■みんな悩むお年玉

お年玉はもらう側のときは嬉しくも楽しみなものでしたが
いざあげる側になると、何歳の子にいくらあげればいいのか悩むものです。

自分がもらっていた頃と相場も変わっているかもしれないし…と
困ったときには相場を調べてみましょう。

■お年玉の起源

「お年玉」の語源は、古来の風習であった年神様に奉納された鏡餅を参拝者に分け与えた神事からきているといわれています。鏡餅は元々鏡を形どったものであり、魂を映すものと言われていたことから「魂=玉」とも言われていたようで、年神様の玉ということから「年玉」、神様のお下がり物だから「御」をつけて「御年玉」と称され、これをいただいた参拝者でもある家主が家族や使用人に砕いて半紙に包み分け与えたのが「お年玉」の起源ともいわれています。

大人なら知っておきたいお年玉の起源。

でも、お正月からうんちく語っていたら
子どもにとっては起源なんでどうでもいいから、
早くたくさん頂戴と言われてしまいそうです。

■あげる年齢

お年玉をあげる対象の年齢には、きまりや制限はありません。誰にあげるかはあげる側の気持ちによっても異なりますが、お金の価値を知らない幼児や大学生にまであげる必要があるかどうかについては、あげる対象の子供の年齢ではなく、その子の父母や祖父母などの家族との「お付き合い関係の度合」によって判断するのが一般的な考えのようです。また、子供が年老いた父母に「お年玉をあげる」という習慣も各地にあるようです。

家によって、高校生まで、いや大学生のうちは、社会人になっても20歳未満なら…
とさまざな説があります。

家庭や地域の風習に合わせるのがベストです。
わからないときには親御さんに聞いてみるのがオススメです。

■赤ちゃん〜乳幼児期(0〜2歳)

赤ちゃんにあげる場合は、
出産祝いを渡しているかいないかも基準になる場合があります。

出産祝いを渡しているなら、
お金をあげずに1,000円以内のおもちゃや絵本などにして
渡していないときには
お年玉としていくらか渡すケースもあるようです。

この頃はまだ、お年玉の意味もわからないので
おもちゃなどの物をあげることも多いのですが
兄姉がいると2歳くらいになれば「自分も!」と主張し始めるので
500円くらいを兄姉と同じポチ袋に入れてあげると満足してもらえます。

幼稚園以下のお年玉は、500円~2,000円未満がほぼ半数。「あげない」という回答も約18%と高め。お金の価値がまだわからないので、現金ではなくお菓子やおもちゃなどをプレゼントするという人も多いようです。
●1~3歳の場合
1位 あげない 50.0%
2位 1000円程度 25.0%
3位 500円程度 13.0%
4位 3000円程度 9.0%
5位 5000円程度 2.0%
6位 1万円程度 1.0%
7位 3万円以上 0.0%

■幼稚園・保育園期(3〜6歳)



関連するキーワード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をtwitterで受け取る

更新情報をpush通知で受け取る

関連するまとめ

《出産祝いに♪》もらって嬉しいおしゃれでナチュラルなおもちゃ5選

お子さんが触れるおもちゃは、口に入れても大丈夫な、やさしい素材を選びたいですよね。見た目のかわいさは勿論、お…

teas / 2760 view

【プラレール】鉄道好き男の子集まれ♪新幹線やトーマスも走る!

電車を見るだけで盛り上がる子ども達。クリスマスやバースデープレゼントにピッタリ!関連イベントも開催されたりお…

ひらり / 1704 view

レゴから作る?アニメから見る?人気のレゴニンジャゴーを紹介!

さまざまなレゴの中でも人気の「ニンジャゴー」シリーズ。名前の通り、忍者をモチーフにしており、それを元にしたア…

tikatika / 7640 view

こどもと一緒に楽しもう!タブレット型お絵かき玩具5選

こどもはお絵描き大好き。ですがいつでもペンやクレヨンでお絵かきするのは難しいもの。そこで、どこでも遊べるタブ…

pippo / 2457 view

心と体を豊かに!ボーネルンドあそびのせかいってどんなところ?

「あそびから未来をかえる」というコンセプトのもと、子供の心と頭を豊かに育むおもちゃを多く販売しているボーネル…

tikatika / 1726 view

子供と一緒に楽しめる!大人もグッとくる絵本5選

心が温まったり涙がでたり考えさせられたり、絵本の世界はとても深いです。 子供に読みきかせながら大人の心も掴む…

reichel / 3539 view

【あのコストコを使い倒せ!】コストコ歴6年の主婦が厳選した買うべきものベスト10!

大人気の大型会員制倉庫店であるコストコ。会員の方はもちろん、非会員でも入るチャンスは意外と多いもの。なかなか…

nana2boys / 8380 view

【今年は何あげよう?】選ぶのも楽しい赤ちゃんのクリスマスプレゼント5つのアイディア

自分で「これがいい!」と言い始めるまでの子どもへのプレゼント選び。選ぶのも大変ですが、親が好きなものを買って…

nana2boys / 2750 view

【リカちゃん】がオシャレになってる!?人形だけじゃない魅力!

子どもの頃に「リカちゃん」で遊んだママも多いですよね。懐かしいけど「もう古い」イメージがありますか?ところが…

ひらり / 3134 view

どう乗り切る?梅雨の憂鬱な期間、子供と楽しむ自宅での過ごし方

梅雨時期って、雨ばかりで外で遊べない子どもたちにとっても、憂鬱な時期ですよね。そんな時に自宅でも楽しく過ごす…

ReilyLady / 1659 view

nana2boys

プロフィールの閲覧ありがとうございます!
2011・2013年生まれの2男児の育児に
日々追われるママです。
大学で乳幼児発達を専攻していたので
幼稚園教諭と保育士免許を持っています。
卒業後は幼稚園や保育園と企業のいいものをつなげる
お手伝いのようなお仕事をしていました。
子どもと楽しく、ママやパパがストレスを溜めずに
過ごせるような情報をまとめていきたいと思います♪
育児は十人十色、色々な方法や技を試して
それぞれのご家庭の「我が家の法則」を作っていく
サポートになれば嬉しいです!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

Facebookページ

フォローして新情報をチェック

twitterをフォロー

フォローして新情報をチェック