子宮体がんって、どんな病気なの?

子宮がんは、発生する部位によって2種類に分けることができ、子宮頸部にできたものを「子宮頸がん」、子宮体部にできたものを「子宮体がん」と呼んでいます。

さらに、子宮体がんには、子宮内膜に発生する「子宮内膜がん」と、子宮の筋肉に発生する「子宮肉腫」の2種類がありますが、95%以上は子宮内膜がんであり、子宮体がんというと、ほとんどの場合、子宮内膜がんを指します。

子宮体がんの傾向や特徴は?

子宮体がんは、ホルモンバランスが崩れる閉経前後の50代に多いのですが、最近では40代を中心に増加傾向にあるようです。

以前は、子宮がん全体のうち、子宮体がんが占める割合は3割程度で、大半は50歳以上の閉経後の女性でした。
しかし、子宮体がんの患者数は年々増加し、今では子宮がん全体の半数を占めるほどになりました。
40代を中心とした閉経前の発症が目立ち、50歳未満の割合が増加しています。

子宮体がんの原因は?

子宮体がんの発生には、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという、2つの女性ホルモンが関係しています。

エストロゲンは子宮内膜を増殖させるホルモンで、月経の終わり頃に分泌されます。
やがて排卵が起こると、今度は子宮内膜の増殖を抑えるプロゲステロンが分泌、増殖した子宮内膜は退縮し、妊娠しなかった場合は剥がれ落ちます。
これが月経です。

子宮体がんが発生する子宮内膜は、妊娠しなければ剥がれ落ちる組織なので、月経が規則的であれば、子宮内膜にがん化が起きかけても、月経とともに体外に排出されます。

しかし、排卵の異常などにより、2つのホルモンバランスが崩れると、プロゲステロンの分泌が減少し、エストロゲンの割合が増加、その結果、子宮内膜が異常に増殖します。
これが、まれに発がん性の細胞がある子宮内膜異型増殖症に進展すると、うち2割程度が子宮体がんに進行します。

子宮体がんを発症したら?

子宮体がんは、初期からほとんどの人に自覚症状があるのが特徴です。
約90%の人に見られるのが、月経時以外に出血する「不正出血」。
少量の出血が長く続く傾向が見られます。

その他にも、おりものの異常、下腹部痛、排尿痛、発熱や悪寒、性交時の痛みや出血などの症状を感じたら、なるべく早く婦人科を受診したほうがいいでしょう。

子宮体がんになりやすいのはこんな人!

①更年期に不正出血がある
②閉経前後である
③生理不順である
④妊娠・出産の経験が少ない
⑤肥満、糖尿病、高血圧のいずれかである
⑥乳がんなどの治療のためにホルモン薬を服用している

ひとつでも該当する項目があれば、生活習慣を見直したり、検診を定期的に受けるなどの対策が必要です。

子宮体がん検診とは?

子宮がん検査というと、子宮頸がんの検査を指すのが一般的です。
ただし、自治体によっては、子宮体がん検診を行っているところもあります。

子宮体がんになりやすい人の項目に該当する人は、年1回検査を受けるのが望ましいでしょう。

子宮体がん検診って、どんなことをするの?

検査は、ホルモンの影響が少ない生理直後がベスト。
検査前3日間は性交を控えます。

子宮内に細いチューブを挿入し、子宮内膜の細胞を採取、顕微鏡で観察します。
多少の痛みと、少量の出血がある場合があります。

検査で疑いがある場合、精密検査を行います。
精密検査は、子宮体部の内膜組織を採取する組織診によって診断します。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

妊婦さんのダイエットは大変危険!妊娠中の正しい体重管理法

妊娠中のママが最も気になる体重の増加。最近は妊娠中に過度なダイエットをする方も多いですが大変危険なことです。…

makowork / 1967 view

産後の便秘がツラい…。「痔」になっちゃう前に解消しよう!

妊娠中に便秘になってしまい、産後もなかなか解消しない。それどころか悪化して「痔」になってしまった。そんな方は…

ひらり / 2016 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 5968 view

妊娠初期の辛いつわりの症状を乗り切るためのポイントを紹介!

待望の赤ちゃんを授かることができた喜びもつかの間、吐き気や眠気などのつわりの症状で辛い妊娠生活を送っているマ…

kaeru_5 / 1654 view

帝王切開に保険は効く?かかる費用・もらえるお金のまとめ

お医者さんから帝王切開になると聞くと、赤ちゃんや自分の身体のことはもちろん、入院のことや費用の面など色々と不…

m.tnaka0221 / 2146 view

妊娠したい!でもどうしたら?正しい妊娠基礎体温の測り方

基礎体温は妊娠したいママにとって、バイオリズムを正確に知るための大切なデータ。より正確なデータを取るために、…

もものなほ子 / 3001 view

仕事をしていてもこわくない!?ひどいつわりの軽減方法7選

ひどいつわり。言い知れぬ形で誰かに助けを求めても、一向に解決せず…そんな時に試してみてください。私もひどいつ…

taiママ / 1981 view

産休はいつから取れる?産休制度はワーキングママの強い味方!

出産しても働きたい!という女性にとって産休制度はとても心強い味方です。安心して新しい家族を迎えられるよう、い…

hinamama / 2103 view

ベビー服だけじゃない!出産のお祝いで喜ばれたプレゼント5選

出産のお祝い、何を選ぼうか迷ってしまいますよね。ベビー服の他にはどのような物が喜ばれているのでしょうか?

サクマメグム / 1840 view

妊娠中のママが新米パパに使ってほしい♪子育て情報アプリ11選

妊娠中のママは不安なことばっかり。出産してからも不安なことばかり。そんな時に本当に頼りたいのはパパですよね。…

ヤギヤギコ / 2648 view

tikatika

二人姉妹の母です。
自分が経験したことを発信しつつ、みなさんからいろいろなことを吸収できれば、と思っています!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック