもあります…

ReilyLady / 3638 view

妊娠中の体重増加を抑えるヘルシーレシピ5選

体重が増えすぎてお医者さんから注意を受けてしまった妊娠さんへ。安産のためのヘルシーレシピ。

reichel / 28498 view

妊婦の間に作ろう♪簡単に手作りできるベビーへの贈り物5選

初めての赤ちゃんへのプレゼントにママの愛情たっぷりの手作りのアイテムを贈りましょう♡ここでは簡単に作れる手芸…

yoc97★ / 5723 view

自分と家族のために学ぼう!子宮がん検診と子宮体がんについて

子宮がん検診に行かなければと思いつつ、いろいろな理由から、後回しになっていませんか?いま一度、子宮体がんと検…

tikatika / 6627 view

「食べづわり」がツラい…妊娠中の体重増えすぎを抑える方法は?

食べられないというのが「つわり」の一般的なイメージです。しかし「食べ続けていないと気持ちが悪くなってしまう。…

ひらり / 3004 view

術後はどうしたらいい?帝王切開の傷跡のケアや過ごし方について

自然分娩と帝王切開では、出産後の過ごし方も変わります。どれくらいで退院できるのか、赤ちゃんへの授乳はどうした…

ReilyLady / 4377 view

もうすぐ出産…これさえあれば大丈夫!入院に必要なものリスト

初めての出産を控え、入院準備はいざこれから!と考えている方、でも何をそろえたらいいの?とよくわからず不安なこ…

tokakko / 4564 view

HF-LIFE

ハッピーファミリーライフをキーワードに、家族が幸せに過ごせる情報を届けていきます。
よろしくお願いします(^-^)

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック