そもそも、出産祝いと内祝いってどう違うの?

おんなじものだと思っていませんか?まったく別ですよ!!私もわからなかったので、当初は???がいっぱいでした。簡単に言うと出産祝いは「赤ちゃんが生まれてきた相手に送るもの」、内祝いは「赤ちゃんが生まれた喜びを周りに分けるもの」です。
また、内祝いは、結婚や入学祝いなどの時にも使われます。

内祝いを渡す時期はいつごろ?

内祝いを贈る時期は、正式にはお宮参りを行う頃(生後1ヶ月頃)が目処になっています。ただ、最近では、頂いた出産祝いのお返しとして内祝いを送ることががほとんどです。目安として、産まれて1ヶ月頃までにお祝いを貰った方へは、1ヶ月頃にまとめて内祝いを送り、その後お祝いをもらった方にはその都度内祝いを送るというのがいいと思います。そのためいただいたお祝いについてリスト化して管理して、忘れずにお返ししましょう。

内祝いののしについて

内祝いにつける「のし」には、紅白の蝶結び(花結び)の、のしを使います。そして水引の上に「内祝」下に生まれた赤ちゃんの名前を書きます。名前の読みが難しい場合は、振り仮名をつけると覚えてもらいやすいですね。
わからないことがあれば内祝いに使うことを伝えると、お店の方が丁寧に教えてくれたり用意してくれたりしますので、一言、相談してみるのもおすすめです。

内祝いの相場

頂いたお祝いの、だいだい3分の1~2分の1ぐらいの金額の物を送るのが世間相場のようです。1万円のお祝いを貰った場合は、内祝いの金額は3,000円~5,000円となります。もちろん、あくまでも世間一般での相場ですので相手との間柄など色々考慮して決めていいですが、逆に同等,頂いたお祝い以上だと失礼に値しますので注意してください。また、お渡しする品に関しても、もし自分が頂いたら困るなと思うものは避けたほうが無難です。赤ちゃんの名前や顔写真は、カードなどにして一緒に添えるのがベストです。
ここまでを踏まえてお勧めの商品をご紹介いたします。

内祝いおすすめ

困ったときのカタログギフト

困ったときのカタログギフト

価格も様々。今は結構こちらを利用する方が多い傾向にあります。カタログギフトに、赤ちゃんの内祝いの感謝のメッセージと写真を一緒に送りましょう。

サンクゼールのセット

サンクゼールのセット

おしゃれだしなかなかこういったソース類試したくても自分で買ったりしないものです。こういった場面で送ってもらうと、使ってみようかしらと思っていただけます。お料理をする2~3名のご家庭向けです。

銀座千疋屋

銀座千疋屋

こちらはおしゃれな果物をシロップにつけて、瓶詰めしてあります。日本の有名店ですので、安心安全。喜ばれることは間違いありません。

サロンドロワイアル クイーンズギフト

サロンドロワイアル クイーンズギフト

甘党さんに絶対おすすめです6種のチョコが楽しめます。
見た目もとってもおしゃれで価格も様々あるのでぜひ選んでみてください。

HACCI 1912  テーブルハニー

HACCI 1912  テーブルハニー

色んな原産国のはちみつを取り扱っています。見た目のおしゃれさ、桐の箱に入っているのですごく趣があり、しっかり内祝いを送りたいならおすすめです。

マリアージュ フレール

マリアージュ フレール

紅茶好きなら絶対マリアージュ フレール。一度この紅茶の香りに惹かれたら本当にとりこになります。ぜひおすすめ。紅茶なんて知ってるの?と一目置かれちゃいます。

THE LAUNDRESS デニムウォッシュ

THE LAUNDRESS デニムウォッシュ

おしゃれな方へのお返しに。ドライクリーニングをご自宅で…
ニューヨーク生まれのブランドです。ご自分でおしゃれに気を使っている方にとってもおすすめです。

最後に

いかがでしたか?内祝いも様々です。どんな方へどれくらいかの予算かによっても変わります。選ぶのも楽しめるように準備をしっかりしておきましょうね。



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

お祝いのプレゼントにおすすめ!ボーネルンドのおもちゃ5選

べビちゃん誕生のお祝い。何にしようか本当に悩みますよね。お洋服?食器?おもちゃ?そこでこれをプレゼントすれば…

ほのりかこう / 4661 view

妊娠初期のつらいつわり...こんな食べ物で乗り切ろう7選

妊娠初期は、赤ちゃんが授かった喜びと同時に、体の不調が次々に出てくる時期でもあります。その中でも食べると吐い…

manahaha / 4523 view

戌の日のお参りはどこへ?安産祈願で有名な寺社5選

日本の昔からの習わしで赤ちゃんが無事に生まれますようにと祈願する日を「戌の日」とし、多くの妊婦さんが寺社を訪…

ほのりかこう / 3411 view

あなたは大丈夫?知っておきたい妊娠高血圧症候群症状と予防法

高齢出産率が高くなる昨今、妊娠高血圧症候群になる妊婦さんが増えています。どういう病気なのか、誰もがなる可能性…

rinsei42 / 2594 view

知っておきたい子宮頸がん・子宮体がん検診の必要性。

女性なら誰しも「子宮がん」という病名を聞いたことがあると思います。定期的に検査をしたほうがいいような気がする…

nakou / 2580 view

妊娠したい!でもどうしたら?正しい妊娠基礎体温の測り方

基礎体温は妊娠したいママにとって、バイオリズムを正確に知るための大切なデータ。より正確なデータを取るために、…

もものなほ子 / 3272 view

【両親学級】どんな事するの!?パパママ一緒にお出かけしよう!

両親学級ってご存知ですか?妊婦さんとそのパートナー向けのお勉強会です。保健所や産婦人科が主催していて、ほとん…

ひらり / 2171 view

使わないこともある?よく考えて買いたい出産準備グッズ

赤ちゃんを迎えるための出産準備。張り切って買いそろえたけど、実際あまり使わなかった、他のもので代用できたとい…

snowfairy / 1667 view

断乳への第一歩!夜間の断乳をうまく乗り切れる方法5選

断乳を決めたら、第一歩として夜間断乳を!できるだけスムーズに、うまく乗り切ることができる方法をいくつかご紹介…

yoc97★ / 2199 view

リスクを知って備えよう!35歳以上の「高齢出産」で気を付けたい事まとめ

35歳以上で初産を迎える方の出産を高齢出産と呼びます。女性の社会進出が当たり前になり、 結婚の時期が遅くなっ…

さくらしまこ / 6196 view

taiママ

28歳1児の母です。初めてがいっぱいの新米ママです。以前は保育士の仕事をしていました。そういったノウハウも何かいかせたらいいのですが…私から何か発信できるように、育児の合間にお勉強したいと思います。よろしくお願いいたします.

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック